きみはいい子の作品情報・感想・評価

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

群像劇です。でも子役が変に上手いので僕はなんだか生意気に感じてしまいました笑
演出が時々客観視なものが多くちらばりすぎてだれ目線で見ればいいのか。ちょっと、謎
のぶ

のぶの感想・評価

5.0
自ら虐待を受けて育ち、子供に虐待をしてしまう母親
いじめや学級崩壊に悩まされながら、虐待児童を守ろうとする教師認知症の老人と発達障害の児童とその母親の交流

それぞれが孤独の中で、どうにかしようと苦しんでて
そんな人たちの苦悩を、静かに支えているような、すごく優しい描写

虐待を受けながらも、母親の元から離れようとしない娘の気持ちに同調しちゃって、すごく胸が締め付けられて
もしかして、子どもは、母親からの愛情を求めているだけじゃなくって、愛し方が分からない母親に、身を以て愛情を教えようとしてるのかな
moe

moeの感想・評価

3.8
本読んで→映画
GEN

GENの感想・評価

-
すべての子供と親が幸せになって欲しい
織田

織田の感想・評価

3.9
ネグレクトをテーマにしているが極端に見えて現実的。
様々な家庭環境を描き出したことでドキュメント風なタッチに。加部亜門くんが上手い。
http://eiga.weblog.to/archives/13725108.html
Yuri

Yuriの感想・評価

3.7
虐待が連鎖していく様。
助けを求めても夫は海外に、心許せるママ友もいない。

そしてコントロールが効かず子供に手を上げてしまい陥る自己嫌悪。SOSを出していたのは子供もだがその母親もだったように見えた。

先生の出した宿題。
宿題発表の時の子供達の素直な感想がとても素敵でした。そのシーンだけドキュメンタリーぽく撮ってあり、アドリブのような会話のやり取りが繰り広げられる。

このシーンをみて、この映画を観て本当によかったと心から思いました。

親のことを嫌いな子供なんていない。親からの子への愛は永久で絶対なんて言うけれど、子供から親への愛ほど強いものは無いのだろうきっと。
May

Mayの感想・評価

2.9
記録
stream

streamの感想・評価

4.0
高良健吾に腹立つ、うまいのか、うまいということかコレは。

高橋和也の演技(というかもはや生活)はずーっと見ていたくなる。

近しい人以外の誰か、にフッと優しくされたら気持ちブワッと溢れ出ちゃう崩壊しちゃうときあるある。
>|