ヤックル

グリーン・インフェルノのヤックルのレビュー・感想・評価

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)
3.0
自分の価値観に基づき独善的な正義を振りかざす悪い意味で意識高い系大学生が食べられちゃう映画。
とってもワクワクしながらの鑑賞だったんだけど、蓋を開けてみたらそんなに満足感を得られませんでした。

何ていうんだろ、悪い意味で手堅いって言うか。
食人族に囚われてしまう過程にちゃんと理由づけがされていたり、ストーリー展開がすごいしっかりしてると思うんですよね。
普段ならこういうの誉めるポイントなんですけど、この映画に限って言えばそういうのを求めてなくて。
もうこの大学生達の傲慢な思考回路だけで喰われる理由としては十分なんだから、ただただ理不尽に掴まって、ただただ理不尽に喰われてほしかったなぁと思いました。

とは言え、お食事のシーンはさすがにテンション上がりましたけどね。
でも一番笑ったのはレシプロ機のプロペラだったりしましたけどね。