ジャンヌ・ダルク裁判の作品情報・感想・評価

ジャンヌ・ダルク裁判1962年製作の映画)

LE PROCES DE JEANNE D'ARC

製作国:

上映時間:65分

ジャンル:

3.8

「ジャンヌ・ダルク裁判」に投稿された感想・評価

前半はバナナマンのコントにありそうで、後半は死刑台に向かう足の力強さが良かった。あと犬
ロベール・ブレッソン監督が描くジャンヌ・ダルクです。無駄を徹底的に削ぎ落としたドライで客観的な映像表現が特徴的です。役者に演技を許さず、観客に感情移入を許さない。それがブレッソン流の映画ならぬ「シネマトグラフ」なんでしょう。

ジャンヌ・ダルクは日本人にとっては理解しにくい題材です。15世紀のフランス王国の軍人であり、オルレアンの乙女。百年戦争で荒廃したフランスの希望の光。しかし、それは19歳の少女。その英雄が敵対するイギリス軍に捕まってしまい、異端審問で火刑となってしまいます。

百年戦争の終結後に、ジャンヌ・ダルクの復権裁判が開かれ無罪となります。後年、ローマ教皇によりカトリック教会の聖人に列聖されます。異端として処刑された後に、無罪となり、聖人となる。しかし、肖像画も何も残っておらず、異端審問の記録だけが記録として残されています。ジャンヌ・ダルクの生涯のうち、この異端審問が映像作品として取り上げられることが多いのはこれが理由となります。この他に有名なのはカール・テオドア・ドライヤー監督『裁かるるジャンヌ』(1928年)ですね。

『裁かるるジャンヌ』と比べると、本作はかなりドライな印象を強く受けます。音楽がないのもそうなのですが、バストショットがメインなのに肝心な表情はあまり映さない。他には体の一部のクロースアップが多い。鎖につながれた手や足。撮影監督とそれで揉めたそうですが。モデル(ブレッソン監督はプロの役者はほぼ使わなかった)も感情を大きく表面には出さない。

すごくストイックな作品で、ジャンヌ・ダルク自体が日本人にはあまり馴染みがないテーマでもあるため、あまりお勧めはできません。しかし、ロベール・ブレッソン監督の特徴を理解するにはとてもいい題材だとも思います。

なお、本作は『田舎司祭の日記』(1950年)から続くベテラン撮影監督レオンス=アンリ・ビュレルとの最後の共同作業となります。
ジャンヌダルクについての予備知識ある程度ある方が見やすい。
本編60分ちょいだと知った時点でそうだろうなぁと思ってたけど、やっぱりブレッソン節だった
最後、死刑台へ向かって一直線に歩くショットが、それまで行われていた議論の平坦さを暗喩してる。横からジャンヌをつまずかせようと一瞬映る足が超スリリング。
1時間で裁判から火刑までを映し出す。この頃からブレッソンの手法は確立されきっていることに感動。確実な史実だけを参照したようだが、それがまた撮り方とマッチしていた。
ジャンヌ・ダルクの裁判を描いた映画🎬
足のクローズアップが印象的🤔

ダルクさん19歳やったのか。
終盤の緊張感は言うまでもなく😨
あのタイミングでワンちゃん🙄

印象的なシーン多いけど...
淡々と続く会話劇に気付けば
んごー😪😪😪😪😪(嘘です)
削ぎ落としに削ぎ落とした美。完全にスタイルを確立させたブレッソン。1時間強でまとめたところが流石。
ロベール・ブレッソン監督がシネマトグラフで描いたジャンヌ・ダルク。カール・TH・ドライヤー監督の「裁かるるジャンヌ」と同じくジャンヌ・ダルク処刑裁判が描かれている。

「裁かるるジャンヌ」が顔のクローズアップなら、こちらは足のクローズアップ。この関係でも分かるように、本作には「裁かるるジャンヌ」のような訴えかけてくるような強烈なインパクトは無いが、ブレッソン監督らしい切り詰めた省略美に溢れている。鑑賞者へ大きくアピールすることは一切無く、あくまでもあるがまま。シネマトグラフの自然体でささやかな魅力を味わうことが出来る。

このように両作の魅力は対照的。心に強く訴えかけてくるような強烈なインパクトの前衛的手法で魅せる「裁かるるジャンヌ」。余計なものを自然体まで削ぎ落とした省略的な手法で魅せる本作。どちらも素晴らしくて優劣はつけられないが、やはりブレッソン監督の省略的な芸術美は大好きだ。いつかまた観比べたい。
遊

遊の感想・評価

-
完全に平行線な議論を一時間観るというのが面白い
ハナから殺すつもりの教会が裁判を行っていて、被告が「神は自分を解放すると言ってる」だけで延々と続く、めちゃめちゃシリアスな史劇なんだろうけど、超シュールなお笑いでもある
BON

BONの感想・評価

3.9
第15回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞受賞作品。

実際の裁判記録を元に、コンピエーニュ城門前でブルゴーニュ軍の手に落ちたジャンヌ・ダルクが、英占領下のルーアンで尋問から火刑に処されるまでの過程を淡々と描く。

冒頭と終盤に鳴り響く不穏な太鼓音以外には音楽がなく、数少ないカメラアングルで画面は拘束され、シンプルで飾り気のないジャンヌ・ダルク演じるフロランス・カレの言葉を際立たせる。

ブレッソンはこの『裁かるゝジャンヌ』を否定し続けた1人であり、「真実のないとき、観客は虚偽に執着する。ドライヤーの映画の中で、ファルコネッティ嬢がまなざしを天に投げ、観客の涙を強要するあの表現主義的な手法。」と述べている。

ブレッソンのジャンヌ・ダルクは極めて「静」の比重が大きく、顔ではなく手や足の動作、神々しく感じる台詞が印象的だった。一方ドライヤーはジャンヌ役のファルコネッティの圧倒的な存在感が大きく、顔のズームアップなどの手法が強烈で前衛的。フロランスがベッドの上でじっと座っている静けさに対して、ファルコネッティは象徴的な藁の王冠を編む。

どちらも描き方は相反する映画でありながら、ジャンヌ・ダルクをテーマとした映画の中では双璧をなす傑作だと私は感じた。どちらも好きです。

ロッセリーニの『火刑台上のジャンヌ・ダルク』は、舞台を映像化し、ファンタジーの要素も強かったので比較が難しい。
>|