taisan

きみはいい子のtaisanのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.3
子供に関わる仕事をしている人や子供の親である人には是非観て欲しい。

教育現場やママ友集会、児童一人一人の性格、保護者からのクレームなどがリアルで先生としての立場からも子供を持つものとしての立場も考えて観れた。

子供に手をあげるシーンは観ていて辛かった。
愛し方を知らないまま大人になり親になっていくと自分の子供にどう接したらいいのか分からなくなる。子供に暴力をふるってるなんて誰にも言えないし、どうしたら良いのか分からなくなって1人で抱え込んで葛藤するのは胸が痛くなった。
先生の立場としても新任一年目で現場の右も左も分からない状態でクラスを任されて保護者からのクレームや児童からの批難を浴びさせられながらも自分なりに頑張る姿を観て先生という職は一筋縄ではいかないと思った。