二兵

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の二兵のネタバレレビュー・内容・結末

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ついに来たエピソード7!

冒頭、20世紀FOXのファンファーレが無くなってしまったのは寂しいが、シンデレラ城からの始まりではなかったので、その点は良かったw

全体的にEP4を意識した作りになっており、オマージュも多い。特に導入部と終盤は、それを強く感じた。

過去と比較すると、それぞれのポジションというかキャラ設定は、

・レイ=ルーク&レイア

・ポー=ルーク

・BB-8=R2

・カイロ・レン=ダース・ヴェイダー

・ハン・ソロ=オビワン

・レイア=モン・モスマ

・ハックス将軍=ターキン

・キャプテン・ファズマ=ボバ・フェット

・マズ・カナタ=ヨーダ

・最高指導者ヌークス=皇帝パルパティーン

・ジャクー=タトゥイーン

・ディカー=オルデラン

・スターキラー基地=デス・スター

という感じか。

設定を盛り込みすぎた新3部作に比べて、これぞスターウォーズ!!と唸らされる場面や展開は多い。

ミレニアム・ファルコンとタイ・ファイターのチェイス、Xウィングの編隊の戦闘シーンは、観ていて思わず胸が熱くなった。

また、新主人公が、元々名も無き一般兵だという設定も良い。

とはいえ、レイもフィンも、大した訓練を受けてないのに、ライトセーバーを軽々と扱ったりするのは…うーん。

悪役カイロ・レンもマスクを着けている間は良いんだが、簡単に素顔を晒してしまったし、そうなるともう、オーラもカリスマ性も無く、なんか普通の兄ちゃんになってて残念である。やたら人間臭くて迷いが多いし。

旧作のヒーローたちがまた出てきて、しかもキャラクターも殆ど変わってないのは嬉しかった。特にハン・ソロ。

嗚呼、それなのに、終盤のアレは…(泣)。

予告にもポスターにも出てなかったあの人も、最後の最後に出てきたし、そもそもこの30年間に一体何があったのか?ヒロインに未だ残る秘密とは?などなど、まだまだ明かされてない謎も多いので、次回にも期待!