スター・ウォーズ/フォースの覚醒の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿された感想・評価

自宅にてブルーレイで鑑賞。

当時まだ高校生だった自分はスターウォーズをちゃんと観たことがなく、この当時の世間の盛り上がりのニュースで見て、「大学受験が終わったらスターウォーズをちゃんと見よう!」と決意。結果スターウォーズオタクになってしまった。

新しいキャラクターと旧キャラクターが非常にうまく混ざり合っていて物語として上手くできている。

作品としては、新しいスターウォーズ!というよりかは旧作ファンが観て懐かしく感じるようなものになっていると思う。悪く言えば無難という感じか。

ジョン・ウィリアムスの音楽はやはり最高。特にレイのテーマ。このレイの設定に惚れてスターウォーズに復帰することを決めただけあって彼女のテーマは謎めいたテーマになっている。

スターウォーズが復活の狼煙を上げた作品。この作品含め、スターウォーズにはワクワクが詰まっている。
s

sの感想・評価

5.0
好きです!スターウォーズ!!!
映像美です!✨
ぜひ見てください!
DY

DYの感想・評価

4.5
エピソード7良かった。今後の物語の期待に溢れる素晴らしい作品。
JJエイブラムスによる7作目。
旧3部作へのリスペクトも感じられる良作。エピソード9はJJエイブラムスに戻るということで期待したい。
現在彼が作った海外ドラマ「フリンジ」絶賛鑑賞中w
Deち

Deちの感想・評価

3.6
6の30年後。3部作の導入だからかどうしても地味めですね。
4のオマージュが随所に見られたのは嫌いじゃない。
設定的にも当然なんだけどチャンバラはやっぱ3がピークかなぁ。
レイアが昔より綺麗になってるのは笑える。
Izuminn

Izuminnの感想・評価

4.6
映画館で鑑賞。

エピソード1は小さい時に観たけど、あまり記憶になく、、

私にとって、エピソード7が初のスターウォーズと言っても過言ではないくらい。

めっちゃ面白かった!!ハリソンフォードであーってなった。。。

鑑賞後、Blu-ray購入しました。
aruruknk

aruruknkの感想・評価

4.2
BB-8可愛い。レイもいい感じ。何とも言えないあの感じ。ハンソロ大好きやったのに!!
francie

francieの感想・評価

4.5
もはやストーリーは
どうでも良かったのです

まさか歳を重ね
私が母親になり
自分の子供と
映画館でスターウォーズの新作が観られるなんて
思いもしませんでした

とっても
幸せな
時間でした…

そしてカイロレンは
まるでうちの中2病と一緒

ハンソロとチューイが登場する場面は
めっちゃ感動〜
わかな

わかなの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

2019/2/15 9本目
カイロレンとソロの向かい合うシーン、レイとカイロレンの対決のシーンが、いつ見ても胸が熱くなる🥺✨

あと地味に好きなのは、BB-8とR2-D2が地図を重ねるところ!未来と過去が繋がっていく感じがいい、、、笑笑
ねむ

ねむの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

劇場で7回鑑賞しました。
もはや点数で評価することができない思い出深い作品。

SW過去作はすべて鑑賞していたものの、特に何の思い入れも予備知識もなく初回鑑賞。キャストにも大して興味がなかったため、当初「このマスクの悪役の中身はルークなのでは」とあさって方向の予想をしていました。

初回の印象はまず「音楽が絶え間なく鳴り響く映画だなー」ということ(私は音楽がやたら鳴り響く映画が好きではない)。
マスクオフしたカイロレンの素顔に対して、「あの役にイケメンを持ってこないセンスがさっぱりわからない…」と心の中で駄目出し。
クライマックスは旧作の新たなる希望とあまりにも同じ展開で、それでいいのかよと逆にびっくり、巨大兵器に狙いを定められてから【【20分】】で場当たり的に立てられる作戦、それをまた運よく成功させてしまう敵のポンコツぶりにも「これがSWクオリティ…」とまた苦笑い。

しかし、新キャラのレイ、フィン、ポーやBB-8はそれぞれに魅力があり、彼らのやり取りはキュートで楽しかったので、そこは好感が持てました(同じJJ監督のスタートレックも、キャラ立てと会話がとても楽しい)。
旧作に思い入れがないので、ハン・ソロ殺害もそこまでショッキングではなく、全体的には「新たなる希望」の焼き直しなのかなーという印象で、まぁまぁ面白いけど60点くらいかな…という感じ。

ただひとつ興味を惹かれたのがカイロレンという悪役の存在でした。
彼はとりわけこのTFAでは無様なところで終わっていて、ファンの間でも「駄目な悪役」としてネタ的に扱われる事がほとんどだったけど、そういうところも含めて、何か、変なものを見た…という引っ掛かりを感じました。

エンドクレジットで、アダム・ドライバー氏の名前がレイよりもフィンよりも先に出てくるのを見て、もしかしてカイロレンこそがこの三部作の主役なのでは?という印象を、漠然と抱きました。

二度三度と観ていくと、一見「新たなる希望」の焼き直しのように進む「ザッツ・SW」な物語の中で、このカイロレンの登場シーンがどれも非常に印象的であり、また異彩を放ってるのに気づきます。それはセリフで説明されるものではなく、彼の動作、その撮り方、映像から感じられるものであって、実はその語られない部分にこそ、この映画の核心があるのでは?と思いました。

終盤、雪の森の中で繰り広げられるカイロレンとレイとの戦いは、私が最も好きなシークエンスです。
おとぎ話の1シーンのような雪降る森で、逃げるレイ、魅入られたような表情で追う手負いのカイロレン、時としてダンスのようにも見える殺陣の華麗さ、交錯する赤と青の光、やがてドラマティックに二人を分かつ深い溝。雪上のカイロレンは素のアダムドライバー氏とはまるで別人で、ハッとするほど美しく撮られており、鮮烈でした。

そういったミステリアスな含みは二作目の「最後のジェダイ」よりこの一作目の方が上で、そこが私の好みなのだと思います。

三部作がまだ完結していないので、実際この映画についてはまだすべてが解き明かされていないと思います。三部作が完結した後、この最初の作品を観た時に、見えてくるものはたくさんあるのではと思っています。
>|