アタラクシアの猫

トゥモローランドのアタラクシアの猫のレビュー・感想・評価

トゥモローランド(2015年製作の映画)
3.8
ディズニー近未来SFファンタジー。
フューチャーじゃなくて、トゥモローって言葉の選択が良い。

1964年NY。
フランク・ウォーカー君(10歳)
NY万博に自分の発明品のジェットパック(バッグパック・タイプの飛行用小型ジェットエンジン)を持参。
そこで出会うアテナちゃん。
「私はミライよ」と告げるアテナちゃんに導かれて、フランク君は近未来の都市へ辿り着く。

一方…
NASAのロケット発射台に忍び込んで解体作業を遅らせようとするケイシー・ニュートン。宇宙開発の夢の為、NASAの技術者の父の為、発射台の解体に大反対!
ある日、ひょんな事で手に入れた不思議なバッヂに触れると、麦畑の彼方に近未来都市が見える!
そこに現れた少女アテナちゃん。
アテナちゃんに導かれてケイシーが向かう先には…。

後半に登場する“モニター”の概念が少々分かりにくい。
ディズニーはスターウォーズを入手したので、オモチャ屋のディスプレイがスターウォーズのアイテムだらけ(笑)

アテナちゃんが可愛い。