kanappe

箱入り息子の恋のkanappeのレビュー・感想・評価

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)
4.2
【もしかしてお前、ホモなのか!?】
主人公の天雫健太郎はまさに蛙。
井の中の蛙。
彼女いない歴=年齢
会社と実家の往復。
じめじめと閉ざされた環境に安住する蛙。
そんな彼の世界が目の見えない奈穂子と交流していく事で変わっていく!

もう、恋がぴゅあっぴゅあなんですよ!特にキスしようとしてメガネが当たってアッとなるシーンとかもう初々しすぎて素敵なんです。健太郎が目の見えない奈穂子を支えるというシーンだけで涙が…牛丼食べているだけで感動できる映画がここにあります。
そんな2人の前に立ちはだかるのが奈穂子のお父さん。障害のある娘をこんな根暗にあずけられるのか心配で堪らない。そんな過保護な姿勢が娘を不幸にする…。心配しているのはわかるけれどいつまでも子離れできない。
それでも大海を目にした健太郎は傷だらけでも奈穂子に向かっていくところにまたまたジーンとなります。
個人的にはビッチ扱いされている同僚の女の子がすごく良かった。周りからどう見られても好きなものにぶつかっていく姿、とても素敵でした。

後半少し失速してしまったものの、とても素敵な映画でした。
でもどう考えてもブスだけど星野源はかっこいい。夏帆とイチャイチャするなんて羨ましいぞ!!