きみはいい子(2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:121分
    監督
    呉美保
    脚本
    高田亮
    原作
    中脇初枝
    キャスト
    高良健吾
    尾野真千子
    池脇千鶴
    高橋和也
    喜多道枝
    黒川芽以
    内田慈
    松嶋亮太
    加部亜門
    富田靖子

    「きみはいい子」に投稿された感想・評価

    後半一時間、号泣。
    見終わったあとに、パッケージ見るだけでまた泣けてしまう。
    見てられない、目を背けたくなるシーンも多々あり。

    「あの子、私の真似して抱きしめて背中ポンポンってするの。私があの子に優しくすれば、あの子も他人に優しくするの。子供可愛がれば世界が平和になるわけ。母親って凄い仕事でしょ!」

    大人だって、母親だって、先生だって、子供だって、それぞれ悩んでるんだよね。

    高良健吾が出す宿題も、池脇千鶴と尾野真千子のシーンも涙腺崩壊。
    何かが起こったとしても、誰かが少し関わるだけで、救ったり救われたりする可能性がある。

    大切な人をしっかり抱きしめられる大人になりたい。

    追記
    高良健吾が出した宿題への子供達の答えは台本ではなく、子役達の言葉らしい。すごい。
    丁寧でいい映画だったと思う。自分は子どもを育てたことも、接することも全くないから共感はできなかったけどいつかこの映画を思い出す時があるかもしれない。
    メインの役者陣がそれぞれのキャラクターと立場で凄く光っていた。
    みんな誰かの子どもなんだなあ。
    人の幸せって?
    「ご飯を食べて、お風呂に入って、布団に入って、お母さんにおやすみって言ってもらうこと。」
    普通のことやけど、こんな日常のことが普通にない世界でそんな幸せを求めることが難しい。特に子どもにとってそれは本当に難しいこと。
    人と違うことは誰にでもあるかもしれないけどそれが辛くて生きづらくしていて、でもそれをそっとわかってくれて抱きしめてくれる人がどこかにはいる。
    現代の子どもは本当に愛情を受けることができていなのが伝わってきた。

    こんなことは社会の中でいっぱいあってそれぞれの人の中で話は続いている。ラストシーンで訪ねた家の子もいじめられてた子もまだまだ解決していない、この話は終わることはないんやと思う。
    さまざまな悩みを抱えた人がいるある街でのお話。
    子供というのは本当に大変なのであろうと思わされた作品だった。どうやって育てればいいのか、愛せばいいのか。もし自分に子供ができたらどんな風に育てられるのだろうと考えさせられた。
    高良健吾が自分のクラスの児童の悩みや彼女の悩みが一気に押し寄せた時に、姉の息子ががんばって、がんばって、と抱きしめながら背中をポンポンとしていたシーンがとても忘れられない。そのあとの尾野真千子が慰められるシーンも。後半はほんとうに涙だった。
    抱きしめるというのは本当に重要なことなんだなって感じた。
    R
    2017/05/06
    4.2
    ド深夜に観たのがそもそも失敗だったし、ストーリーの生々しさで小学校の暗黒期を久々に思い出してまじ吐きそうになった。

    先生が出したハグの宿題は神田さんのお父さんが変われる最後のチャンスだったんかなって、逆に虐待してた母親はハグで愛情を知って少しずつ変われたんかなって、自分なりに解釈した。

    DVの連鎖を断ち切るのは難しいなとつくづく思うしそれを諭した池脇千鶴の役がすごいはまり役だった。あともし自分が小学校の先生だったらさぞかしストレスたまるだろうなー笑とか
    って深夜テンションで書いた
    児童虐待をテーマにした映画です。

    3つの話が同時進行で進んでいきます。
    ・父親に虐待されている子どもと向き合う担任の先生
    ・自分の子どもを虐待している母親
    ・障がいを持つ子どもと関わりをもつおばあさん

    昨今の小学校の先生って大変とはよく聞きますが、そりゃ一人でも大変なのに30人も相手にするのは相当。子どもといったって1人の人間ですしね。侮りがちですが、子どもという1人の人間とどう向き合うかってどんなことなのか、って少し考えさせられます。

    虐待する母親。
    結構自分が虐待経験がある人がそのまま自分の子どもを虐待してしまうケースあるみたいですね。
    尾野真千子さん演じる母を抱きしめてくれたママ友のように、複雑だけど昇華させられればいいんですけど。

    独居のおばあさんの描写が結構切ない。
    ちょっとのミスが意外なところにつながって驚きました。

    邦画を久しぶりに観ましたが、洋画と違ってすごくカッコイイセリフがガンガン出てくるわけじゃないんだけど、複雑な、表現し難い描写を出すのが上手だなと感じました。
    痴呆のおばあちゃん
    新任教師
    子供にDV

    ささえあったり
    皆、悩んで頑張って生きてる

    抱きしめてもらう宿題
    池脇千鶴よかった。

    ずっとあやねちゃんの泣き声が耳から離れない
    友達の母親にうちの子になる?と言われて本気で嫌がるあやねちゃんのシーンが子供の心理を1番表現してる描写だと思う
    現代の日本の子どもを取り巻く問題が、いろいろな角度からリアルに映し出されていました。個人的には、自閉症児役の男の子が素晴らしかったと思う。光とともによりもリアルでした!
    あとは、高良健吾が宿題を出すシーンは涙涙でした!
    多くの人に見てもらいたいです
    キャッチフレーズと題名で泣く。
    俳優さんが全員良い。

    高良健吾って、
    あんなキレイな顔してるのに
    本当に頼りなく見えたり、
    ほかの映画でも頭悪そうに見えたり、
    普通の人に見えるのがすごい…
    尾野真千子、池脇千鶴、高橋和也、
    いい。

    池脇千鶴役の優しさ。
    他の誰かが
    たくさんのおもちゃで遊ばせてくれても、
    壊れた靴を直してくれても、
    ベビーカーおさせてくれても、
    お母さんが、いいの。
    そんなシンプルな事が見えなくなってしまった、また過去から見え方がわからなかった母親へ、
    目の前で娘の口から、身体から、
    お母さんがだいすきということが二回。ううん、もっとたくさん、いつだって全身で。

    自分は息子に対してどうかな?
    自分の息子だからって、
    言っちゃいけないことしてないかな?
    (してる)
    自分の息子ということに、
    甘えてないかな?

    物語は淡々と進み、
    終わった直後は正直「もっと泣けるやつかと思ってた」と拍子抜けしたんだけど、
    思い返す今、
    大事なものを大事にしようとじわじわ来てる。

    抱きしめられたい
    子供だって、大人だって。
    本当だな。
    みんな、いいこ。
    >|