ちひろ

キャロルのちひろのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.1
電話が切れた後になって、会いたいの、たまらなく、と言ってしまうテレーズの、届いていないとわかっていながら口に出さずにはいられない気持ちが痛いほどわかる。

人はみんな作家だ。っていうのはいい言葉だ。
恋する相手は異性って誰が決めたんだろうな、ってはじめて思いました。

美しくて、でもその美しさをわかるためにも少し大人になってからでないと見れない深い映画。
少なくとも以前のわたしにはたぶんこのよさはわからなかっただろうと思う。
ワインやテーブルランプの赤さがすごく残る。