ず

007 スペクターのずのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.4
⑴冒頭の死者の日の長回しからOPにかけては過去最高かもしれない。祭りの絵としての良さはもちろん、死者が生き返る日ということでその後の展開も示唆していて良かったです。

⑵QやM、マニーペニーといった前作にも出ていたキャラにきちんと見せ場があることで、前作までの孤独かつシリアスな007と違った雰囲気があったのは好印象でした。

⑶レアセドゥの美しさが引き立ってました。唐突な展開で笑うけど、ボンドガールとのセックスなくして007は成り立たないよね笑。

⑷ブロフェルドの小物感が強いのが大きなマイナスポイント。人物としての葛藤や狂気が正直伝わってこなかった。ラスボスの弱さもあり、ストーリーにメリハリがなかったように思います。