ロボロッタ

サヨナラの代わりにのロボロッタのレビュー・感想・評価

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)
3.7
とことん明るくラストでさえ希望に満ちたモノだった『最強のふたり』とは描き方が違うようだ。少しの明るさを見せながらしっかり病気に向き合う演出で、比べるつもりはないが昨日観た『チョコレートドーナツ』より今日はガッツリ泣いてきた。
コレ選んだのはジョシュ•デュアメルが観たいから。そのジョシュは予告見る限りクソ野郎設定で早々にフェードアウトも匂わせる雰囲気だったがちゃんと最後までお話には絡んでて安心した。
前半にちょいちょい主演女優ふたりのエロ目線なトコがあったりするが、ヒラリー•スワンクとエミー•ロッサムにはピクリとも反応しなかったので物語に集中出来る最適な配役で非常に助かった。あとだらだら説明的なシーンが無くて雰囲気で、でも解り易いという演出には好感が持てた。