cocumi

365日のシンプルライフのcocumiのレビュー・感想・評価

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)
3.0
シンプルライフやミニマリストの本で
紹介されることが多いらしいこの映画。
最近、そんな本を読み漁ってる旦那が借りてきました。

まず、シンプルライフを始めようという人が
部屋にあった荷物を全て倉庫に預ける。

この時点でそれってシンプル??
隠してるだけじゃない??

っていう疑問が浮かぶ訳だけど、
これは実験的な話なので
深く考えちゃいけないはずと言い聞かせながら観てました。

最後の最後で

本当に必要なものは100個くらいで
更に100個追加するとしたら、
それは生活を楽しむための100個だ。

みたいなことを言っていて。

このプラスαの100個って、
実はとても大切なんじゃないかなと考えさせられました。

これがあるから、趣味や性格や考え方が形成されて
その人は魅力的になる。
そう思うわけ。

「大事なのはモノではない」

この言葉の意味は
観る人によっていろんな意味に捉えられるはずなので

見終わったあと、
モノが増える人もいれば
モノを減らす人もいれば
そんなことに捉われずに生活しようと
心に決める人もいるはず。

シンプルライフ、憧れるけれど
ある程度柔軟に対応できるシンプルさを
もっていたいね。

そして、彼は友人たちに恵まれてるよ。