マルコムXの作品情報・感想・評価

「マルコムX」に投稿された感想・評価

ぷ

ぷの感想・評価

-
白人から"ニガー"と一括りに差別される。では黒人を束ねて差別に立ち向かおうではないか、、ところが上手くいかない。
一括りにされる彼らを束ねることは難しいのだ☹️

ハト🕊がタカ🦅に殺された。


イスラム教の描き方、コーランの扱い方が特に良かったと思います。

イスラム教の核となる部分の一つは「平等」なんですよね。マルコムもここに惹かれる訳です。

問題になってくるのが信徒自身ですよね。
どれだけ良い教典があろうとも、結局は扱う人次第なのだと。
ベルラ

ベルラの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

伝記を一冊読んだような、マルコムXについて詳しく知ることが出来てとても勉強になりました。
結局人種問題でなく、昔の組織との意見の相違で殺されてるところが悲しい。
20210111★★★★★
2度目の鑑賞です。デンゼル・ワシントンが大好きで片っ端から観てた事があります。(笑)
左衛門

左衛門の感想・評価

3.0
実話系のエース👓🔫
しょうもない泥棒で捕まるところから始まるマルコムXの自伝的作品。
冒頭のマルコムXが街に文字通り躍り出るシーンは、古き良きアメリカ感があってとてもよかった🇺🇸🍟🍕🍔🌭
出所した彼が出身大学を聞かれたときに、刑務所の図書館だと答えるのは有名な逸話🐒
伝記、実話系が好きな人にはお勧め👍
マルコムXのXがかっこいいので3点😏
遊

遊の感想・評価

-
3時間以上あるのに話がダイジェスト気味に思えた 一人の人生を最初から最後までだから仕方ないけど

デンゼル・ワシントンの憑依感には、ミッドナイトスワンの草彅剛に通ずるものを感じた
あれだけ自分の言葉に力がつくと、むしろ恐怖心が湧いてきそうだ
実はスパイク・リー初見です。
長かったけれど、これぞ映画!というシーンがたっぷり見られて良かったです。
デンゼル・ワシントンは名演というよりもはや憑依に近いものを感じた。
文化の違いもありなかなか感情移入しづらいけれども、映画としての魅力だけでも十分見る価値はある作品だなぁと思いました。
サーモントメガネ、イイね
Kayah

Kayahの感想・評価

5.0
最後のナレーション、胸熱。マルコムの内面の変遷が見られたような気がする。
leyla

leylaの感想・評価

3.8
過去鑑賞記録

当時この映画を観るまでマルコムXという人を知らなかった。キング牧師やマンデラとは違う過激なアプローチをした黒人解放運動家の半生を描いた作品。スパイク・リーが映画化を切望し、真正面から黒人差別に向かい合っている。黒人であるスパイク・リーが製作したことの意義は大きいと思う。

マルコムの両親は黒人であるが故に悲惨な死を遂げている。差別の根深さは日本人には分かりえないだろう。過酷な少年時代をおくるも、刑務所の中で知識を身につけ、やがてイスラムの教団に入信。黒人解放運動家となり39歳という若さで暗殺されるまで。

マルコム役はデンゼル・ワシントン以外は考えられない。ほぼマルコムです。

黒人差別問題を知るにもいい映画だし、何よりマルコムという人物を知ることができたことに価値があった。
RyuuumoooN

RyuuumoooNの感想・評価

5.0
言葉は身から作られて出てくるようなイメージでいたけど、身体と別の場所にあってそれを道具のように選んで取って使うものなんだなって思った。生身の身体では動かせないものも強い道具を使って動かすことができる。本人ではないけど作中のマルコムXの力強さは半端なかった、、前にアウシュヴィッツ収容所に行ってその猟奇的な佇まいに美しさを感じてしまったという話を聞いたことがあるが、作中のKKKに美しさを感じてしまった
>|