WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常の作品情報・感想・評価・動画配信

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常2014年製作の映画)

上映日:2014年05月10日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常」に投稿された感想・評価

はなち

はなちの感想・評価

3.8
笑いあり、感動ありの気楽に見れるほのぼの邦画という感じ

危ない作業が多いので安全対策、機械化が進んで欲しい
なんだか矢口コメディをみたくなり。「ハッピーフライト」同様、語らずに語る演出が光りまくる。
自然にあふれた舞台に、新鮮な空気がこちらまで届いてるかのような、豊かな感性に刺激を与えてくれ、「なあなあ」な心地よい日常描写にまた心地よい空気を吸い込んでいる気持ちになる。
本当に歴史を知った巨木を実際に伐採するという、自然に対する畏怖というか、なんか「ありがとう」と手を合わせたくなるシャンとした気持ち。
クライマックスにあたる、性と生を意識せざるを得ない祭りの圧倒的な熱量に感動が湧き起こる。染谷人形なのか?ぐにゃぐにゃとした死ぬだろう動きの後、「助かった〜」的セリフはつっこむしかないが、この変なユーモア含め大いなる生という巨大な何かに感動を覚える。そして、伊藤英明はじめキャストがハマりにハマっていて、終始気持ちよく鑑賞できる作品。
usagi

usagiの感想・評価

4.0
2回目。なぜか記録していなかったので。やりがいのある仕事っていいなあ。ギャグ線が高いコメディ調で面白い!ストレスが全くなくてハッピーなので大好きです
公開当時評判になってたのを気になっててようやく観れた。林業の仕事の仕組みを学びつつもコメディ映画としてもめちゃ楽しい。伊藤英明の役回りも良い。
はっち

はっちの感想・評価

3.5
テンポがよくさらっと見ることが出来た。
外出があまり出来ない現在、自然豊かな緑の中で食べるおにぎりが非常に魅力的でした。
ばた

ばたの感想・評価

3.9
田舎の感じと人の温かさと仕事のかっこよさと、、
すごく丁寧で映像もかっこいい。いい映画でした。
一点だけ、個人的には名前がややこしかった なきとかよきとかゆうきとか
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
コンフィデンスマンをみて長澤まさみ熱のまま鑑賞(笑)いろんなバランスがとれた映画!自分の仕事が、自分が死んだ100年後に評価されるってすごい仕事だなって。村特有のあの雰囲気めちゃめちゃわかる。
羊

羊の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

林業の世界を知ることができる素晴らしい映画。やはり、知らない仕事や人生、感情について知れる映画は良い。主人公勇気が、仕事を通して人間的に成長していく姿が描かれる。それだけではありふれたストーリーで新鮮味はないだろう。しかしこの映画は、そのようなストーリーであるにも関わらず素晴らしい作品に仕上がっている。それは林業について、また日本の宗教観について、丁寧に、そして豪快に描いているからであろう。押し付けがましくなく、リアルで、かつポップに描いている。スローライフ見学として来た人たちに対し、勇気が「帰れ」と言ったシーンは特に良かった。100年前の先祖が、100年後の人たちへ想いを託す。そのような林業のスケールの大きさを知れて良かった。

笑えるところもあり、テンポも良く、見た後は大きな幸福感に包まれる良い映画でした。
都市部で生活している人が見ると良い刺激があるのでは

長澤まさみさんを眺めながら、輪業を学べる一石二鳥の映画である
ゆるい笑いと情熱のバランスが絶妙の良作。

林業の何がすごいって、自分の仕事の成果を自分では確認出来ないってところ。
100年前に先代が植えた木を売って生計を立てる。自分が植え、育てた木の価値は100年後に評価される。
技術進歩が加速し続けている現代では、伝統というものに対してないがしろな考えを持ってしまいがちではあるけれども、生きることと伝統を受け継いでいくことが根強く繋がっていることに気付けたことが、本作を鑑賞した一番の収穫だった。
>|