スター・ウォーズ/フォースの覚醒のネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿されたネタバレ・内容・結末

徐々に明らかになるであろうが、
レイの両親が誰なのか気になる(*`・ω・*)ゞ

BB-8が可愛い😆

カイロ・レンはちょっと中二病っぽい印象でした(*´•ω•`*)…

勧善懲悪でありながら、エピソードIVをオマージュしつつ、
レイとレンが今後正義と悪に揺れ動きつつどう自作が展開するのか楽しみです (。-`ω´-)
新たな始まりを感じさせるエピソード7。過去作のオマージュかと思わせるシーンも多々あります。

初登場のキャラクターが多い中で、そのキャラクター達を主役に据えて進むストーリーはさすがでした。生き残ったジェダイがルークしかいない中でのレイの成長と活躍はエピソード4のルークとオビワンを彷彿とさせます。

カイロ・レンもフォースの暗黒面に目覚めた者としては未熟で、レイと相対的な人物でした。次作の公開が楽しみです。
前6作からかなり年月が経って…その間どういう風に銀河が支配されていたのかが気になる。
カイロ・レンがどのようにして暗黒面に心奪われたのかもあまり深く描かれなくて少し残念。次作で明かされるのかな。アナキンは嫉妬や貪欲さからダースベイダーになったけど、それほどのキャラクターの心情の変化が全体的にされてない気がして残念。
とりあえず過去作品観終わりました!やっぴー!
中でもエピソード3が一番好きだし、一番キャラクター造形されてたように思うアナキンが一番好きです。いかにも人間らしい展開で面白かったし残酷だった。

さて、12/15はアダム・ドライバーを迎えに行くか!
カイロ・レンの子供っぽさが愛らしい。おそらくこの新しいシリーズは彼の成長物語でもあるのだと思う。
親殺しをしてしまった以上、何かの報いを受けてしまうのかもしれないが、暗黒面から復活していく物語だとしたら熱い。それか、ダークサイドとライトサイドを融合させる存在になるとか。そんな妄想しつつ次を待ちます。

舞台はEP6の30年後。
バトルフロントを知らないのだけど、エンドアの戦いの翌年にジャクーの戦いってのがあって、帝国軍終焉の地(?)となったのが 今回の舞台となる惑星なのね?だから予告にもあった、廃墟と化した スターデストロイヤーが砂漠に埋もれてる、あの図になるわけね。

砂漠に孤独に住むレイ。彼女を外の世界にひっぱりだすお話。
おぉ!EP1&EP4とおんなじ!!
その後も、村の襲撃、飛び立つミレニアムファルコン号、アクバー提督、 無駄に混んでる酒場、闊歩する着ぐるみ、ざる過ぎる帝国軍のセキュリティ 、I have a bad feeling about this、高所にある渡り廊下での対決、親子問題 、次世代のジェダイが目撃する師匠の最期、、と、挙げればきりがないほどに、おぉ!スターウォーズ!という演出やエピソード、セリフがてんこ盛り。

スターウォーズの醍醐味はやっぱり はるか昔遠い銀河系のかなたに 連れてってくれる壮大な世界観だと思うんですが、 JJ監督がCGでなくセット、デジタルでなくフィルムにこだわったというだけあって 旧3部作の続編と言われて、全く違和感なし!ザ・スターウォーズ!!

ただ、わがままを言うと、スターウォーズには想像を超えた 映像の最先端を走ってほしかったという気もする。
オドロキという点ではそこまでだったかなぁ?
ルーカス自身が監督してるわけじゃないから冒険しにくいのか・・・。
X-wingが駆けつけるシーンはめっちゃかっこよかったけど!

しかし何より残念だったのはカイロ・レン。弱すぎる。 精神的にも戦闘能力的にもダメダメ。動機は薄弱だわ、 感情に任せて自陣の機器壊すわ、素人二人に苦戦するわ 頼りのフォースも修行してないレイに歯が立たない。いいとこなし。現代風だから??今後の成長見守る感じ?ダースベイダー最強すぎて難しいな。

とはいえ、ヒロインのレイがかわいいから許す。
強いんだけど、英国訛りとあわさってなんとも上品で素敵。 メカに強くて桁外れのフォースってことはスカイウォーカーなのかなぁ。そう思わせるシーンはあったけど直接の言及はなし。
EP8は、修行の回なのかなぁ。ヨーダいなくて大丈夫かな?!

そしてなんといってもBB-8!予告の時点からゾッコン(笑)でしたが。
とにかくずっと逃げてるんだけど、その姿がかわいいのなんの。 責務に非常に忠実でご主人様思い。ポー見つけて駆け寄っていくところとか 、よかったねーって言いたくなる。あとライターのシーン!

2度目でダニエルクレイグやサイモンペッグのカメオ出演も確認!

とにかく、スターウォーズ祭りは存分に堪能。
そうか、ファン的にはこれいい作品なのか、じゃあわたしやっぱりファンじゃないや〜
三部作完成してからだったらまた感想変わりそうだけど備忘がてら記しておく、こんなだったら人物全員新しくして良かったんじゃない?無理やり年取った人たち出てくるとファンタジーの世界に入り込めなくてううむ…
オビワンとアナキンが懐かしく感じで昔の作品が愛おしく感じるっていう効果はあると思うけど、この作品が好きかはまた別かな?
マイノリティが活躍するのは現代映画っぽい。まあアジア系はやっとまともそうな提督が出てきたぐらいで全然だけど、そういうのは面白さとはまた別だからいいんです。そういうこと言う人たちもいそうだなと思うぐらい。
ep8公開前にお復習観賞
二回目観賞

正統なシリーズの系譜なのに過去作品を意識し過ぎてセルフオマージュの塊になってしまったガッカリスターウォーズ

主演のレイ、レン、フィンの三人のキャストに華というかスター性がなくてどうしても過去シリーズの主演キャストと比べると見劣りしてしまう

ポーは唯一まだこの中では良い印象

劇場観賞時レンがマスクを取ったときのガッカリ感は半端なかった(苦笑)

ストーリーも設定もどうしてこうなった感が否めない

レイの境遇、レンの父親殺し辺りが無理矢理過ぎる

映像やアクションは大作とあって綺麗だし見れるが内容が追い付いてないので勿体ない

この今作、新シリーズ最大の功績はbb-8という愛すべきキャラクターを産み出したこと

今作の失敗部分がbb-8の存在だけで帳消しにできるレベル💓

玉乗りの様にコロコロと移動する姿も回る船内でワイヤー伸ばして堪える姿もライターで👍ってする姿も狂おしいほどに愛らしい🎵

ep8は二時間丸々bb-8が主役で銀河を舞台に大冒険なワクワクドキドキなファミリー映画で良いのに(笑)

新シリーズ残り二作
反抗期を拗らせたダース・ベイダーになりきれないカイロ・レンが悪役キャラとして大成できるか、過去シリーズに囚われずに斬新な物語展開の脚本にできるかが今後のep8とep9に掛かっていると思う
公開当時、劇場で観たけど復習でブルーレイ。

シリーズ通して観てきて、過去作のオマージュと思える箇所がいくつかあり、スターウォーズを造ろうとしているのはわかった。

カイロ=レンさんが噛ませに噛ませだったのはレイのポテンシャルを示したかったからであって、決してカイロ=レンさんが激ダサなわけじゃない。

怒ったらすぐに目の前のコンピューターを滅多斬りにするけど、カイロ=レンさんは決して短気じゃない。

カイロ=レンさんの最大の見せ場は序盤、
放たれたビームガンの弾をフォースで受け止めたところという噂があるけど、そんなことない。

そういう映画。
 

劇場にて鑑賞。シリーズ最大2億ドルの予算で、過去六作の5月公開を12月に変更し、J.J.エイブラムスがパラマウント以外で初めて監督した新作。チャンバラと空中戦もたっぷり盛り込まれている。シリーズのファンには概ね不評らしいが、恐らく慣れ親しんだキャラの扱いではないかと思う。シリーズではヒール役が魅力的に描かれるが、本作の“カイロ・レン”の評価で本作の印象が変わるのではないか──全てにおいて未熟さがこのキャラの最大の魅力であり、欠点でもある。J.ウイリアムスの音楽も何と無く違和感を憶えた。60/100点。

・物語は『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐('83)』の30年後を描くが、実際には32年と7箇月後の公開となる。

・登場する兵器“スターキラー”は、G.ルーカスが嘗て最初のシナプスを書いた際、“スカイウォーカー”の元のネーミングとしていた。亦“フィン”の“FN-2187”──この“2187”は『スター・ウォーズ('77)』で、“レイア”が軟禁されたデススターの部屋番号に由来する。

・“レイ”が“BB-8”に初めて逢う直前の話題に登場する“ケルヴィンの尾根”──“ケルヴィン”はJ.J.エイブラムスの祖父の苗字である。“ベン”はH.フォードの実子の名である。C.フィッシャーの実娘B.ラードも“レイア”そっくりの髪型でスクリーン・デビューを果たしている。

・科白がある“ストームトルーパー”役のD.クレイグを始め、多数のカメオ出演者がいる。

・大ファンとして有名なD.フリートウッドが末期癌と知り、M.ハミルとJ.ボイエガはJ.J.エイブラムスに働きかけ、ディズニーの許可を得た後、彼の自宅で公開前に本作を披露した。D.フリートウッドはその後の'15年11月10日に亡くなった。
 
・鑑賞日:2015年12月19日

 
ライトセイバー、持ち辛そう。

割と太いし、
ツルツル滑りそう。

グリップにゴム素材を使うとか、
指に馴染むような形状にするとか、
何か、なかった?
人間工学的な、何か。

自分の勉強不足だが、
ライトセイバーはフォースが動力源だと思っていた。
だから、
フィンが扱えた時は「まじかよ」と思った。
ボタン一つで起動すんだもん。
簡単じゃん。
おれも、振り回すだけならできるんだな。
ライトセイバー。


それにしても、
スターウォーズは惑星型武器ばっかり。
水戸黄門や釣りバカ並みにストーリーがパターン化されてて、安心する。
吉本新喜劇に目新しさを期待しないのと、似ている。

大いに楽しめた。
>|