ああああ

パトリオット・デイのああああのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
3.3
強い思いをもって何事かを成し遂げるというのは素晴らしいし、また何事かを成し遂げるためには強い思いがないとだめだという事も学べる。人がたくさんいるこの世の中で、人のためにということを強く思って生きたことがあるだろうか。もし、数人ないしはひとりで生きているのなら別だけど、たくさん周りに人がいるのだから、人の事をしっかり考えて想って生活するという事も必要であり、なにより自分にすごく欠けている部分だと思った。この映画が実話に基づくのならなおさら。そういう思考になるという事が大人になるという事の一つなのかもしれない。
作品自体はそこそこおもしろい。組織が柔軟に動くというのはなかなか難しいものなのね。1つを動かせば無数のものがわずかに動き、全体の動きに代わっていくという事は往々にしてあるし、それを理解し、バランスを取りながら動いていくというやり方も大人のやり方の一つなのかもしれない。