マルコムXの作品情報・感想・評価

「マルコムX」に投稿された感想・評価

ノブ

ノブの感想・評価

4.2
どの人種が最初に誕生したのかによる思想、指導者の保身と傲り、欲深く醜い。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.5
‪「マルコムX」‬
‪本作は冒頭から星条旗がXの形に燃える挑発的な演出には恐れいった。S.リー映画史上最大の大作にして201分の尺の長さを持つ本作は人間として尊重、権利を要求する為に手段を問わず13発の銃弾に倒れた彼の物語。Xの自伝等数冊読んだが結構忠実に再現してる…が白人側に配慮もしてるが傑作に違いない。‬
マルコムXの思想の変化が丁寧に描かれ、よく理解できた。しかし、いまでも根深く残る人種差別問題はどうにもならないんですかね…。マルコムXも、元同胞に殺害されてるし。とはいえ、こういった作品によって世の中が少しずつでも良い方向に向かってくれたらいいな。
鳥

鳥の感想・評価

2.4
過激な黒人民権運動家マルコムXの生涯。すごく個性的な撮り方だ。
アメリカに住む黒人の独特なアクセントを映画にしたようだった。スパイクリーはマルコムXで自分たちの話を描こうとしている心意気。
ちちち

ちちちの感想・評価

3.7
私の短所。黒人のキャスト、メイン以外区別ができない問題を抱えて3時間超えのこの作品を最後まできちんと見る事が出来るのか…?
調べないとわからない事もあって前半はマルコムがマルコムXとして活動するまでの鬱蒼とした日々を綴ったものなので長く感じる。だけども後半は一気に進んで完賞。
観終わって思う。長く感じた前半もマルコムの歴史そのものだったんだなって。
やるせなくてキツイ…でも、少なくともこの人の存在があって今があるのは確かな事。マルコムが教えてくれた事は色々たくさん学んで考えて行動する事の大切さだな…(色々な偉大な人に共通する事だけど)
デンゼルワシントンはそっくりだった…
kedi

kediの感想・評価

4.0
マルコムX。彼の名は中学か高校の教科書で知った。ほとんどの人もそうだと思う。でも具体的に彼がどんな人物だったのか答えられる人は稀だろうし、一般的なイメージでいえばキング牧師とは反対に過激派というイメージだろう。私もそうだった。

この映画はタイトル通り、マルコムXの伝記的映画だ。彼の生涯が描かれている。
3時間超の大作で、序盤は冗長だと感じるかもしれないが、中盤〜後半は目が離せない。この映画を観たら、マルコムXへの印象は大きく変わるだろう。確かに過激な発言もあったが、私には根本的には大きく偏った思想ではないように感じた。その辺は観る者の感じ方だけど。
それにしてもデンゼルワシントンの名演技たるや。それだけでも観る価値は十分だ。
A Change Is Gonna Come
Sam Cooke
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.9
過激なイメージを持っていたけど、マルコムXがどんな人でどんなことをしていたのかなんて自分は全然知らなかったんだなぁと思わされた作品。彼の精神面での変化や学びの過程が描かれているのが興味深かった。デンゼル・ワシントンが素晴らしい。観てよかった。
観たのは何年も前ですが記録。
とてつもなく長いので 途中眠気に襲われますが、後半にうわあああってなるのでウトウトした自分を叱り飛ばしたくなる作品。
マルコムXは過激な人ってぼんやり思ってたけど、観終わるとイメージ変わるね。そして教会へ向かうシーンは 壮大ですごくすごく良いのです。そう サムクック のA Change Is Gonna Come が一曲まるまるノーカットで流れるのだから、サム好きデンゼル好きの私にはたまらない。とても良い映画です!
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.3
勉強になる映画。
これはマルコムXのbiographyなので、内容は少し難しい。
1950年代から60年代にかけて市民活動を行った様子を描いている。
ドラッグや刑務所、暴力的なシーンなどがあって、重い雰囲気。
自分を助けた組織に結局は殺されてしまうことになる。
刑務所ではイスラム教の勉強をしている様子が描かれている。
最終的に、同じ黒人によって暗殺されてしまうというところが悲しいな、と思う。
それに散弾銃によって殺されてるからもう即死だし、殺意を感じる。

同じような人物にキング牧師がいるけどまた違ってて、勉強になった。
>|