Takashiさんの映画レビュー・感想・評価

Takashi

Takashi

映画(242)
ドラマ(10)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

「人のことを知りたいなら、よく見るべきだ」

人間の価値は、外見ではなく内面。
先天性の他人との「見た目」の違い、そして多感な子供が主人公、というわかりやすい題材から「人の本当の価値」についてのメッセ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

「安定の池井戸作品、大企業に立ち向かう中小企業エンタテイメント」

大企業全部、あんなに悪ちゃいますよ!でも、強きが悪の方が面白いのは、半沢直樹、下町ロケットと池井戸作品の最大の特徴。

中小企業「赤
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.0

「鼓動は止まっても、心は痛むのか」

婚約中の青年が、間違って死者のエミリーと結婚してしまう、という話。欲望に渦巻く自分たちの損得のみを考えた政略結婚の現実、そして純粋に花嫁になりたかったエミリーとそ
>>続きを読む

アラジン 新たなる冒険(2015年製作の映画)

3.5

「本物とは別物。飛び抜けたインパクトのない失笑連続のパロディだが何故かハマる独特の世界観」

クリスマスにデパートで、子供たちに話を聞かせるサンタのお話。アラジンをもじりながら、内容ははちゃめちゃで、
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

4.0

「失われた時間は、新たな境地を探す契機だ」

いろいろな解釈ができそうな映画。
今を捨てることは重たいことだが、逆に固執した生き方から新たな路を選べるというポジティブな捉え方と、「あの時こうしていれば
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

4.5

「兄貴が出来て、嬉しいよ」
「僕のメインマン」

若かりし頃のトム・クルーズと、ダスティン・ホフマンの名演が光るロードムービー。

イケメン最低男の車屋チャーリーと
サヴァン症候群のレイモンドの兄弟が
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

5.0

「あばよ、相棒」

トイ・ストーリー最高傑作(個人的に)
大人になった持ち主とおもちゃたちの別れ、おもちゃたちの友情、おもちゃへの愛情を描いたディズニーの名作。

ただのアニメと侮ること無かれ、これは
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.0

「宇宙なんて大嫌い」

このセリフが異様に印象に残ったスペースパニックムービー。パニックと言っても、全体感は「静」。ドンチャンやる感じじゃなくて、静けさと美しさ(映像美)のフル活用と言うべきかな。一見
>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

4.5

「250名の捕虜たちの大脱走」

大脱走のマーチで有名な古典名作。
戦争中の捕虜たちが捕らえられた収容所の脱獄を描いた実話作品。良くも悪くもレトロ感あり、ハイテクが出てこない安心感から、「古典的名作」
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.5

「ディズニー得意のミュージカル映画の王道」

アナ雪ですね!子供と一緒に鑑賞。
氷の魔法を使える(?)エルザと、使えないアナの姉妹の物語。

ピーク時は、今ひとつ乗り気ではなかったのだけど、観てみると
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.5

「我々は子供を喜ばせるためにいる」

トイストーリー第二作目。
ウッディが貴重なカウボーイの人形だったということでさらわれ、友達のバズたちが助けに行くというシンプルな話。

トイストーリーシリーズで一
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.5

「新しいおもちゃへの嫉妬から生まれた友情」

トイストーリー第一作目。
アンディのおもちゃ「カウボーイのウッディ」たちのお話。人間なら好きなものに対して誰もが持ったことがあるであろう「嫉妬」や「独占欲
>>続きを読む

ピクサー・ショート・フィルム & ピクサー・ストーリー 完全保存版(2010年製作の映画)

3.5

「ピクサーアニメの歴史を感じる短編集」

独特のインパクトは昔からですね。
アニメーションの進化の歴史を見ることができる。最近ピクサー展に行ってきたのでレビュー書き換え。かなりの進化ですね、アニメーシ
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.0

「独特の世界観が合わないと、最後まで合わない」

ジブリ独特の世界観は安定している。
しかし私は主題歌しか頭に残らなかった。

子供が歌を気に入ってずっと観ているんだけども、魚の女の子と人間の男の子、
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

「一言で言うと、オシャレ映画」

カラフルな世界と恋愛模様。
夢を追いかけるのに、恋と両立は無いんだ、って言う話でしょうか?
良い映画だなぁって思うけど、ピークはオープニング。そしてオープニングの割に
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

2.5

「題材のある映画は題材を最大限に尊重すべきである」

基本的にはドラクエ5。父と冒険する幼少期、奴隷の日々から結婚へ向かう青年期、そして魔王討伐へ。人気のドラクエ5をCGで再現。映画用にディティールの
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

2.5

「タイトルは興味を引くが、とにかくくどくて長い」

帰ったら妻が凝った死んだフリしてて、ダンナが面倒臭がるくだりが延々と続く。
冒頭から「???」連発。最後「あ、そういうことねー!」ていうのが、ない。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

ミッションインポッシブルの6作目。
トムクルーズ何歳?ていうド派手アクションの連続。

プルトニウムを奪還する、というのが本筋の様だ。シリーズ重ねるごとに、ミッションは複雑化しているような気がするのだ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

シリーズ化してしまうと、仕方ないのかもしれないが、シリーズ通して見ているとマンネリ化否めず。
面白いか面白くないかといえば、たぶん前者なんだろうけども。

冒険感とか、何が出てくるんだろうといったハラ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.5

犬派は涙無しで観れません(T ^ T)

全体を通じて、犬の健気さや忠実さとは相反して人間の勝手さが際立つ作りになっていますが、その中で一本通っているのは、主人公のベイリー(犬)と最愛の飼い主イーサン
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.5

評価が高かったのでamazonで鑑賞。

結論から言うと、観て良かった(^^)
ロマンス要素は置いておいて(単なる浮気じゃねーか、というツッコミが聞こえる展開だし)、quality of life、と
>>続きを読む

ポカホンタス(1995年製作の映画)

3.5

最近子供がいるので鑑賞ペースが落ち、鑑賞する映画も子供向け。といいつつこれが子供向けかどうかは置いておこう。汗

先住民のポカホンタスと、探検家のジョンのロマンス。
ミュージカル映画らしく、突然歌い出
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

「人は2度死ぬ。物理的な死と記憶的な死。」

ディズニーの名作。
カラフルな世界観と映像の美しさ。
耳に残る音楽と家族愛を描いたストーリー。

真実はいろんな人によって歪められて、純粋な想いを持つ人が
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

紳士なクマ、パディントン。
他のレビューにあるように、喋るクマと言えばTedのイメージ。
Tedはビジュアル◎からのキャラとのギャップ。
パディントンとはビジュアル△からのキャラとのギャップ。笑

>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.5

「絵の中の古き名女優との恋を描くファンタジー」

タイトル通り、ファンタジー世界のロマンス劇(この昭和テイストだけで加点)

ラブストーリーやるならこれくらいぶっ飛んでればいける、と思った。現代社会の
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

うん、ひとこと。
やはり紳士はかっこいい!!

スーツを着たジェントルマンが
とにかくキレッキレのアクションを魅せる
キングスマンシリーズ第二弾。

あの髪型とメガネ、そしてスーツ。
腕時計とスーツケ
>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

4.0

「氷と無縁のジャマイカチームが挑むボブスレー」

ウォルト・ディズニーの名作。
ボブスレーをテーマとしたチームワークや目的達成を描いた王道系ストーリーの映画。

語弊を恐れずに言う!

昨今の手の込ん
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

「アメリカンテイストな音楽アニメ!」

ミュージカルとは言わないのかな。劇場のオーナーのコアラが作り出すアニマルカラオケコンテスト(?)。歌を歌うのが好きなちょっとワケありな動物たちが主人公。
こっち
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.5

名作です。
嗜眠性脳炎、て初めて聞きました。

変わり者の医師Dr.セイヤーと、通称眠り病のレナードの実話。

「眠るのが怖い」
「目覚めれば明日の朝」
この映画を象徴するやり取りだと思った。

試験
>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.5

山田孝之、いいかんじ!
爽やかキャラとこのキャラ、両方こんなにマッチするって、やはり実力でしょうかね。

テーマ自体は闇深い。
絶妙にリアリティーのある裏世界で
なんか怖なるわー、、

都会の闇、カネ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

スパイダーマン1-3、アメイジングを鑑賞済。
マーベル作品はスポットで何作か観てるけど、時系列とか全体像とかいまひとつ理解していない前提の感想です。

アイアンマンでてきた!
スパイダーマン+アイアン
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

強烈にダークな内容なのに、音楽はいい感じの雰囲気出す。

主役は、娘を性犯罪の末に殺されたミルドレッド、ミルドレッドに「無能な署長」と名指しされたウェロビー署長、そして暴力的な警察官のディクソン。
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

巷の高評価を基に鑑賞。

スルメ映画という言葉を信じて良さがわかるまで観てみようか、、、

面白さがいまひとつわからず。。

時間を置いてまた鑑賞しようかと思っております。。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

アニメーションがきれいな作品。

島を越えて、珊瑚礁を越えて。
マウイと共に行く冒険、とでも言えば簡潔かな。

テンションが良くも悪くもディズニー。
ストーリー云々というよりは、とにかく高いテンション
>>続きを読む

ラフ ROUGH(2006年製作の映画)

2.0

やってしまった系ですね。
原作は知らないけど、なんと稚拙な映画か。
青春モノは王道やし、だいたいそれはそれで観れるんだけど。

笑えるデキです。
いや、好きな人はごめんなさい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

「最も崇高な芸術は人を幸せにすることだ」

王道ミュージカル映画。この手のミュージカル映画は苦手(といっても食わず嫌い)と思ってたのだけど、普通に良かった!
ショービジネスの先駆者バーナムの話。そもそ
>>続きを読む

>|