en

ナポレオン・ダイナマイト/バス男のenのレビュー・感想・評価

3.8
変わり者扱いされるナポレオンが、より変人扱いされる家族や生徒会長を目指す友人との合流を描く話

冒頭の小学生に囲まれながら、バスの窓から糸で吊るした人形を引きずる奇行を見て、友達になりたくないタイプだなと。ナポレオンの人には理解され難い一面だけ見ると、そう思ってしまうし、からかいたくなる気持ちは分からなくもない。近所で噂になるほど、恥ずかしくなる商売を始めた家族への不平不満を垂れてばかりだし、ナポレオン自身はヘタレだしな...
ネガティブな面ばかりを見てしまいがちだけど、実は友達思いで熱いところに胸を動かされる。そんなナポレオンを中心とした不器用な友達との青春は、恥ずかしさを纏いながらも共感してしまう痛々しさを含めて愛おしいな