スター・ウォーズ/フォースの覚醒のネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿されたネタバレ・内容・結末

カイロレンとレイが雪の中で戦うシーンでレイがフォースの力でライトセーバーをとるシーンは音楽とマッチしていて最高だった。
スターウォーズの新シリーズを始めるにあたっては良かったのかな、と思います。
でも、旧ファンを喜ばせようとしてるのが見え見えなシーンの数々、ハン・ソロの件、レイがいきなり強くなりすぎな点など、残念なところも多数でした。
2015年。スペース活劇第7作目。エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後という設定。新キャラのレイは冒頭からナウシカっぽく、自分で一通りのことは何でもできる女の子でメカにも強いということで、宮崎駿のヒロインっぽかった。ストームトルーパーの中の人が主要登場人物になっていたのもいい(序盤で彼のマスクに付くものが、「これまでのSWとは違う」ことを示していると思う)。ポーとファズマ関連で、「あれ、そこ飛ばすんだ?」と若干描写の省略が気になるところはあった。最後の場面で出てきたあの人が昔以上に格好良くて感動。
うおお、ハンソロもルークもレイアもそのまま出てくるのか、という衝撃。
BB-8かわいい。
安心のストーリー展開。
新たなダークサイド、カイロ・レンの危うい脆さが垣間見えて気に入りました。
新しいキャラたち、世界観どれもすぐな好きになれた。ハンソロの死ぬところは衝撃だったけど名シーンでした。
やっぱり最新映像技術はすごいなあ。ハンソロの息子って事でちょっと弱いかなとは思ったけど、過去作の登場人物を上手くいかせていた。レイも綺麗な子で続きが気になる〜
遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
エンドアの戦いから約30年後。最後のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーが姿を消した。その間に帝国軍の残党から新たに“ファースト・オーダー”が台頭し、再び銀河に脅威をもたらすと同時に彼の抹殺を計画していた。彼の双子の妹であるレイア・オーガナ将軍は、新銀河共和国の支援の下で独自の軍事組織“レジスタンス”を指揮してファースト・オーダーに立ち向かうと共に、彼の行方を捜索していた。
ルークの居場所を示す地図を入手するため、レジスタンスのパイロットである“ポー・ダメロン”は、相棒のドロイドの“BB-8”と砂漠の惑星ジャクーにいる探検家の“ロア・サン・テッカ”を訪れる。ポーは彼から地図を受け取るが、間もなく“カイロ・レン”や“キャプテン・ファズマ”が率いるファースト・オーダーの軍隊が村を襲撃してくる。ポーは、惑星ジャクーに来る時に乗ってきた愛機のXウイングにBB-8と乗り込み、地上から離陸し脱出しようとするが、2人のストームトルーパーに見つかってしまい、ブラスターの射撃でXウイングの後部を破壊され、離陸することが出来なくなってしまう。逃げられなくなったポーは、相棒のBB-8に地図のデータを託して遠くへ逃げるよう指示する。テッカはレンにライトセーバーで斬り殺され、ポーは携帯していた自分のブラスターでレンに立ち向かうが、レンを狙って放たれたビームは彼が使う強力なフォースの力で止められ、ポーはファースト・オーダーの捕虜になりスター・デストロイヤーに連行されてしまう。その後レンの命令により、村人たちはストームトルーパーたちに虐殺される。一方、戦友の死や村人たちの虐殺に衝撃を受けたファースト・オーダーに所属している一人のストームトルーパー“識別番号 : FN-2187”は、帰還したスター・デストロイヤーの格納庫デッキで自分のマスクを外して動揺を鎮めようとするが、上官のファズマにとがめられて、出頭をするように命令される。
一方、砂漠の惑星ジャクーのゴミ漁り(廃品回収業者)である“レイ”は、夕方に日陰のAT-ATで夕食を食べていると、砂漠を徘徊していたBB-8の電子音を聞きつけ、同業者の“ティードー”に網で捕えられたBB-8を発見する。彼女は網を切りティードーからBB-8を解放すると、BB-8と一緒に行動することとなった。
その頃、ポーは独房でレンから拷問を受けるが、ルークの所在を示す地図の在りかを答えるのを拒み続ける。最終手段としてレンは、フォースの力を使ってポーの意識の中を探り、ドロイドのBB-8が地図を持っていることを知る。その後“ハックス将軍”に部下のストームトルーパーを使い、BB-8の早期発見の捜索を命じる。
翌日にレイは、廃品をジャンク屋の商人の“アンカー・プラット”に売りに行った際に、彼からBB-8を渡すよう唆されるが断る。
一方、自分の立場を失って追い詰められたFN-2187はファースト・オーダーからの脱走を決意し、捕虜として監禁されていたポーを仲間にバレないように密かに独房から救出すると、2人でスター・デストロイヤーの格納庫デッキに待機してあるTIEファイターを強奪し、スター・デストロイヤーから脱出する。その最中にポーは、新しい相棒であるFN-2187のことを“フィン”と名付け、二人はお互いに自己紹介をし仲良くなる。しかし、追手のミサイル攻撃を受けたTIEファイターはジャクーへ墜落してしまう。TIEファイターに乗っていた2人は、墜落時に離れ離れになり、フィンは緊急脱出装置で機体から射出され、ポーは自力で脱出していた。フィンは墜落時に残されていたポーが着ていた上着を着ると、砂漠を放浪の末、レイとBB-8に出会う。BB-8がポーが着ていた上着に気付いたため、フィンはポーと出会ったことを明かし、とっさに「俺はレジスタンスのメンバーだ。」とウソをつく。そこにBB-8を捜索していたファースト・オーダーのストームトルーパーと、上空にはTIEファイターが現れ、2人とBB-8を攻撃してくる。逃げるレイたちは成り行きで、廃品置き場に留置されていたポンコツ船のミレニアム・ファルコンに乗り込み、追手を振り切ってジャクーを脱出する。危機を脱した2人とBB-8だが、ファルコン号は謎の大型貨物船のトラクター・ビームに捕獲される。2人は覚悟を決めるが、大型貨物船からファルコン号の船内に乗り込んできたのはファルコン号の元所有者のハン・ソロとチューバッカの2人だった。ファルコン号をジャンク屋のプラットにダマし取られていたソロたちは、大型貨物船“エラヴァナ”を使って密輸稼業を営んでいたのだった。そんな中、“バラ・ティク”率いる“グアヴィアン・デスギャング”と、“タス・リーチ”率いる悪名高い犯罪組織“カンジクラブ”が船内に乗り込んで来て、借金を取り立てるためにソロを捕らえようとする。レイは彼らを隔離しようと試みるが、誤ってソロが捕獲した3匹の“猛獣ラスター”を解き放ってしまい、船内は大混乱に陥る。しかし、その混乱に乗じて、4人はファルコン号で脱出する。だが、グアヴィアン・デスギャングのバラ・ティクはBB-8がソロの元にいることをファースト・オーダーに密かに通報してしまう。
一方、ファースト・オーダーを率いる“最高指導者スノーク“は、レンに対して光と闇のフォースが覚醒したことを告げ、光の誘惑と決別するために実の父親を殺さなければならないと試練を与える。
4人はBB-8の地図を見て、それが不完全なものであることを知る。ルークのことをもっと知りたいフィンとレイに、ソロはエンドアの戦いの後のルークの足跡を語る。ルークはジェダイ騎士団の再建を試みたものの、弟子の一人の少年がフォースの暗黒面に落ちて裏切り、ルークがそれまでに築いた全てをダメにしてしまった。そして噂では、ルークはジェダイ最古の寺院を探す放浪の旅に出たというのだ。
ソロたちはジャングルと密林に覆われた“惑星タコダナ”へ赴き、友人である酒場の主人の“マズ・カナタ”に助けを求める。酒場の店内にいたスパイが、レイたちがタコダナに隠れていることをファースト・オーダーに密かに通報する。
その頃、苦悩するレンは旗艦にある自室に戻り、約30年前、ルークによって火葬された自身の祖父であるダース・ベイダーのマスクの前にひざまずきながら、光の誘惑を感じた旨を吐露する。
ソロはBB-8をレジスタンスに届けるようマズに頼むが、マズはソロ自身が行うべきだと助力を拒否する。また、ファースト・オーダーの恐ろしさを知るフィンは銀河辺境への逃走を望み、レイと衝突する。最終的にフィンは自分が元ストームトルーパーの脱走兵であることを明かし、その場を立ち去る。酒場に残されたレイは突如聞こえた不思議な声を追いかけてBB-8と地下の貯蔵室へ入ると、英雄アナキン・スカイウォーカーと彼の息子ルークが使っていたライトセーバーを見付ける。レイがそのライトセーバーを手に触れた瞬間、フォースと干渉し強烈なヴィジョンを見る。その時レイは、惑星ベスピンのクラウド・シティにあるルークとベイダーがライトセーバーで闘った一室に繋がる細い通路、うつむくルークがR2-D2の頭を右腕の義手でなでるヴィジョン、レンと彼が率いる“レン騎士団”による襲撃のヴィジョン、そして幼い頃のレイが、砂漠の惑星ジャクーに両親に置き去りにされたヴィジョンを垣間見る。レイはマズからライトセーバーを手にする運命であることを告げられるも、それを拒み、森の中へと逃げ込む。
その頃、ファースト・オーダーの本拠地がある“スターキラー基地”では、スノークが配下のハックスに、かつて帝国軍が使用していたデス・スターをも超える超兵器の使用を許可した。ハックスは大勢の兵士たちを前に演説を行い、新共和国がレジスタンスを影で支援していると糾弾し、兵士たちの士気を鼓舞すると共に新共和国の終焉を宣言した後、部下に兵器の発射を命じた。兵器から発射された破壊光線は、一撃で新共和国の“首都惑星ホズニアン・プライム”とその星系内の他の星を破壊する。
同時にファースト・オーダーは地図を手に入れるべく、惑星タコダナへの攻撃を開始する。酒場は廃墟と化し、ソロ、チューバッカ、フィンの3人は奮闘するものの、ファースト・オーダーに包囲され窮地に陥る。だが、ポーが率いるレジスタンスのXウイング部隊の登場により生き延びることが出来た。一方、レイはレンに捕えられ、スターキラー基地へ連行される。その後、タコダナにレイア将軍とC-3POが到着してソロやチューバッカと再会し、一行は“惑星ディカー”にあるレジスタンスの秘密基地に向かう。そこでBB-8はR2を見付けるが、R2はルークの失踪以来、活動を停止していた。スターキラー基地がディカーを破壊しようとしているとの知らせを受け、レジスタンスは、ファースト・オーダーの内部事情に詳しいフィンの情報を基にスターキラー基地の弱点を破壊するための計画を立てる。その際、ソロはレイアに自分たちの息子を生きたまま連れ戻すことを約束する。一方、スターキラー基地の独房に囚われたレイはレンから尋問されるが、フォースによる人の心を読む力に対し激しく抵抗する。その過程で自身もフォースを使えることを発見し、レイはフォースを使って独房から脱出する。ソロ、チューバッカ、フィンの3人はファルコン号に搭乗してスターキラー基地に潜入、レイを救出し脱出する。それに合わせ、ポー率いるレジスタンスのXウイング部隊は、基地への攻撃を開始する。
しかし、スターキラー基地の上空でレジスタンス軍が苦戦を強いられるのを地上から目撃したソロは、基地の内部に爆薬を仕掛けて支援することを決意する。基地の内部にある広大な吹き抜けの空間に架けられた狭い通路をソロが一人で歩いていた時、レンと遭遇する。彼を出生名の“ベン”と呼びながら「フォースの暗黒面を捨て、家族で共に暮らそう。」と必死で説得するが、レンはソロの申し出を断り、油断したソロを自身のライトセーバーで体を深く貫き、殺してしまう。致命傷を負ったソロは、最期の瞬間に息子の頬をなで、眼下に広がるスターキラー基地のコアへと落下していった・・・。落下していくソロを見て怒り叫ぶチューバッカは、愛銃のボウキャスターでレンの脇腹を撃ち抜き深手を負わせると共に、基地の内部に設置した爆薬に点火する。同時に、基地の爆発を視認したレジスタンスは猛攻を仕掛け、スターキラー基地の内部にある弱点(コア))を攻撃して破壊に成功する。
基地から脱出し、森の中にあるファルコン号へ向かうフィンとレイだったが、重傷を負いながらも2人を追跡するレンが現れ、双方が対峙する。レイはソロからもらっていた銀のブラスターピストルでレンと応戦しようとするが、彼の強力なフォースで大木に叩き付けられ気絶してしまう。フィンはマズから預かったライトセーバーでレンと戦うも、レンのライトセーバーによる斬撃で重傷を負ってしまう。フィンが戦闘中に取り落したルークのライトセーバーを、レンはフォースで自分のもとに引き寄せようとするが、宙を舞ったライトセーバーはレンの手中にではなく、同時に強いフォースで引き寄せたレイの手の中に納まった。レイは再びライトセーバーでレンに挑むが、猛攻を仕掛けるレンに窮地に立たされる。だが、追い詰められた時にレンが会話で発した“フォース”という言葉をきっかけに、彼女はフォースと調和する。レイは反撃し、レンの顔に大きな傷を負わせる。
スターキラー基地の内部にある弱点が破壊された影響で、スターキラー基地は崩壊を始め、レイとレンの2人の間の地面に亀裂が入り、引き離されたことによって2人の対決は一旦終わりを告げる。ハックスはスターキラー基地を事前に脱出しており、スノークはハックスに基地を放棄してレンを自身の下へ連れて脱出するよう指示し、レンの修業を終わらせると決意する。一方、レイとチューバッカは負傷したフィンを連れ、崩壊するスターキラー基地からファルコン号で脱出する。ディカーにおいて、レジスタンスは勝利を祝うが、レイアとチューバッカ、レイはソロの死を悼む。その後R2が目覚め、中に保管されていたルークの所在が示された地図の残りの部分を再生、BB-8が手に入れた地図と結合され地図が完成したことでルークの居所が明らかとなる。レイはR2とチューバッカと共に地図に従い、ファルコン号で地図に示された遠い惑星へと降り立つ。そこでレイはフードを被った老人と出会う。老人は無言でレイの方へと振り返り、レイはライトセーバーを差し出す。そして、老人すなわちルークは静かにフードを外し、ライトセーバーを差し出すレイを見つめ返すのだった。
レイア姫は相変わらず綺麗だな。
久しぶりの会話の「change hair」「same jacket」が一番良かった。
このフォースの覚醒は、ルークの復活を匂わせるための導入編だと思うのだが、新登場人物が2人だけなのは少なすぎる気がした。もうちょっと増やしても良かったのでは。
最初のロゴやあらすじ、音楽が流れるだけで鳥肌ものでした。
映像のクオリティも上がっており新キャラなど嬉しい要素満載でした。
個人的にはイケメンが欲しかったです。(私は男ですが)
生き残っている中ではマークハミルが一番のイケメンでしょう。
あとはフィンが。。。もう少しどうにかならなかったのだろうか。。
そもそもライトセイバーは誰でも扱えるというのがショックでした。
たしかにディズニーっぽい👀

血縁関係が複雑になって来た…

レイとアナキンの親って誰?
スノークは何者?

して、ルークのヒゲ!!!
>|