アルパカ

ディーン、君がいた瞬間のアルパカのレビュー・感想・評価

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)
4.2
24歳という若さで交通事故で亡くなったジェームズディーン。彼を知ることができたというだけでも非常に価値のあるものだった!
そして彼を演じたデインデハーン。相当な役作りだっただろう。特段顔は似ていなくても、雰囲気や声が「これがディーンなんだ」と感じさせられた。
見たことがある写真がいくつかあり、あの有名なタイムズスクエアの写真はあんな風にできたのかと少し驚いた。
写真というものがその時を生きた証拠になるというのは本当なんだなと思った。観てる側もこの映画一瞬一瞬が大切に思えた。そのくらい撮り方にもこだわったのだろう。いい映画に出会えた!!