Hiro

アバウト・タイム 愛おしい時間についてのHiroのレビュー・感想・評価

4.0
キャベツの太切りも悪くないと
自分をなぐさめながら
晩ご飯を食べた後
TSUTAYAのバックから
借りてる3本の中で1番短い
123分のこの映画を選んで鑑賞
なんかこれ観たら
なんでもない今日が愛おしくなった
朝走ってるとき友達に会ったとか
仕事が忙しかったなーとか
キャベツの千切りに挑戦した事とか
こんななんでもない1日が
いい日だったなって思えた。

人生はかけがえのない瞬間の
積み重ねなんだねって
大袈裟じゃなく伝えてくるとこが
この作品の好きなとこかな
これいいよ!