天狗

ゴーン・ガールの天狗のレビュー・感想・評価

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)
4.4
ロザムンド・パイクの演技に尽きる。

ワールド・エンドではちょっと老けたおばはんみたいになって、ボンドガールだった頃の魅力が無くなってしもたとがっかりしていたのですが、さすがに女優さんと言うのはまったく変身ししてしまうものだと。

「病み」を描けば右に出る監督なし?のD.フィンチャー監督が夫婦の闇を描いた本作は、
・しょせん夫婦なんて大なり小なりこんなもん
・ブラッド・ピットでは夫役がはまらない
・妹役、少し気になる

てなところでした。

ロザムンド・パイク凄いです。