スター・ウォーズ/フォースの覚醒の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿された感想・評価

るな子

るな子の感想・評価

3.5
3からだいぶ空いての新作…!!ということで、期待に胸を膨らませて見に行きました。お馴染みの顔触れが揃い、テンションが上がります。役者さんたちも時を超えてこのシリーズに出演する、なんて思ってなかったのではないかな、と思います。
ストーリーは、可もなく不可もなし。
映像がやっぱりとてつもなく進化を遂げていて凄いなあ…と思いました。4〜6とのギャップも好きですよ。
台湾のテレビで。
カイロレンにじわじわきたりBB8がかわいいてのにごまかされそうになるけど、こう、こう、もやっとするんだよなー。
悪役のかっこよさてマジで大事だな、と痛感する作品。
ちょこちょこスターウォーズファンにはたまらない場面が出てきて良いですね。
わんす

わんすの感想・評価

4.2
新たな世代へ

ミレニアムファルコンが映し出される瞬間、ハン・ソロとチューバッカが登場する瞬間、ハン・ソロとレイヤ姫の話、そしてルーク・スカイウォーカーが登場する瞬間は体の全身から鳥肌が出ました。
やはり、ep4~6の彼らの活躍を知っているからこその感動ですね。

また、CGのクオリティが上がり本当にスターウォーズの世界にいるようだった。
特にカメラワークが秀逸で感激させられた。映像が美しい。

次回作が楽しみ

このレビューはネタバレを含みます

公開当日映画館行ったらコスプレの人が多くてお祭り状態だったのが楽しかった。

ポリコレ配慮しまくった感じ、嫌いじゃないけどあからさますぎる気がする。
旧作はヒーローたちの神話だったけど、新作ではみんなの物語になっていく、っていうのも、わかるけど旧作ファンほど「こんなん違う」ってなるのかなって思った。
私は新作結構好きです。
普通。本来なら普通以下。
単体の作品なら面白いと思うけど、過去引きずった割には普通。嫌われたくないから前と同じにしてファンを止めようとした感が無理。
SWシリーズってぜんぜん観たことがなくて、友人(SWファン)に誘われてほろ酔いで観に行った。
ストーリーは不勉強なためさっぱりわからずだったけど、映像の美しさとかダイナミックさというのには感動した。
もうちょっと勉強してから見直します😅
11
スターウォーズの新章第1作目。
まず映画全体的にグリーンバック撮影だらけの気味の悪い1.2.3から靄が抜けたようなフレッシュなルックがすごい心地よい。

なるほど1.2.3はここにつなげるための壮大なフリだったんだなと思うと、巨匠ジョージルーカスの恐ろしさを感じざるを得ない。

そしてスターウォーズらしからぬダークでハードな幕開け。
しょっぱなからトルーパーの血が出たりカイロレンのビーム止めなんかもみれたりして出だしがすごい良かった。単なるオールスター登場の懐古的な作品ではない、新しいエッセンスをしっかり入れてくんだ!という意気込みを感じました。特に血で。

からのポーとフィンの急な友情発生もなかなか良い。
次から次へと新キャラが出てきてどんどんとテンションが上がっていく、これまでのシリーズのとろとろした運びではないのでテンションを保ってみることができて良かった。
個人的には旧作に全く思い入れがないので新キャラ達のフレッシュ感が光る前半とは裏腹にどや顔で登場する旧作の面々には、部活に来る知らないOBの
なっつかしぃわまじ、いやまじなつい
みたいな雰囲気で往年であろうやり取りとかする感じは全く乗れない部分だった。
ここでしっかりと思い入れのある人とかはレイとフィンが
あ、あのハンソロさんですか?反乱軍のあの、あれとか色々やったあのハンソロさんですか!?
という気持ちが自分の気持ちとシンクロして気持ちいいんだろうなと思ったり。
自分なんかはこれまで存在価値が全く分からないしうるさいだけのチューバッカがでてきて
マジかよ最悪、と思ってしまった。

そんなこんなで新旧入り混じりながらも物語は相変わらずの特攻シーンに突入。
またデススターみたいの壊すんですかとか、あの細いとこ飛ぶんですかとか、最強兵器の割にいつも欠陥多くないですかとか、セキュリティ面どうなってんですかとか、セコムしてますかとか、色々思いつつ最後の方は途切れる集中力を何とか保たせている部分もありました。

しかしハンソロがカイロレンにやられてチューバッカがブチ切れるシーンは不意に心を打たれました、ムカついてたチューバッカだけどちゃんと悲しみと怒りの演技をしていて偉いなと感心。

最後の最後は戦闘初心者2人に普通にやられるカイロレンを見ながらファーストオーダーのトップがこれって、、、
とか思いながらも文字通りフォースの覚醒のワンショットはかなりバッチリ決まってて、JJはやっぱちゃんとカッコいい絵作るよなと思ったりもしました。ライトセーバーを手繰り寄せるあの感じ、素晴らしかったです。
あと雪の中のライトセーバーの光加減、カイロレンにあたる青と赤の光とかはちゃんと意味も詰まってるしカッコいいしでここでもJJさすが!となりました。

JJの手腕で言うと今作は1.2.3に比べてみんなが見たかったスターウォーズ感、をしっかり演出できているのが流石というあたり。
できるだけたくさんロケで撮影して、ep6が公開された2年後くらいに撮影した想定
というクリエイティブのレギュレーションがほんとうに効果的だった。変にホログラムとか謎の未来的デバイスが無く、アナログなレトロフューチャー感が出ているあたりは
心地よい、夢にあふれたSF感がほんとうによく出ていた。

とにかく個人的にはレイちゃん、フィン新キャラコンビの活躍が良かった、序盤の砂漠を走りまくるとことか、
手ぇつかまないで!
とかの掛け合いとかは程良い青春感があって見ていて心地よい。
レイを演じるデイジーリドリーという女性の主人公感は特にいい、若いチャンネーが強い男の戦士に立ち向かう時の絶妙な力のバランとかが絶妙に感じられるあたりは天性のものな感じ。
この時代にこのタイトルで女性主役を演じるってめちゃくちゃ難しいと思います。
強いだけじゃ現実感ないし、男とは違った強さも表現しないといけない。
とにかくいろんな見方をされると思うけど、どんな方面から見ても足りすぎず、少な過ぎずの絶妙なバランスを持っている感じがして、この後の2作でストーリー的に変な方向にだけは行かないでくれと切に願うばかり。
マークハミルのルークは正直全くとらえどころがない主人公感のないやつで残念だったし、アナキンは本当バカでムカついてたから、レイだけはしっかりとキャラとして魅力的に作って欲しいと思います。

あとはちゃんと続編への期待感あおるとこもカッコよく撮れてて良かったです、砂漠ではなく、海バックのルークの後ろ姿は
うぉぉ、ついに!!
と感じさせてくれた。

まぁそれでも特に続編が気になるわけではないですが今後もチェックしようと思います。
現代のCGクオリティで映像がキレイなスターウォーズを楽しめる
フィンがすごくいいキャラ
ルビス

ルビスの感想・評価

3.8
エピソードⅤから観てきたけど、やっぱり面白い!

全部観たいと思わされた。今更ながら、ハマった。
>|