ゆっけ

新宿スワンのゆっけのレビュー・感想・評価

新宿スワン(2015年製作の映画)
3.5
(はじめに)つまらないわけではないのです。むしろ140分近くあるのに、飽きることなく観れることは素晴らしい。

しかし以下のような期待ハズレな難点もあり、そこまで評判は良くないです。自分も当初劇場で見る予定でしたがレンタルで観ました。

・園子温監督なのに、監督の個性が活かされていない
・原作の水商売における精神性が描かれていない

私は原作未読なので2点目は分かりませんが、以下の感想記事でもわかるように原作ファンには深さがない映画のようです。

→夜のおしごと大肯定 映画『新宿スワン』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
http://kagehinata64.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html

原作かなり気になりました。
この映画はおそらく、「原作→映画」という方よりも「映画→原作」という順番に観るように、映画を観て興味が持った人が原作を読むと非常に良い循環を生む映画だと思います。


ただ、配役が素晴らしいです!綾野剛がめっちゃかっこいいですよね。バカだけど真っ直ぐで人を惹きつける存在。
あの「うぉりやー!!!」っていうシーンが良いです。

山田孝之の裏っぽさと、陰湿な過去を持った感じもはまってます。
伊勢谷友介はかっこよすぎます。はい、ついていきたくなります。

MAN WITH A MISSION 『Dive』もかっこいいですよね!音楽と世界観がマッチしてます。
https://www.youtube.com/watch?v=YXMIpk9cIc4

水商売で働くこと。この映画では、良い悪いという深いところまでは描かれていません。そこで働く女性が、そこで働くということとその深層心理を主題としていないで、あくまでもそれを誘う男性側の視点で描かれているから。

水商売の話だとドラマの「お水の花道」が好きです。これはプロとして堂々とお仕事しているから共感できます。

『新宿スワン』の歌舞伎町の現実を見て、あんまり良い感じはしませんが、それでも不快な気持ちにさせないのは、やっぱり主人公のタツヒコの葛藤とその生き様を主軸にして映し出しているからだと思います。熱いです。

そういえば、沢尻エリカ演じるアゲハが持っていた絵本「まぼろしの王子様」。
星の王子様的で、タツヒコと似ていて、一緒に逃げるシーンが良かったです。最近『リトルプリンス 星の王子さまと私』を観たのでちょっと思い出しました。

いずれにせよ原作、最終巻の38巻が相当感動できるみたいなので、原作の漫画も読むことにします。

あ、とてもどうでも良いですけど、歌舞伎町でぼったくりにあったことがあるので、
私は歌舞伎町が嫌いです。(泣)