ムーンライズ・キングダムの作品情報・感想・評価・動画配信

ムーンライズ・キングダム2012年製作の映画)

Moonrise Kingdom

上映日:2013年02月08日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

「ムーンライズ・キングダム」に投稿された感想・評価

NiKKi

NiKKiの感想・評価

3.9
ウェスアンダーソン4作目
観ているだけで子供の頃にしていた秘密基地遊びの気分になれる
aki

akiの感想・評価

3.7
かわいい、
この変なテンポにヘンテコでかわいいカップルが似合ってた。
Ryoma

Ryomaの感想・評価

3.9
少年と少女の恋愛物語が見ててとにかく微笑ましかった。観る前はずっとポップに進んでいくんだなというイメージを抱いていたけど、少年少女の幼いながらの悩みや決意をひしひしと感じたり、彼らの真の強さや愛の深さを純粋に感じたりして心に沁みる場面も多々あり、そのギャップがとてもよかった。


フレンチディスパッチ…』のキャスト陣にも再会できてなんか嬉しかった。ブルースウィルスはアクション系のハードボイルド映画に出ている印象だったけど、こういうポップな世界観の優しい男性👨‍🍼もとても合っていてよかった。

オープニングからエンディング(エンドロール)まで音楽🎶🎷🎼🪕にもとても凝っていてセンスの良さを感じたし、演出の仕方がオシャレだなあと思った。
T

Tの感想・評価

3.5
いままであまり観たことない雰囲気の映画でした。
ノスタルジックでポップで可愛らしいけど重め。
mariis

mariisの感想・評価

4.5
エンドロールの文字たちが音楽を奏でるウェスアンダーソンの世界。
つみれ

つみれの感想・評価

3.0
嫌いじゃないんだけど、と思ったがウェス・アンダーソンの映画に対して大体この感想だわ
まだ2本目だけど、ウェスアンダーソン監督の作品好きだなーーと思った!


カメラワークや画面の使い方がオシャレで好き。全体としての色彩の雰囲気や各所での原色の使い方もとても綺麗で好き。

このフィルターがかかった独特の空気感と、こちらに話しかけてくる登場人物は、この監督ならではの味なのかなと無知ながら想像した。

何気にキャストが豪華で見応えもありつつ、子供たちのキャラも立っているので見劣りしないこのバランスが良いなとも思った。

周りの大人子ども、すべてが敵、すべてが味方というわけでもない点に、妙に現実味を感じた。
サムもスージーも、表情の変化が少ない気がして、だからこそ笑ったときにとても嬉しくなった。
ときどき出るコミカルな演出によって深刻になりすぎないのも良かった。
中でも、ラストの教会のシーンでのカオスっぷりがとても面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

最高!!久々にぶっ飛んだ素敵な作品を見る事ができた。

映画のテンポも色使いも、
いちいちウィットに富んだ子供達の会話劇も、完全にツボ。
やっぱり映画はこうじゃなくちゃ、と思わせてくれる作品。

最初から最後まで、理に合わない無茶苦茶すぎる設定は百も承知。ついてけないなら置いてくよ、と言わんばかりのスピード感は、観ながらに夢の中にいるようだった。
凝りに凝った細かいディテール(劇中まだ沢山あると思う、そういうゲームも含めてまた見返したい)が、本作品を支えている。
 
秘密の駆け落ちをする2人を通して、奥深いテーマも実は隠されていて、全員が集結に向かう最後まで複雑に絡み合い途切れることがない。

そして、卓越したカメラワークと絵作りは勿論、本作を支える1番の魅力は、やっぱりユーモア。とにかく笑える。

逃避行の際のスージーの服装や手荷物、結婚宣誓の際のチューイングガムとか、突っ込み所満載なのを本気で演出してくるウェス・アンダーソンに感嘆してしまう。
主演2人のずーっとテンションを変えない表情も終始何かを訴えくるようで、じわじわきた。

基本、大人達も全員狂ってるんだけど、ボーイスカウト一団との駆け巡るような後半も含めて、小休止入れることなく結末へ向かう。こんなストーリーと構成を考えつく監督の脳みその中を一度見てみたい。
創造性の固まりっすね、きっと。

スージーの魔法を守り抜くサム、格好よかったな〜
双眼鏡の意味付けと使い方が、こんなに巧みな映画はない。
EE

EEの感想・評価

4.5
変わり者同士の逃避行ってだけでも楽しいのに、追手の大人との関係もすごい良かった〜
愛おしくてたまらん、
終始画の面白さに魅入っちゃってたから、次はストーリーもちゃんと見なくては
>|

あなたにおすすめの記事