Takashiさんの映画レビュー・感想・評価

Takashi

Takashi

色んなジャンルの映画を観たい!
映画は異世界を見る、旅行みたいなもの。

洋画は字幕版で観たい。

自分の好きな映画いいねしてたら勝手にフォローしていきますがご容赦を。

⭐️5.0 自分の中では殿堂入り。
⭐️4.5 オススメ
⭐️4.0 満足!
⭐️3.5 まあまあ満足!
⭐️3.0 普通
⭐️2.5 もう見ない

全体的に評価は甘め。よく修正を入れてます。面白い映画をたくさん観たい!

映画(227)
ドラマ(5)

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

紳士なクマ、パディントン。
他のレビューにあるように、喋るクマと言えばTedのイメージ。
Tedはビジュアル◎からのキャラとのギャップ。
パディントンとはビジュアル△からのキャラとのギャップ。笑

>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.3

タイトル通り、ファンタジーの世界のロマンス劇。
そもそもこの昭和テイストだけで加点。

ラブストーリー全般に苦手なんだけど(男性はそういう人多いはず)
ラブストーリーやるならこれくらいぶっ飛んでればい
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

うん、ひとこと。
やはり紳士はかっこいい!!

スーツを着たジェントルマンが
とにかくキレッキレのアクションを魅せる
キングスマンシリーズ第二弾。

あの髪型とメガネ、そしてスーツ。
腕時計とスーツケ
>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

4.5

ウォルト・ディズニーの名作。
氷と無縁のジャマイカチームが挑むボブスレーの話。

語弊を恐れずに言う!

昨今の手の込んだ映画を観ているせいか
「えっ!物わかり良すぎ!」
「どストレートなクサイ台詞!
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.7

アメリカンテイストなミュージカルアニメ!
こっちの方が先(2016)なんだけど、個人的に先に観たグレイテストショーマンと大きな括りは同じ。

結論としては、面白い(^^)

このテの映画は、やはり歌の
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.8

名作です。
嗜眠性脳炎、て初めて聞きました。

変わり者の医師Dr.セイヤーと、通称眠り病のレナードの実話。

「眠るのが怖い」
「目覚めれば明日の朝」
この映画を象徴するやり取りだと思った。

試験
>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.6

山田孝之、いいかんじ!
爽やかキャラとこのキャラ、両方こんなにマッチするって、やはり実力でしょうかね。

テーマ自体は闇深い。
絶妙にリアリティーのある裏世界で
なんか怖なるわー、、

都会の闇、カネ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

スパイダーマン1-3、アメイジングを鑑賞済。
マーベル作品はスポットで何作か観てるけど、時系列とか全体像とかいまひとつ理解していない前提の感想です。

アイアンマンでてきた!
スパイダーマン+アイアン
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.7

強烈にダークな内容なのに、音楽はいい感じの雰囲気出す。

主役は、娘を性犯罪の末に殺されたミルドレッド、ミルドレッドに「無能な署長」と名指しされたウェロビー署長、そして暴力的な警察官のディクソン。
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

巷の高評価を基に鑑賞。

スルメ映画という言葉を信じて良さがわかるまで観てみようか、、、

面白さがいまひとつわからず。。

時間を置いてまた鑑賞しようかと思っております。。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.7

アニメーションがきれいな作品。

島を越えて、珊瑚礁を越えて。
マウイと共に行く冒険、とでも言えば簡潔かな。

テンションが良くも悪くもディズニー。
ストーリー云々というよりは、とにかく高いテンション
>>続きを読む

ラフ ROUGH(2006年製作の映画)

2.0

やってしまった系ですね。
原作は知らないけど、なんと稚拙な映画か。
青春モノは王道やし、だいたいそれはそれで観れるんだけど。

笑えるデキです。
いや、好きな人はごめんなさい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

「最も崇高な芸術は人を幸せにすることだ」

王道ミュージカル映画。この手のミュージカル映画は苦手(といっても食わず嫌い)と思ってたのだけど、評判が良かったので鑑賞。

普通に良いやんけーー!ていう感想
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

4.2

出光興産創業者がモデルの作品。

強烈なリーダーシップと、決断力、そして仕事に打ち込む精神、、、時代を切り拓く人の教科書みたいな感じです。

個人的には「細かいことは気にするな、いいとこだけシンプルに
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.8

重たい映画です、いろいろ考えさせられる。

ほかの方のレビューにもある通り、最初は何が何だかよくわからなくて退屈。ラストに向かうにつれ、ストーリーがわかってくる感じです。

ウィルスミス(ベントーマス
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.7

脱獄犯と誘拐された子供の話。

2人の共通点のひとつはろくでもない父を持ったこと、と言い、父の愛情を知らぬ2人の距離がだんだん縮まる、、王道っちゃ王道のストーリー。

俺が殺したのは母に手を掛けたやつ
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.0

社会的な成功を収め、望むものは全て手に入れたジャックの物語。

もしも、昔の恋人と結婚していたら?

ウォール・ストリートの投資会社の社長
平凡だが家族のいる日々

もしも、●●だったら?

何が大切
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

2.0

最近、安定のドラゴンボール見てる。
が、これはなかなか、、、おかしな方向に進んでいるよーな、、、
プリン食べれなかった腹いせに地球破壊?おいおい!!

ベジータ、、、笑

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.1

良くも悪くもドラゴンボール!
世代にとってはなつかしのフリーザ。
なんというか、展開とか抜きにして
安定した作品ですね、ドラゴンボール。

悟飯のジャージが滑稽。笑

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.3

前作観てからの鑑賞です。

前作のインパクト強くて、続編のイマイチ感あり。前作のような爽快感というかテンポの良さがなかったような。

相変わらずな下品さとグロさを兼ね備えたヒーローコメディで、何にも考
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.7

最初はありがちなラブコメかよ、、、
と思いつつも、ゆっくりじわりと、ラストに向けて変わっていく展開は◎でした。

新しい命の誕生と引き換えに父親の死を認めるということ。
簡単に過去をやり直せるタイムト
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.0

たんたんとしてる。
これといって見所がないような、、、、

金曜ロードショーだけど。

てんびんの詩(1988年製作の映画)

3.5

営業の礎と言われ、会社で視聴。

近江商人の三方よしの意味がよくわかる。

鍋ブタを売る

何の特徴もないものを売る。
自分を売り込む、それが営業。

淡々と流れるサウンドが眠気を誘うが
思ったより面
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.5

頭の中の感情たちが、キャラクター。

喜びオンリーでは、本当の喜びはないってことですかね!

この世界観を創り出した発想はすごいなぁと思うし
別に面白くないとも思わないんだけど、

すっごくおもしれー
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

4.0

王道作品ですね、誰もが知ってるシンデレラの実写版。

実写になるとシンデレラってどうなるんかなーって感じで見てたけど

キャストがいいですね!

シンデレラは、なんというか完璧すぎないというか。素朴さ
>>続きを読む

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.8

娯楽作品。

心を無にして楽しめるので結構好きですねー。

あんなパチンコ、いややわ。笑

しかし相変わらず、濃いキャラクター演じるキャストは良い味です。

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.5

土曜プレミアムにて。

あるあるパターンな展開ではあるけど、それでいいんだ、こういう映画は。笑

それにしても鶴瓶、意外とハマリ役でないの?笑

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.7

エンタテイメント作品として秀逸。

役者のみなさまか持ち味を存分に発揮した映画。
キャスティングによって飽きることなく観れました。

しかし、香川照之は良い味出てるわー。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.3

天才数学者アラン・チューニングの実話。

結論、観て良かった作品。おもしろい。

ドイツの最強暗号兵器エニグマを突破したのがアラン・チューニング。

そしてその突破したマシンを、現在はコンピュータと呼
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

2.0

ベタな恋愛映画も観てて「?」だけど、
この映画はまったくわけがわからんかった。

なんか、ストーリーがチープというかなんというか。
軽いのか重いのか、なんか、、、、

スミマセン。

ドラえもん のび太の恐竜(1980年製作の映画)

3.5

安定のドラえもん。

なんというか、なんてことはないストーリーなのになぜこんなに安定感があるんだろう。

ピー助、かわいい。
そしていつもジャイアンはポイントでいいことを言う。

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.5

ディズニー?

完全にマーベルやろ、って思ったら、原作やっぱりマーベルなんかい!笑

なんかまったく事前知識なしでみたら、全く予想外のヒーローもの!!

ほんでもって、涙腺破壊。

なんだろうな、ベイ
>>続きを読む

インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン(2006年製作の映画)

4.0

プロフットボーラー、ヴィンス・パパーリの実話サクセスストーリー。

この手のは、なぜありきたりのストーリーでもわくわくしてしまうのか。
ダメ人間がのし上がるさま、下克上、サクセスストーリー、こういうの
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

4.2

オークランドアスレチックスのGMの話。

これはタイトルからも分かる通り、普通の野球映画ではないところが面白いところ。

要はマネージャーの視点。
どこのスポーツ界にもあると思う。資金力のある球団が、
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

評価が難しい作品だった。

とりあえずクレイジーなヒーロー、そして建て付けもめちゃくちゃなんだが、そこはマーベル作品、ある程度まとまってる。

好き嫌いは分かれそうな作風で、アイアンマンとかスパイダー
>>続きを読む

HERO(2015年製作の映画)

2.8

好きな人はゴメンなさい。

日本映画の、「拘って頑張ってる人には、みんなが共感して手伝ってくれる」的な、チームの素晴らしさを描く手法がいかにもな本作。主人公に魅力もない。キムタクって全ての作品が同じキ
>>続きを読む

>|