MUMUKUN

きみはいい子のMUMUKUNのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.4
観賞後、少ししてから気付いた。ラスト、あの子は学校を休んで来なくなっちゃったけど、どうしてなんだろうか?
ズル休みとかじゃないだろうし。
あの子はきっと、先生と約束した宿題が出来るまで、家で勇気を出して必死に頑張ってるんじゃないだろうか。先生はそれにハッと気付いて、自分も勇気を出さなきゃと思って、走り出したんだろうな。

一番好きなくだりは、お婆さんの一件。
インパクトが凄くて、そこだけで高得点。
スーパーで働いてる母親の気持ちも重なって大号泣。
思い出しただけでも泣けてきます。

小津安二郎の作品にあるような素朴な日常。
そこに潜むダークな部分。
話が進むにつれて、この空気感の構築の凄みが分かってくる。
この監督にはぜひホラー映画作って欲しい。