まりまり

NINJAのまりまりのレビュー・感想・評価

NINJA(2009年製作の映画)
3.1
ニンジャ・アベンジャーズの方を先に見てしまいました。一作目があったのですね〜
予備知識なしの一作目。
二作目はケインさんのせいで?ジャッキーの幻を見ながらの鑑賞でしたが、こちらは十分楽しめました。

格闘技はカッコよければ流派は問わない(というか分からない)ので、忍者がNINJAでも全然平気なのです。鎧櫃の中身が変でもOKです。スコットさんのアクション良かったですよ。(とりあえず主人公なので^_^;)

そんな事より伊原剛志さんです。
?えー⁉︎
日本映画では、地味な役の人かと思っていましたが(あまり意識して見た事がなかったのでm(__)m)、この役は凄く良いです‼︎

横恋慕、嫉妬、屈辱から悪に染まる、って
最高の“かまってちゃん”の登場です。マサヅカいいです!欲を言えば、さらに悪くあれ‼︎
憎しみに燃える黒い炎をまとったような姿が最高です。
彼の道を遮る者は、恋人と鎧櫃を守るスコットさんのみ。そして悪(なのか?)は滅びるものですが、日本人らしくて哀しい最期でした。

復活してマサヅカ主人公の作品出来ないかな?彼のワルっぷりを延々と見ていたいような気にさせられます。
この作品一つで伊原剛志好きになりました(^o^)

※続いてマイティー・ソーを見た私ってどこまで単細胞?
結局ロキ様が世界の中心なのです(^◇^;)