たの

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常のたののレビュー・感想・評価

4.2
原作三浦しをん、監督矢口史靖で面白くない訳がない。
パンフレットの女の子がかわいかったからってだけで1年間の林業研修に臨む勇気くん。
若者らしさ全開のグダグダ感を引っさげたまま、逃げ出すタイミングもなくカルチャーショックを味わい続ける姿も、仕事や村に愛着心が湧いていく姿も趣深い。
「さようならー!」、「バイバーイ!」を、相手が見えなくなるまで言い合うところがめちゃくちゃ矢口作品らしくて好きです。