たむ

ジャンヌ・ダルク裁判のたむのレビュー・感想・評価

ジャンヌ・ダルク裁判(1962年製作の映画)
4.1
ジャンヌ・ダルクの裁判記録の映画化で、一切の無駄を廃して、徹底的に記録していくような演出は、さすがにロベール・ブレッソン監督の凄みです。
『裁かるるジャンヌ』という極限的な映画がある中で、同じ題材を真っ向から描き出し、裁判のシステムそのものを告発して、粛々と火刑に処せられていく少女の無念さ。
カットバックする裁判官の恐ろしさ。
あくまでも記録の映画化なので、それ以前のスペクタクルなジャンヌ・ダルクの活躍などは、証言から想像する構成となっています。
だからこそ、ジャンヌ・ダルク裁判の狂気がより鮮明に表現され、すでに決まったことのようにお役所仕事されていくことが、何より恐ろしい映画です。