岡田ゴズリング

ヴィヴィアン・マイヤーを探しての岡田ゴズリングのレビュー・感想・評価

3.7
イメージフォーラムにて鑑賞。
ドキュメンタリーとしては平々凡々な出来に感じる。
アイディア自体が抜群のフィクションみたいで、この企画で脚本を書いたらプロデューサーにすぐ通りそうな、そんな、出来すぎな話。
だが、このヴィヴィアンマイヤーという人の撮る写真はマジでいい。
「写真はセレクト」
撮られた膨大な写真の中からどの写真をチョイスするか。ということがかなり重要になるために、セレクトした人物のセンスにもかなり依存していることは確か。しかし、それにしても並々ならぬ写真を撮る人であることは一目瞭然であり、真の魅力はその一点に尽きる。そんな映画に感じた。