Keisuke

ムーンライズ・キングダムのKeisukeのレビュー・感想・評価

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)
3.3
シュールレアリズムと、ブルースウィルスが(ある意味)強烈でした。

とくにピアスのシーンはやばいかった、一瞬眠気が飛んだ。わら
大人が子供を守る理由もそれっぽくて良かった。わら

他にも「孤児になりたかった」という会話の前後あたりもそれっぽくて一考の余地はありそうだったけど、話のトーンがあんなんだから、考えるのがどこか恥ずかしいよね〜