Tig

マルコムXのTigのレビュー・感想・評価

マルコムX(1992年製作の映画)
4.3
観る前は長らくパッケージのメガネをかけた知的なデンゼル・ワシントンの姿から生涯真面目一徹の人だったんだろうなあと思っていました、マルコムX。

でも実際に映画を観ると、こんなサグな若者時代を過ごしていたのか…とビックリ。

彼が公民権運動の指導者になる過程には服役中に傾倒していったNOIの影響があった事、その後袂を分かつ事で危険に晒されるようになる事等、彼自身の名前と表層的なパブリックイメージだけが自分の中で独り歩きしていたので、本来の彼について知る上で大変勉強になりました。本当は書籍のバイオグラフィーを並行して読むべきなんでしょうが、この映画を観るだけでも当時の白人と黒人、NOIとマルコムXのピリピリした緊張感が映像を通してこれでもかと伝わってきます。
長いですが非常に見応えのある作品。