じゅぺ

百瀬、こっちを向いて。のじゅぺのレビュー・感想・評価

百瀬、こっちを向いて。(2013年製作の映画)
4.2
①「百瀬、こっちを向いて。」は早見あかりをいかに透明感あふれる女の子に写すかに心血を注いでる映画だった…肌の白さ強調しようとするあまり、光当てすぎ。ちょっとまぶしい。ほかに方法ないの。手ぶれカメラも人物の不安定な感情を受け止めるにはいい演出なんだけど、ちょっとクドかった

②百瀬をわざとらしく際どいアングルで撮ることで見る側の気持ちを煽ってくるんだけど、意外にしつこくない。むしろノボル目線でドキドキするから感情移入しやすい。作り手に乗せられてる感じがしたw

③案の定「百瀬、こっちを向いて」の表題通りのセリフが登場する箇所があって、ここはやっぱりグッときた。あの場面の暗がりと空気感が夢の中にいるみたいだし、陽が完全に昇ってしまえばもう元には戻れないんだって気もする。結構好き

④ただ宮崎先輩が二人の美女を惹きつけるほど魅力的な人物に見えないのと、田辺くんのキャラが人工的すぎてこんな純粋少年いないだろってツッコミを入れたくなった。あまり間延びもないし期待よりは面白かった!