きみはいい子の作品情報・感想・評価・動画配信

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

白波

白波の感想・評価

4.0
プライム・ビデオ鑑賞
観ている間ずっと色々考えさせられ、ちょっと辛かったです。
只々、子どもの事を抱きしめたくなりました。
ラストは当事者・傍観者それぞれがちゃんと向き合い、そこから一歩踏み出すよう。
このカットにはすごい救われた気持ちになりました。
辛いけどちゃんとそこに向き合った、とても素敵な作品でした。
Zoya

Zoyaの感想・評価

3.9
宿題のとこ、実際に役者の子らがしてきたのかな
とりあえず私も実家に帰ったらいつもより強めに抱きしめてもらおう
家の中って本当に見えにくい
ここで目立って描かれなかった子だって内で何を抱えているかわからない
でも教師も親もスーパーヒーローじゃないし
どうしたら皆んな平和に生きられるんだろう〜

ミナミ子ども教室のできる前の話、西成高校の先生の話を思い出した
親も子も、みんな、

「きみはいい子」

なんだよ

「大丈夫。大丈夫だからね。」

ギュゥーーッ

の力は偉大なり。

2022 # 53
macha

machaの感想・評価

4.0
映画としてはよかったけど、観るのしんどい。
怒鳴られたり、叩かれたりするの見てられない。
障害がある子に対してのおばあちゃんの言葉が泣けた。
それにしても最近の小4てこんなに生意気なの?!
ナン

ナンの感想・評価

3.7
映画の中での設定が現実世界の実態でもあるのだろうけど、どうにか少しは解決の要素が欲しかったな
ミタチ

ミタチの感想・評価

3.5
邦画のこう小さい切り取り好き
優しくなりたいね、忘れがちだけど
Chiii

Chiiiの感想・評価

2.8
親の子供に対する虐待への法的措置等が日本はぬるすぎて全くダメだと思っている。この映画では、課題だけが出されていて解決法が伝わってこない。もっと社会全体で考えて動くべき問題。
☆mixi過去劇場鑑賞レビュー転載計画(フォロワーさんに便乗編)
…ゆっこさんに便乗。2015年7月15日 立川シネマシティで鑑賞。


桜ヶ丘という街で……小学四年のクラスを担任する新人教師は、子供たちを取り巻く現実を初めて直視していく。……四歳の女の子を虐待してしまう母親は、自己嫌悪の中で絶望していく。……認知症気味の独居老人は、自閉症の少年との出会いを機に、幸せを実感していく。〈子供〉という存在に、大人はどう向き合うか。深いテーマに挑んだ意欲作ですが、エンターテイメント映画としても完成度は高いです。互いにつながりのないエピソードの移行もスムーズで違和感を感じません。ただ、いじめられている清水さんのクダリが尻切れなのが残念点かなと。ラストの神田くん〈さん付けには抵抗あり!〉の家ノックで終わったのを不完全燃焼と感じる人もいるでしょうしね。「そこのみにて…」にやや劣るってとこでしょうか。しかし今年の邦画の中ではベスト級ですし、正直、けっこう泣いてしまいました。オススメ!!


➖➖➖

…ターミネーター新起動とハシゴして観ました。ターミネーターの微妙な出来にモヤモヤしてたので、余計に本作が秀作に見えた可能性も。高良健吾がすごく巧かったですよね。
子供を育ててる人、みーんな尊敬する。やっぱり母親はきっと一番大変だし、もちろん父親も、家族も、そして学校の先生も、ちゃんとした気持ちで人を育てようとしてる人はみんなすごいよー。

抱きしめて優しい気持ちが伝われば、その子もまた優しい気持ちで人に接することができる、というのは本当そうなんだろうなと思った。

池脇千鶴はこの映画でも超役者、演技うますぎ、ほんとその人にしか見えない。
子供たちの自然な感じも良かった。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

明日の食卓に引き続き、また子育てが大変な描写がある映画を観てしまった、、、。

明日の食卓もだし、motherもだけど尾野真千子ってこういう虐待してしまう母親役多いのかなぁ。しかもそれがどれもリアルで恐ろしいんだよね。
高良健吾演じる新米教師も、一生懸命なんだけどどこかずれててなんか違うんだよ。虐待疑惑がある子供の服を無理にめくろうとしちゃだめだよ…。
喜多道枝演じる認知症に怯える老人は、おばあちゃんが認知症の自分からすると本当に身近でどれだけ大変か知ってるからこそその怯えがよくわかるし伝わってくる。

みんなそれぞれ大変で、大人だって優しく抱きしめられたい。
大人だって強くないし、誰かに優しく抱きしめられるだけで心救われたりする。コロナもあって人と人との繋がりが希薄になりがちな現代だからこそ、改めてそういうものの大切さというのが身に染みる。

あ、けど尾野真千子の娘は今後救われるのかなってことは気がかりだった。
>|

あなたにおすすめの記事