トゥモローランドの作品情報・感想・評価

トゥモローランド2015年製作の映画)

Tomorrowland

上映日:2015年06月06日

製作国:

3.2

あらすじ

ケイシー・ニュートン、17歳。ある日、彼女の持ち物に見慣れぬピンバッジが紛れ込む。それは、彼女が夢見た世界へのチケットだった。ピンバッジに触れると、ケイシーはたちまちにしてテクノロジーの発達した未知なる世界に…。果たして、ここは未来なのか?だが、バッテリー切れと同時に、ケイシーは見慣れた世界へと引き戻されていた。 必死で夢の世界へと戻ろうとするケイシーの前に現れたのは、ピンバッジを彼女の荷物に…

ケイシー・ニュートン、17歳。ある日、彼女の持ち物に見慣れぬピンバッジが紛れ込む。それは、彼女が夢見た世界へのチケットだった。ピンバッジに触れると、ケイシーはたちまちにしてテクノロジーの発達した未知なる世界に…。果たして、ここは未来なのか?だが、バッテリー切れと同時に、ケイシーは見慣れた世界へと引き戻されていた。 必死で夢の世界へと戻ろうとするケイシーの前に現れたのは、ピンバッジを彼女の荷物に紛れ込ませたと言う、謎の少女アテナだった。その世界の名は“トゥモローランド”。再び訪れたいのならば、フランク・ウォーカーという男を訪ねるようにとアテナは誘う。アテナが人類の未来を託したふたりの人間、それこそがケイシーとフランクだった――だがそれは、壮大な冒険の始まりに過ぎなかった。

「トゥモローランド」に投稿された感想・評価

maruko

marukoの感想・評価

2.5
「ウォルトディズニー最大の謎」に惹かれ映画館へ。
半分くらい眠ってしまいました…
後であらすじネットで観て、あ、十分だ、と思ってしまった。
DVDのパッケージとあらすじで借りてみたら思ってたテイストと違って残念。
序盤から流し観した。
鮎

鮎の感想・評価

3.5
ロボット型人間最強説
もしも未来の世界があったならそこには絶対行きたくないな
ym

ymの感想・評価

2.5
終わり方適当すぎん?

微妙すぎる。微妙すぎる。

アテナが可愛い、それだけ。
ふーか

ふーかの感想・評価

3.5
近未来的な世界観にわくわくするだけじゃない、夢みることや環境問題への意識がしっかりある作品。
伝えたいことは子ども向けだけどちょっと難しいかも。

予告を昔にチラ見しただけだったから、もっと希望的で軽いファンタジー寄りのものかと思ってたら、がっつりSF色強かった。
あめり

あめりの感想・評価

2.5
ディズニーとジョージ・クルーニーのタッグで期待していただけに残念。途中までは面白かった。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
ディズニーらしい、未来・地球を大事にしましょうという話。そんな内容なのに流石飽きさせない。最初は子供騙しの様に始まり、途中のトランスポートやエッフェル塔からのロケットは楽しい。最後が締まらなかったかなぁ。
アテナ役のラフィー・キャシディの演技は見事だと思った。
MasterYu

MasterYuの感想・評価

2.7
上映当時の感想です。


トゥモローランドといえば、真っ先にディズニーランドにある同名のエリアを思い出しますが、何せそのエリアにはスター・ツアーズがありますから、スターウォーズファンとしても切り離せないところです。

さて映画本編ですが、事前のCMであったり広告から受ける印象というのがあると思いますけど、今回のストーリーはそうした宣伝から受けるイメージとは、私的にはかなり違うものでしたね。

これは先のBIG HERO 6(ベイマックス)と同じ印象操作です。

ウォルト・ディズニーが遺した謎という部分が宣伝ではかなり強調されていますけど、その辺りはストーリーに特には関係ない気がしますw

取っ掛かりが64年のニューヨーク万博で出展された「イッツ・ア・スモール・ワールド」であったり、異次元の世界が「トゥモローランド」という名であったりするというだけで、ディズニーに明白に触れるようなセリフも何もない。

私としてはディズニーが遺した謎を追っていくといったミステリ寄りのストーリーを予想していただけに、勝手に肩透かしを食らった気分。
予想していたものと違ったからといってもストーリーが面白ければまったく問題ないですけど、さてどうしたものか?w

ドンパチするシーンも多く、思っていたものと違ったストーリーであったが故のワクワク感は少しはあったものの、後半の展開に説得力が欠けているように思えたせいで不完全燃焼。

地球が滅ぶとかそういう展開に持っていくにしても、有り体な流れ過ぎて・・・・。

後半部分の方をもっと尺取って、前半部分を逆に簡略化した方がよかったのかなぁとも思います。

部分的に面白かったところは、オープニングのディズニーロゴ。
いつもはシンデレラ城のロゴが展開されますけど、今回はシンデレラ城の代わりに映画本編に出てくるトゥモローランドが描かれていました。

それと途中、SF関連玩具を扱っているお店が出てきますが、そこにはR2にストトル、そしてカーボナイト・ソロが置いてあったり。
スター・ウォーズのテーマも流れたりして、スター・ウォーズ完全にディズニーのモノになったということを象徴しているようでしたねw

キャストで気になったのは、ジョージ・クルーニーでもヒロインの女の子2人でもなく、ヒロインの1人ケイシーの弟役の男の子。

WOWOWでも放送されたエクスタントに出ているピアース・ガニォンという子で、凄い演技をするので感心していたんですよ。
その子がヒロインの弟役で出ていたので、驚きと共にこれからどんどん売れるんだろうなぁと思ったのでした。

と、ストーリーとは関係ないところでオッと感じたりもしましたが、全体的には低調な印象。

久々にクルーニーをスクリーンで観たのに、ちょっと残念でした。
ミ

ミの感想・評価

3.8
現実では絶対にありえない内容だからこそとても引き込まれた。夢を見ることの楽しさと大切さを教えてくれた映画だった。終わり方がとても好きだった。
Annie

Annieの感想・評価

3.1
夢のある人が凄いことをできるんだ。

途中から、吹き替えにしてみた!
SFは、これから吹き替えにしてみようかなって思う♡なかなか良かった!
ケイシー役志田未来ちゃんだった。

人が空を飛ぶ映画ってやっぱ楽しい😊
ワクワクしたしアテナが可愛かった。
>|