ヴィヴィアン・マイヤーを探しての作品情報・感想・評価

ヴィヴィアン・マイヤーを探して2013年製作の映画)

Finding Vivian Maier

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:83分

3.8

あらすじ

奇跡は、あるアメリカの若者が、オークションで手に入れた写真をブログにアップしたことから始まった。2007年、ジョン・マルーフというシカゴ在住の青年が、オークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。その一部をブログにアップしたところ、思わぬ反響があった。熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられたのだ。ところが、その撮影者の名前をネットで検索しても一件もヒットしない。ヴィヴィアン・マイヤー。確かに、聞い…

奇跡は、あるアメリカの若者が、オークションで手に入れた写真をブログにアップしたことから始まった。2007年、ジョン・マルーフというシカゴ在住の青年が、オークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。その一部をブログにアップしたところ、思わぬ反響があった。熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられたのだ。ところが、その撮影者の名前をネットで検索しても一件もヒットしない。ヴィヴィアン・マイヤー。確かに、聞いたことのない名だ。謎は深まる。月日は流れ、その2年後の2009年に、彼女の名前を再ひ検索したところ、今度は奇跡的にヒットした。だが、それは、彼女が数日前に亡くなったという死亡記事だったのだ。ついに彼は彼女の所在を突き止め、彼女を知る人物とのコンタクトに成功するが、意外な事実を知ることになる。彼女の職業は、写真家ではなくナニー(乳母)。15万枚以上の作品を残しながらも、生前1枚も公表することがなかったという。ナニーをしていた女性がなぜこれほど優れた写真が撮れたのか?なぜ誰にも作品を見せなかったのか?謎はさらに深まっていく―。謎の女性写真家の発見に至るまでを描いた奇跡のアート・ドキュメンタリー!

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」に投稿された感想・評価

話の出発点は興味深かったけど、ドキュメンタリーの作りとしては少し退屈。特に後半はずっと周りの人からのヴィヴィアンの話だけだから曖昧だったり誇張したり捻じ曲げられてそうな気がして、自分は話半分に聞いてた…

ドキュメンタリー見てていつも思うのはめちゃ昔のこととかもみんなよく覚えてるな〜ってことです。自分が例えば小・中学生の頃の友達のエピソードとか聞かれてもそんな覚えてない笑 「え〜そんな昔のこと忘れましたよ…自分のことで精一杯でしたから…」という感じなんだけど、みんなそんな覚えているものなのか…!!
あと、人から見た自分って全然違ったりせん…?友だちによく私の印象とか聞くけど「えっわたしってそういう人なんだ〜(ほんとは全然違えよ)」と思うのは私が天邪鬼なだけ…?たしかに人は人との繋がりで生きている訳なのだが、本人がどう考えていたかとかは結局本人しかわからないよなぁと。、。

ヴィヴィアンマイヤーさんはこんなドキュメンタリー作られて勝手にやいのやいの言われて怒ってるかもね…でも死んでしまったからにはもうどうしようもない🙄

彼女の作品はとても美しかった、これは一見の価値あり!
あとヴィヴィアンさんの自撮りのうまさに圧倒された笑
SuzukaArai

SuzukaAraiの感想・評価

4.7
今の行動は過去の経験からきてることが
わかった。

周りの目を気にせずに
まっすぐ自分のやりたいことを
最後までやり抜けた彼女には憧れる

けど、自分のやりたいことをやるって
一見聞こえがいいけど
ゆってしまえば、自分勝手ともいえる。

モノクロだからこそ
見る側の想像力が働いて
より一層深みがあるようにみえる
これほど澄んだ感性の写真はあまり見られない。
乳母での生涯でよかったのか、フォトグラファーとしての生涯を歩めたのではないか。
色んな思いが交錯するドキュメンタリーでした。
田上

田上の感想・評価

-
凄まじい人生。
遺産が示す様々な事実にただただ驚かされるばかり。
言葉がない。
1本の映画、1人の人間が抱えるにはあまりにも大きな想いに圧倒される。
世間へのセンセーショナルな登場の仕方と相まって、みんなで束になってかからないと解けないほどの人生の質量がこれだけ世界を動かすことになった理由なのかな。
みんな「ヴィヴィアン・マイヤーとは?」を確かめに来るわけで、誰かを知ろうとすることは自分の人生をも見つめ直すきっかけになる。
そうやって人々をその作品で繋ぎ合わせた功績はとても偉大だと思います。

人間っておもしろい。
O

Oの感想・評価

4.5
カメラを構える女性の写真に惹かれて。
何回見てもハッとさせられる写真だった。人と違う視点を持っていて新たな基準となりうる何かを感じる。ヴィヴィアン・マイヤーのドキュメンタリー。
見つけ出してくれた青年の奮闘ぶりにただただ脱帽。

何気なく観ていたら何年か前に気に入って保存していた黄色い服を身に付けた3人が揃ったストリート写真が出てきたので驚いた。

亡くなってから脚光を浴びるなんて、
彼女を知る人の話によると知れば知るほど奇妙で誰も彼女の本質を理解しようとしていない、今となっては知る術もないけど。でもなぜか魅力的でとても引き込まれるんですけど。

乳母をしていて、孤独を好み、恐らく家族はいない。恋愛もせず、子供もいないが母のような存在。
他者からの見え方と写真から見える彼女の
姿に戸惑う。。。

彼女の写真は人間を理解し包み込み、遊び心を添える

ストリート写真家は外交的だけど内向的

あるエピソードでは彼女が乳母をしていた時に子供が車にはねられた時も写真を撮っていた。彼女にとってはチャンス!であり、次元が違うのだと。

新聞が好きで心温まる記事には無関心で、人間の愚かさが露呈した事件を好んで読んだ。

生きる事の不条理や人間の負の側面を写している

全てが謎に包まれている。
素性を明かすことなく、誰に見せるわけでもなく、写真を撮り続けていた、そこに何があったんだろう。

自分の持つ知性と物事を見る力を隠していた。評価される事を望んでいなかった?

途方もなく孤独で風変わりな人ではあったのかもしれないけど、人が見過ごすような事に目を向ける彼女の視点、人が手に入れたいと思うステータスとは無縁に生きてきた事、ユーモア、それが知れて良かった。写真もっと見たいな〜
YellTao

YellTaoの感想・評価

4.5
作品との出会いは世界との出会い。
写真との出会いは、人との出会い。

私の、ヴィヴ作品との出会いは、Pinterestでの一目惚れ。
胸の位置で構えるローライフレックスの、その角度が絶妙ーー。
優しさ、威厳、悲哀、隙、そしてユーモア。
人の営みの一瞬や、その光と陰を感じる。

ヴィヴがナニーとして世話した子ども達、元雇い主、唯一の友人、晩年のご近所さん。
彼らの証言で見える、とても風変わりで閉鎖的で謎めいてたヴィヴは、小説より奇なり。

愛を渇望しながら愛と距離をとったヴィヴ。
写真家ジョエル・マイエロウィッツのコメントに感動ーーー。
愛さずにいられないのには理由があった。納得。
まりん

まりんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ノンフィクションタッチで、フランス訛りの女性が残した、膨大な写真から人生を紐解く物語
結婚もせず、子供も作らず、変わり者と言われてもなお、写真を撮り続けていた彼女。
その写真は非公開で、誰の目にも触れずに 忘れられるべきところを1人の青年がひょんなきっかけで、掘り出していく
人間の悲哀と、成功者になるには、何かひとつ押しが足りなかった彼女の弱い部分って何だろうって考えさせられた
カメラと一緒で、孤独は友だちであってさ、彼女はしあわせな人生を歩んだのかもしれないと想像するしかないが、おもしろい映画だった
没後に大量のフィルムが発見され、世間に評価された写真家を追うドキュメンタリー映画。ヴィヴィアン・マイヤーの写真は一枚一枚が力強く、“もっと見たい”と素直に思わせる。一枚の写真から見える被写体の性格、生活、そのすべて。常軌を逸しているフィルム本数や、周囲から「変人だった」と言わしめる性格からして、写真を撮りたいから撮っていたのではなく、生きるために撮っていたのではないかと思います。彼女の母もカメラを持っていたということだから、家族を渇望する気持ちがカメラに向かっていたのかもしれない。もちろん、ほんとうのところは誰もわからないのですが。
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.0
ドキュメンタリー映画、今の記憶上初めて見た👀

全く写真を公表しなかった一人の家政婦が、死後に見つかった写真から注目されてくんだけど、この人まじ謎すぎて…

え、何この人…
ってなる

いい人だったのかと思いきや、怖って思ったり

なんか、嫌われ松子の一生見てる気持ちだった!

面白かった!!!

ヴィヴィマイの写真見たい🤳
ドキュメンタリーの質はともかく、
ヴィヴィアンマイヤーの写真をじっくり観たくなった
>|