エリ

共喰いのエリのレビュー・感想・評価

共喰い(2013年製作の映画)
3.3
性暴力をふるう父親を嫌悪し、自分も同じ血が流れていることに苦悩する息子の物語。田舎のどうしようもない閉塞感や、ジメジメとした雰囲気を独特の"音"で表現している。不穏な空気が常に流れている映画です。菅田くんのギラギラした目が狂気を感じて怖い。血筋が~という話が劇中よく出てきますが、こういうことに血は関係なくて、育った環境だと思う。
光石研さんはいい人も悪い人もびっくりするぐらい自然に演じられて、演技の広さに驚く。ヒミズの父親役も酷かったけど、こちらもそれに匹敵するぐらい酷い父親の役。全裸シーンがあったのは衝撃でした(もちろんボカシ入ってる)
心がザワザワして、いろんなことを考えさせられました。