ディーン、君がいた瞬間の作品情報・感想・評価・動画配信

「ディーン、君がいた瞬間」に投稿された感想・評価

MakJohn

MakJohnの感想・評価

3.3
主人公とジェームスディーンの実話に基づく物語。ジェームスディーンファンは必見なのでしょう。

なんで、若くして亡くなる偉大な人って壊れやすそうで悲しい表情なんでしょうか。

ジェームズディーンについて予習しておけばよかった。
そしてなかなかに珍しく邦題がいい気がする
ジェームス・ディーン主演の『理由なき反抗』が物語の中で絡んでくるので、予習がてら観ておいてよかったかな。

有名なタイムズスクエアでの写真撮影の経緯とか、主演作の舞台裏なども知れて興味深かった。過去にジェームス・ディーンを演じたジェームズ・フランコも好きだけど、デイン・デハーンも寄せようと頑張ってた!
希望

希望の感想・評価

-
ジャズベースがかなり使われてて哀愁漂う
ハリウッドシネフィルには堪らんだろうけど、まだまだ勉強不足でした
スターになる前の個性的で繊細な才能ある役者と、野心があるこじらせている写真家。記憶で見たことのあるジェームスディーンの写真が蘇る。デインデハーンのイメージに違和感があり、違う人の話を見聞きしている気持ちがぬぐえなかった。が、後半は作品のなかに取り込まれて、一人のムービースターをめざす若者の短い人生のひとコマを見せてもらっているような気持ちになった。映画業界になじめないで、それでも演じることが好きで、一人で苦しんでいる。当時のアメリカの都市部と田舎のそれぞれの雰囲気が心地よかった。
森

森の感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気はすごい好きなんだけど間がありすぎてつまらない。
ぼやっとしすぎてて何を描きたかったのか分からなかった
mahjong

mahjongの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジェームズディーン

フラフラしていてマイペースなのに大勢の前では暗い。
純朴さと都会っぽさの二面性があり、惹き込まれる人物なのは共感。




-オーガズムを感じるごとに死に近づいている-

-君の今後は偶然の産物じゃない-
ジェームズディーンにめちゃくちゃ興味を持った。物静かで品のある佇まい。嫌味ぽくてシニカルだけど、愛があって脆くて傷付きやすい。デインが演じてるだけで本人ですらないのに、もう好き。超好き。エデンの東と理由なき反抗は絶対に見る。

デインデハーンもパティンソンも良かった!全体の雰囲気も良くて好みな作品だった。
oba

obaの感想・評価

3.2
ジミーが帰りたかった安らげる故郷とは単に場所のことを指すのではなくて家族や牧歌的な空気に触れて自然な表情をできる環境のことで、デニスが最終的に収めた写真たちはそこにいるジミーを撮れていたってお話。
初めはカメラマンの自分と父親の自分を分けて考えていた故のストレスに悩まされていたデニスが息子とカメラの話をしていたのが何か一歩踏み出せたような示唆として良かった。
デイン・デハーンくん目当てで見たものの彼が美しい以外はインディアナも普通の雪の村って感じだし都会の喧騒や権力社会をsageて牧歌的な雰囲気をageるよくある話で普通だった。
せい

せいの感想・評価

3.5
予告編の雰囲気が好きで、ずっと見たかった作品。
ジェームズ・ディーン自体は名前くらいしか知らなくて、この作品で初めて知ったと言っても過言ではない。
実際に動いているディーンを知らないのでアレだが、彼の見た目や仕草、喋り方が、これは人を惹きつけるな…と思う華を感じた。
これはデニスも写真撮りたくなるのも仕方ない。
ただめちゃくちゃ電話かけるし家にも来るし、押しまくってるのが凄いなと思ったけど 笑
最後、ディーンの誘いに乗ってドライブへ出掛けていたら、何か変わったのだろうか。
>|

あなたにおすすめの記事