maya

ブリッジ・オブ・スパイのmayaのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
3.3
劇場内にはレディースデイなのにおじさん、おじいさんがたくさん。内容、時代背景のせいでしょう。
地味な展開でジワジワ進むので、はじめの方は退屈だったけど中盤〜後半にかけてはトム頑張れ!と応援する気持ちに。
アメリカ側の人質のおじさんのキャラクターが良い。
そしてなんといっても、トムハンクスにしか出せない味わい、人柄、辛い局面でもクスリと笑わせてしまうおとぼけ感。
安定のトムハンクス。
スピルバーグとトムハンクスのタッグ!ということで見ると、往年の名作と比べたらどうしても期待値を超えない気がする(私の場合は)ので、そこは気にせずトムハンクス主演の映画を見るという気持ちで鑑賞。
やっぱりトムハンクスはすごいと思えた映画でした。