Yuuna

きみはいい子のYuunaのネタバレレビュー・内容・結末

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます


みんな真っ直ぐで苦しい。

小学校の中の雰囲気の再現度がすごい。ママ友同士の雰囲気もすごい。ひとつ何か起こると、まるで重大な事件が起きたみたいに騒ぎ立てる。それが、募りに募ってずーーーーっと爆発寸前みたいな状態になるのが描かれてる。

岡野先生がすごく良い。初任らしく、全力でぶつかってるのもすごく良い。教室の中が一旦ざわつき始めたらなかなか直りにくいはずなのに、宿題として出した、家族に抱きしめられてくること!が教室の雰囲気を変えていく。子どもたちに、家族に抱きしめられてどう思った?って聞いていくシーンは涙腺崩壊する。教員が子どもたちを救おうとするのには限界がある。悲しいけど、踏み込んではいけない領域もある。それがちゃんと示されていて良かった。

ひかるくんママは、序盤ちょっと嫌味だなぁと思って見てたけど、結局こーいうママが周りを救う気がする。こんな母親になれたらいいなぁなんてぼんやり思った。大人になればなるほど、気づいても言えないことばっかりな気がする。

原作読了済。原作も良かったけど、映画も良かった。心があったかくなる作品。それでいて、すっきりするわけではなく、問題提起された部分が全て解決していないところもこの映画の良さだと思う。子役の子どもたちの演技力が凄まじい。笑 キャスティングはベストだと思う。

人に向き合うこと、ちゃんと伝えること、ってほんとにほんとに難しい。けど、難しいからって投げ出したくない。