sとk

武士の献立のsとkのレビュー・感想・評価

武士の献立(2013年製作の映画)
3.3
主人公のはるがとても強く素敵な女性でした。包丁侍として地位がある家の次男坊に嫁ぎ、料理指南して育てていく過程を描いたほっこり物語かと思ったら、意外とシリアスストーリーでした。はるのひたむきさに泣ける要素もあったけれど、次男坊の包丁侍より武士への未練を解消し、心変わりしていく描写が少なく、最後の見せ場のはずのところも盛り上がり足りなかったかなと思うので消化不良もあり。ただ料理は本当に美味しそうでした。