ゆきひろ

ザ・マニアックのゆきひろのレビュー・感想・評価

ザ・マニアック(2011年製作の映画)
1.2
やみくもに録画されている中からタイトルでチョイス…

【ザ・マニアック】男心を擽るラストに相応しいタイトルだったはず…
流石にどっと疲れました…こんな作品だったとは(-_-;)

後の祭りですが観る前に諸先輩方の貴重な経験レビューを拝見しておくべきでした(/ー ̄;)
昨日は大雪の為仕事をキャンセルした以上録りだまっている作品を最低4 作品は減らそうと決意…
不覚にも本作のエンドロールのキャスト紹介でそのまま爆睡、久しぶりですソファーで寝たのは…

完全に日をまたいでいますがとにかくレビューを…

主要キャストは男3人と女2人の計5人。
この惨劇の舞台は日本風に言えば村はずれのただの里山。それと作業小屋程度の大きさの山小屋です。
決してクライモリではありません!
予算のなさ、作品のチープさが伺い知れます。

二組カップルが里山で野外プレイ。
これがエロの欠片もない(´Д`|||)
履いたままかよ!
降ろしてケツくらい出せや!
ブーイングしか出ないレイプでもなさそうな、そんなシーンです。

プレイ中、勢いあまって女の首が「ゴキッ!」そのまま帰らぬ人へ…
さぁ大変だ~!
男達は証拠隠滅を企て、もう一人の女も殺そうなどと話し合い。
それを聞いていた女は当然一目散に逃げます。
逃げついた先は小汚ない山小屋。
そこには一人で暮らすオヤジが、彼女はこのオヤジに助けられます。
はい、ここでヒロイン及びヒーローの主人公が決定!

この二人は美男美女からほど遠いなんの魅力も感じられない方々です。
悲しいかな、この作品の行く末が伺い知れます( ノД`)…

ヒロイン(念を押します。決してそんな顔と年齢ではありません)を追いかける男の一人は未来の保安官、街の権力者のようです。

ヒロイン&ヒーローの逃亡劇がスタート。

唯一の見所は逃亡したにもかかわらず山小屋に戻っておっ始めるLove シーン。
これはまるで素人投稿動画、ジャンルは人妻・熟女にしか見えません。
マニアックというタイトルはここからきたのかもしれません…

この逃亡劇とは別に、街の周辺では5 人の女性の行方不明事件が…

驚愕のラストへと…!!!!!


そんなこと解ってました…Σ(T▽T;)