Takashi

チョコレートドーナツのTakashiのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.3
ゲイカップルとダウン症の男の子との実話ヒューマンドラマ。

ゲイバーで女装パフォーマンスをするルディ、法曹界に身を置くポール、そしてダメな母親を持つダウン症のマルコ。

これだけ差別に敏感な現代でさえ、現実にあれば、そういう目で見てしまうだろうシチュエーションだ。

70年代のアメリカならそれは尚更だったんだろうな。

自分にも戒めないといけないなと思うことがたくさん。人は、カタチやシチュエーションなど、わかりやすいものを見て物事を判断してしまう生き物なんだ。

このゲイカップルのマルコに対する愛は、ほんとうに純粋なものだった。それが認められない世の中へのメッセージ。

映画だからアレコレ言えるけど、自分が裁判官なら、正しい判断ができるかって考えると、世の中の、そして人間の嫌なところをすごく考えさせられる。

ラストは悲しい。でも、とても強いメッセージ性のある、良作だと思った。