コスもん

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のコスもんのレビュー・感想・評価

4.4
スターウオーズシリーズは、エピソード3と6以外は幼いながらもリアルタイムで映画館で視聴。

DVDBOXも持っていて、一応スターウオーズウォッチャー風だが、毎度、映画冒頭のナナメに流れるダラダラテロップをみると、大して内容わかってない気が・・・。
ライトファンだと思い知らされますw

本作は、ディズニーの口出しで、監督の意図としない、懐古路線になってしまったそうです。
たしかに、人間芝居重視で、過度なCGを抑えた初期の雰囲気でしたね。

以下、地味にちょいネタバレありの雑記。

毎度、圧倒するCG技術を見せてくれるSWなだけに、懐古路線になるのは、賛否あるようだけど、話の主軸であるのが、ハンソロなので、ミレニアム・ファルコンが出てくる雰囲気とも相まって、懐古路線、私は楽しめましたよ。

しかし、久しぶりに登場したレイア姫のあの格好は、どうにかならなかったのか?
チョッキみたいなの着て、もはや隠居したおばあちゃんみたい。姫オーラゼロ!

BB8、思ったより、ガッツリストーリーにからんでましたね。そのためか、キャラ被りのR2D2の処遇が悲惨な事に。


本作、フォースに関して、謎を残したまま、次にバトンされています。

本編ラストも、気になるヒキでしたね。
モヤモヤする人、次回に向けワクワクする人、捉え方によって、評価は変わるでしょう。
わたしは、楽しめたから★4.4で!