365日のシンプルライフの作品情報・感想・評価・動画配信

「365日のシンプルライフ」に投稿された感想・評価

この映画はね〜、微妙でした。

最初の実験?みたいなのは面白かったんだけど、だんだん雲行きが怪しくなっていった笑

冷蔵庫の話もよく分からんまま終わったし、
おばあちゃんが入院して家売るから欲しいものあげるって言われてるのにもらえないっていうのも???だった
売る方がアレじゃない...?と思ったんだけどスウェーデンでは感覚が違うのかな

あと、彼女と知り合ったみたいなのもよく分からんし、そもそも主人公の顔が全然好きになれなかった最後まで

二度と見ない
mio

mioの感想・評価

4.5
最近自粛で断捨離に目覚めてて、本やらYouTubeやらを見てたら、この映画にたどり着いた。
他のミニマリスト達は不要な物をどんどん減らしていくけど、この人は一度部屋を空っぽにして1日に1つだけ持って来る。
捨てればいいって事ではなく、1つ1つ物の本質を見抜いていく(絶対マネは出来ないけど)

祖母の言葉、祖母のモノをもらう所、最後の主人公の実験してみての感想とか色々考えさせられるシーンもいっぱいあって、めちゃくちゃいい作品でした。
本当に必要なのはものよりも人と人

部屋見渡したら、小さな変なのたくさんいて、
なくても生きていけるけど、
でも小さなものってお守りだったりするから、物集めは、やめられないな〜と思う

でもいらなくなったものとかは捨てずに買わずに、リメイクがすき!
とてもいい映画でした。
モノは人生においてただの小道具。
持ち物を全て預けて毎日1つずつ必要なものを取り出して生活していく実験を初めて、モノの本質に気づいていく。モノが溢れている現代だからこそ必要な気づきですね。
所謂ミニマリストのようにものを減らすことに着眼があるのではなく、モノがない状態からモノの有難みを感じつつ、モノで人が幸せになるわけじゃないと気づいていく流れが良かった。
これ観て断捨離欲が湧いたという人多いみたいだけど、生きてて無くちゃ困るものしかない状態って恐くないですか。“なくてもいいけどあった方がいいもの”が毎日を救ってくれるし。
ハル

ハルの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

視聴しました。
大量のモノに囲まれながら生活を送ってきたある男が、彼女に振られたことをキッカケに、自身の持ち物を全て倉庫に一旦預けて、一年間、毎日一つずつ取り出しながら真に生活において必要とされるものについて見つめ直すお話。なんかユーチューバーや意識高い系の学生なんかがやってそうな企画だよね(笑)思想としては少し前に流行った、所謂“ミニマリスト”に近いのかもしれない。
起承転結の薄く、どちらかと言えば物語というよりドキュメンタリーチックな内容で(今確認したら普通にジャンル『ドキュメンタリー』だった)、ストーリーとしては余りにも平坦なので、齧り付くのではなく、何か作業しながら見る方が丁度いいかもしれない(俺は齧り付いてたら最後ら辺で寝落ちした)。ただし英語ではないので、吹き替えでない場合字幕を追う必要がある。
奇特な生活を送る主人公への周囲の人間のリアリティのある反応が良かった。あとスタッフロールの小憎たらしい演出が好き(笑)

このレビューはネタバレを含みます

壊れたものを新しく買うのはだめなんかなあ 物増やしてるわけではないし 自分にとって何が必要か考える目的であればそれは問題なくない? そこでなかなか悩んでたから疑問だった おばあちゃんの物もらう時もそうで、そういうのって必需品とは限らないし思い出の品を手元に置いとくのは別だと思うなあ こんなだから自分は物多いです
としき

としきの感想・評価

3.5
毎日今日は何を持ってこようかって考えるの楽しそう。だけどできんなー
必要な100個、楽しむための100個
BGMが良い、Timo Lassy
なんかおばあちゃんに会いたくなった
空っぽの部屋に佇む全裸の男…
パッと見だと完全なる変態です。

モノと幸せを考察する体当たり実験!
①持ち物全てを倉庫に格納
②1日一つずつモノを取り出し
③365日実行
④その間、モノの購入禁止

パンツを履くまでが最初で最大のクライマックスだと思ってましたが、掴みはOKで最後まで引き込まれました。
(パンツって意外と必要無いんだ…🤭)

私たちはモノに支配されている。
机があるから椅子も必要になる。
モノがあるから壊れたり、盗まれたりする。
TVやスマホは楽しくて便利だけど、膨大な時間を奪われる。
モノが溢れていても、心は満たされない。
本当に必要なモノはどれくらい有るのだろう?
利便性だけを追求したシンプルライフには、
[思い出の品]とかは無駄なのか?
人とモノについて、なかなか考えさせられました🤔
ご紹介いただいたフォロワー様に心から感謝申し上げます!
😊
🙏キートス!
しゅn

しゅnの感想・評価

5.0
ものに溢れた生活をしている自分にとってはセンセーショナルな映画

人生に必要なものはだいたい100個で、その次の100個は豊かにするため
人生はものでできてない

ささるな〜〜〜
レンタル倉庫借りて荷物片付けます

おばあちゃんとの関わり方もよく、終始流れるBGMも合間って好きな作品でした

それにモキュメンタリーだと思って途中から見ていたのに見終わった後色々調べてみるとドキュメンタリーという・・・。
>|