グリーン・インフェルノの作品情報・感想・評価

グリーン・インフェルノ2013年製作の映画)

The Green Inferno

上映日:2015年11月28日

製作国:

上映時間:101分

3.5

あらすじ

環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われて…

環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。

「グリーン・インフェルノ」に投稿された感想・評価

食人族のやりそうなことを全部やってる映画 意識高い系大学生への皮肉を込めた作品と聞いて好感度が上がった
いにょ

いにょの感想・評価

3.4
気がつくと最近ホラーやパニックばっかり。

主題的にはB級っぽいけど、B級っぽさはそんなに無くて言葉の通じない食人民族に対する恐怖感や描写がよく表現されてる。未開の民族マジこええと思った。大麻のくだりは絶対量足らんやろとかちょいちょい気になるところはあったけど、まあエンターテイメントとして楽しめた。

ある程度グロ耐性無いとしんどいかもです。例によって過呼吸になりかけましたね、ええ。
津島君と一緒に見ました。僕がユッケを食べれなくなったのはこれが原因です。
凪

凪の感想・評価

3.5
色が鮮やかなグロ映画。食人族すごい。人が食べられる続ける肉肉した映画。赤と緑。割と序盤でぐっちゃぐちゃになるのが見ていてスッキリした。色彩で審理を操られている感じ。監督が人を気持ち悪くさせる気持ち満々な感じが観ていて楽しい。ちなみに自分は食事をしながら見たが、あまりオススメしない。
意識高い系大学生がぐちゃぐちゃにされる。「映画」とか「演技」とかいう概念すら知らない本物のアマゾンの先住民が演じたらしくてリアルだった。けっこうちゃんとした映画で面白い。グロ耐性は必須。
とにかくグロい。エグい。そんな不謹慎ギャグ満載。

意外な奴が死ななかったり、予想以上にさっくり死んでくやつもいたり。

個人的にはマリファナ絡みのシーンがアホすぎて好き。

強制割礼されるの想像したら、、、
kurochi

kurochiの感想・評価

1.0
やっぱこういうのは無理だ。。
ホラーは好きだけどスプラッター系や拷問系は無理で本当にダメだこれは。
最初の調理のとこがもう見れなくて顔を手でおおって、むーーーーーーーーっちゃ薄目で見たけど吐きそうになった。
想像しただけで吐きそうやし、叫びがリアルすぎてさらに怖くなって顔の血の気引いた…。
話も気持ち悪さで頭に入ってこなかったし、最後もあまり納得出来なかった。

ホステルの監督と聞いて納得。
ホステルも史上最悪に気持ち悪くて無理だった作品。
グロいの苦手な人は見ない方がいい。
ただ、やばいのは最初の人が殺されるシーンやからそれ以外はスプラッター好き系の人には物足りないのかもしれない。
とにかく私は一生見ないし、この監督のは見ないことにする。
くわこ

くわこの感想・評価

2.5
人食い族に捕まった学生たちの話。

夢オチ…?
何だったんだろう。

グロ多め。
Kazuki

Kazukiの感想・評価

3.5
予告編見て、「絶対見ない」と思ったけど、結局友達と見ました。前半は普通に見れたけど、飛行機が墜落したあたりから、目を背け始めたって感じだった笑 一番グロいシーン頑張って見たけど、描写がリアルすぎて監督のこだわりが伝わった。 グロい映画にしては内容構成がうまく組み立てられてた…と思う!
だすと

だすとの感想・評価

3.5
記録

カニバリズム
そうとうグロいと聞いて視聴
村について最初の犠牲の食べられ方が印象に残った
主人公の女性のその後が気になる
>|