サヨナラの代わりにの作品情報・感想・評価

「サヨナラの代わりに」に投稿された感想・評価

八咫

八咫の感想・評価

3.0
何となく覚えてるけど全部3で
脚本
美術
演技
演出
チープ感のなさ
満足度
その他(音楽、カメラワーク)
『最強のふたり』や『世界一キライなあなた』など、患者と介護人の関係を描いた作品は色々ありますが、その中では本作が一番自然に友情を描けていました(とは言っても、本作でも患者は大金持ちの設定ですが)。

『オペラ座の怪人』ではあんなに可憐だったエミー・ロッサムが、
誰とでもヤリマンの女子大生という、これまでの役柄とは真逆な役だったので、名前を見るまで誰だか全く分かりませんでした。
そして、ALSという自発呼吸も出来なくなる難病に侵されている役に、ヒラリー・スワンク。
やはりこの人は、難しい役に挑むのが好きなんでしょうね。
堂々と演じていて、安定感がありました。

本作は、『最強のふたり』の様に無理に笑わせようとしたり、とって付けた様な友情ではなく、
また、本作の介護人ベックのキャラクターを、『世界一キライなあなた』の様な暑苦しい感じではなく、普段はだらしなくてヤリマンの女の子なのに、心は素直で正直で非常にきれいな子、という風にしたお陰で、
ケイトとベックの関係が対等であるという事に、より説得力が出ていたと思いました。

本筋と関係無いですが、ベックの彼氏?役の男優さん、毎回映画で見かける度に、マーク・ラファロに似てるな。息子さんなのか? と思ってしまうんですが、たぶん全然関係ない人なんでしょうね。
作品の評価を押し下げた安い邦題

邦題だけ見ればありきたりな恋愛物語と勘違いしそうだが原題はYou're not youでYou're not aloneでもYou're just not youでもない。君は君だという単純な言葉だがそこはかとなく深い原題でもある。
どうでもいい話だがヒラリースワンクはメイクなしでも猿の惑星で主役を担えそう。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.0
ケリーは強い女性だなぁ。ベックはただの遊び人かと思ったけど、根はいい人なんだよ。自分を見てる人と付き合いなさいと。最後の言葉はよかったよ。
JG

JGの感想・評価

3.8
この手の役はヒラリー・スワンクはナンバーワンかな…見事に泣かされ、深く考えさせられた。
澪

澪の感想・評価

4.5
キムタクのインスタから。
真逆に思えたケイトとベックが仲良くなったのは、ふたりがお互いを想い合うことの出来る本当に心から優しい人同士だからだろうと思う。ケイトとベックが愛おしくて仕方がない。

自分を見てくれるひとを自分も見れるようになりたい。
号泣した。
ラストが切なすぎる。
ケイトを演じてるヒラリーさんの演技が上手すぎる!
akira1024

akira1024の感想・評価

4.0
主演の2人、ヒラリー・スワンクとエミー・ロッサムが凄く良かった。ストーリーもエンディングのエミーの歌にも感動した。
まゆげ

まゆげの感想・評価

3.7
まさに女性版「最強のふたり」。
本来なら相容れないはずの二人が仲良くなっていくストーリーにやっぱり私は弱い。
ケイトを支えてあげたいと思うベックの気持ちもわかるし、大切な人だからこそ今の自分の姿を見られたくないと思うケイトの気持ちもわかる。
生きていく中で、こんな風に深く信頼しあえる相手に出会えたら幸せなんだろうな。
N

Nの感想・評価

2.5
ALSか、、、。まだまだこの病気を知らない人が多いだろう。わたしもなんとなくしかわかっていなかったけど、本当に可哀想だった。。 あなたの病気は治りません、これから悪くなる一方です。 だなんて言われたら希望も何もない。考えただけで絶望だ。 映画自体はそこまで面白いと思わなかったが病気のことを知ることができただけでも良かった。
>|

あなたにおすすめの記事