ヴィヴィアン・マイヤーを探しての作品情報・感想・評価

ヴィヴィアン・マイヤーを探して2013年製作の映画)

Finding Vivian Maier

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:83分

3.8

あらすじ

奇跡は、あるアメリカの若者が、オークションで手に入れた写真をブログにアップしたことから始まった。2007年、ジョン・マルーフというシカゴ在住の青年が、オークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。その一部をブログにアップしたところ、思わぬ反響があった。熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられたのだ。ところが、その撮影者の名前をネットで検索しても一件もヒットしない。ヴィヴィアン・マイヤー。確かに、聞い…

奇跡は、あるアメリカの若者が、オークションで手に入れた写真をブログにアップしたことから始まった。2007年、ジョン・マルーフというシカゴ在住の青年が、オークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。その一部をブログにアップしたところ、思わぬ反響があった。熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられたのだ。ところが、その撮影者の名前をネットで検索しても一件もヒットしない。ヴィヴィアン・マイヤー。確かに、聞いたことのない名だ。謎は深まる。月日は流れ、その2年後の2009年に、彼女の名前を再ひ検索したところ、今度は奇跡的にヒットした。だが、それは、彼女が数日前に亡くなったという死亡記事だったのだ。ついに彼は彼女の所在を突き止め、彼女を知る人物とのコンタクトに成功するが、意外な事実を知ることになる。彼女の職業は、写真家ではなくナニー(乳母)。15万枚以上の作品を残しながらも、生前1枚も公表することがなかったという。ナニーをしていた女性がなぜこれほど優れた写真が撮れたのか?なぜ誰にも作品を見せなかったのか?謎はさらに深まっていく―。謎の女性写真家の発見に至るまでを描いた奇跡のアート・ドキュメンタリー!

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」に投稿された感想・評価

ヴィヴィアンマイヤーは15万枚以上もの写真を撮っていながら一枚も公に発表していない。
ましてや現像すらしていないものもある。
もし監督がオークションでネガを落札しなければどうなっていたのだろう。

あまり社交的でなかったヴィヴィアンは謎多き女性。
遺品や生前関わりのあった人たちから話を聞き彼女の人物像や人生を辿る。
そこが少しミステリーっぽくて冒頭から引き込まれた。
何より彼女の写真に惹きつけられた。
素人目には詳しい技法なんてわからないけど、彼女の写真はクールでリアリティがある。
というのも、彼女が主に使用しているカメラがヴィジュアルポスターでも首から提げているRolleiflex。
このカメラは目の前で構えず、胸の前あたりで上から覗き込む形で撮影されるから下からのアングルが多い。
子どもが大人の些細な表情を逃さないように、マイヤーのカメラもその自然な表情が現れる一瞬を切り取る。

この映画を見なければヴィヴィアンマイヤーと出会うことはなかった。
知らないことは存在していないのと同じ。
とはよく言うけれど、本作はまさにその通りだと思った。

50/2017
ぎゅっとへの字に結んだ口元、深い孤独と闇。他人とうまく接することのできない彼女が、唯一他人と共鳴し合えるのはファインダー越しの一瞬だけだったのかな。それほどまでに彼女の写真は魅力的で、ユーモアと悲哀、様々な感情を刺激される。美しいと感じた瞬間そのままを焼き付けた膨大な量の写真。ずっと見ていたい。
oskyut

oskyutの感想・評価

3.8
何気なく観たら超良かったドキュメンタリー。

オークションで落札したフィルムの写真を現像したらすごく良くて、持ち主の事が気になって調べたら亡くなったヴィヴィアンマイヤーという女性だった〜みたいな導入から始まり、ほぼ関係者のインタビューで終わる。
多くの関係者が主観でヴィヴィアン像を語っていって、それがバラバラだから惹かれるし、多角的に輪郭が出来ていくようで面白い。
本人に話が聞ければ聞いてるんだろうと思うけど、それが出来ないから輪郭がボヤけてて、実像は余白がある状態に留まってる。
なんとなく彼女がどんな人かわかるくらいでちょうど良い。

写真は素人目に見てもストリートスナップで距離が近いのに自然だったりする。すごい。
当時はカメラを持って街中をウロつく人なんか少なかっただろうし、写真を撮られるなんて思ってなかったから自然なんだろう。
誰が見ても状況がわかるくらいストーリー性があるのもすごい。

そのすごい写真をSNSで公開したら評判が広まって〜ってくだりがあるけど、そこは何か違和感がある。
そこから話が始まるし、こうして映画にもなってるけど、監督はアーカイブしただけなんだ。
労力はすごいけど、ヴィヴィアンマイヤーの魅力だったり写真の素晴らしさが作品のキモな訳で、監督はただ他人のふんどしで相撲をとってるように見える。
SNSから火が付くのは今っぽいけど、他人の作品で評価を得ようとするこの映画の手法も、パクツイを彷彿とさせる点では今っぽい。
故人のものでやってるのも狡猾だ。
冒頭でヴィヴィアンマイヤーの名前を検索して数日前の死亡記事がヒットしてるけど死ぬのを待ってこの部分を撮影したんじゃないか。
何せパクツイを映画にまでする奴だからな。
なので、ヴィヴィアンマイヤーについてはドキュメンタリーとして観るけど、監督の言動についてはフェイクドキュメンタリーとして観た方が良いかもしれない。
なつ

なつの感想・評価

4.0
公開時観たかったのに観てなかった作品。

調べれば調べるほど謎めいた人柄に惹かれていく過程も面白かったけれど、それ以上にヴィヴィアンの写真の数々が本当に素敵で写真集を手にとって見たいと思った。
◯ムラ

◯ムラの感想・評価

3.2
社会人6年目にレンタルで。

ひとりの無名な写真家に光があたるという現象自体は興味深く、作りも綺麗だったので海外のドキュメンタリーは格好いいなあと思いながら鑑賞。何よりインスタブームに逆行するようなヴィヴィアンの写真がいい。

しかし後半から面白さが半減したような…
何故だろう。

一人称語りが主張し過ぎるタイプでそれに飽きたのか、
80分という尺の問題か…

ヴィヴィアンが抱える闇のパートに向かうのが急過ぎたような気がする。
余計なコメントやテロップが入らず、インタビュー主導で切り替わっていく海外ドキュメンタリーは格好いいのだが、たまに展開が急過ぎてついて行けなくなる時が…

一長一短だなあと思いながらエンドロール。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.5
【写真好き必見のドキュメンタリー』
ゴッホは生前に800枚もの絵を描いたが売れたのは1枚だけだった話は有名だ。

似たような話は、現代にもあった!
ある写真収集家が、とある白黒写真に惹き込まれ、調べていくうちにヴィヴィアン・マイヤーの作品だと分かる。

駄菓子菓子、彼女は既に他界。無数の作品があるにも関わらず、生前1枚も社会に発表していなかった。

本ドキュメンタリーは、そんな彼女の作品を美術館に発表するまでの過程を通じて、アートと著作権の関係、アートと人生の関係を炙り出していく。

単に、ヴィヴィアン・マイヤーの悲惨な生活を明らかにするのではなく、「実は彼女は作品を世に魅せたくなかったのでは?」「写真作品はどの工程までを含めるのか問題」といったアート作品で度々問題になる社会制度やモラルについてしっかり議論していく。意外とそこまで掘り下げている作品は少ないと思っているだけに良かった。

私の写真も誰か発掘してくれ!
ざ

ざの感想・評価

-
いまのところ、わたしの命とともにある芸術は
絵 藤森静雄
写真 ヴィヴィアン・マイヤー

わあいまこの瞬間!わたしの眼がカメラだったらいいのに収められたらよかったのに‪この瞬間・空間・時間、生死間をみんなと共有できたらいいのに、と思うことは日常に多々あるがなかなかできないできるもんじゃない、のを、すべて写真に完璧なタイミングと構図をトリミングしてしまうミラクルファンタスティックアメイジングナンテコッタアーティストに出会ってしまった!シマッタ!出会ってしまったのだわたしの感性をまんまくりぬき取る人間に!(おこがましいとはわかっているが)
この感動は続いている、この人の写真をみるたびに…

多くを語らなかった人間に多くの人間がその人について語る、このドキュメンタリーはひとつの映画のようでわたしの感情をぴりぴりさせた
彼女の人生に触れてしまい、罪悪感も少なからず生まれてしまったことに罪悪感を覚えました。なんといっていいかわからないわね、でもつたわるよねこのきもち

とにもかくにも、一生大事にしていくよあなたの写真が好きなこと
写真界のアウトサイダーアーティスト。
知らない人に近づいてって、抜群のタイミングでシャッター切れるなんて、ほんととんでもない感性。
現像所の息子のリアクションが秀逸。
彼女の為にアウトサイダーフォトグラファーってジャンル作るべき。
やまだ

やまだの感想・評価

3.7
むむむ。何に惹かれてるんだろうか。知らない人の見たことのない写真なのに。写真と人物像のギャップ?でも本人のエキセントリックな話はちょっとネガティブさが多いしな。不思議な感じで不思議と心地良い。

好き→出さなかった手紙。現像所の息子さんの表情がグッとくる。この手紙で全部OKになった気がするな。
だ

だの感想・評価

4.3
珍しいを通り越して"奇異"
謎多き彼女なんだけど、関わった多くの人たちからこれだけ話が出てくるんだから相当印象深い人物だったんだろう。みんな彼女の才能には薄々気づいてたんじゃないのかな。

日本で写真展やってほしいなぁ。
>|