ブリッジ・オブ・スパイの作品情報・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ2015年製作の映画)

Bridge of Spies

上映日:2016年01月08日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交…

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできた男が、米ソの戦争を食い止めるために全力で不可能に立ち向かっていく!

「ブリッジ・オブ・スパイ」に投稿された感想・評価

もちろんつくったであろうシーンも上手く流れの中に混ぜ込んであって緊張感が途切れないすごくいい映画でした。
これは傑作でしょう!
社会派でありながら しっかりとエンターテイメント。ハラハラドキドキ たまにユーモアもあり。素晴らしすぎます。
見終わった後も どこか 清々しい気持ちにもなれます。
mikio

mikioの感想・評価

3.3
あの交渉術が本当に羨ましい
ダメと言われても深く突き詰めて、解決の糸口を見つけ出していく

冷戦時の話なので、緊張感があり飽きることなく観ることができた
Mai

Maiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます


序盤の静かなシーン構成には、「最後までこの緩やかな感じで進むのかしら」と、深夜の鑑賞ということもあり欠伸を堪えていたが、いい意味で期待を裏切られた。

主人公が交渉の難しさに直面するあたりから、映画のテイストがガラッと変わる。
橋の上での最大の山場では、思わず手に汗を握る程の緊張感。最悪の事態が起こってしまったら、、、と静かな映画の一方で心臓ばくばくの私。

ド派手なドンパチも無く、血も流れないのに、対立関係にある2カ国間の緊迫した交渉が繰り広げられる。
まさしくCold Warを描いたスピルバーグの表現力に脱帽である。


…….トムハンクス可愛いなーーーー!!
KOU

KOUの感想・評価

3.8
監督スピルバーグ、脚本コーエン兄弟、、、そりゃ面白いよ、、。

実話に基づいたスパイ引き渡しの話。
スパイって文字を見ると全体的にド派手なアクションを想像してしまいがちだが、今作はしっとりとあまり明るい描写はない。

にも関わらず、クスッとしてしまう所やスパイ交換の臨場感など映画的盛り上がりはしっかり突いているので、流石だなぁと思わざるを得ない。

壁を越える少年たちの描写はキツイなぁ、、トムハンクスの演技力。素晴らしい。
jucson

jucsonの感想・評価

3.9
スピルバーグ&コーエン兄弟&トムハンクスとか、反則だろ。笑
どれか1つだけでもヒット確実なのに3つ揃えたらつまらないわけない。
しかも実話物。舞台は冷戦時の米国とソ連のスパイに関するもの。

異常なハードルな高さから入ったからか、最初の1時間くらいの穏やかな展開に退屈をしてしまった。。笑

ただ、後半の盛り上がりはさすが。
スパイ交換に向けて、家族にも極秘の任務に就く民間の弁護士のアツさ、仕事や人質に対する責任感が凄い。
その役を演じるがトムハンクスだからなお引き込まれる。

ソ連スパイのアランとの、
ジム「不安はないのか?」
アラン「役に立つのか?」

この会話が後になってからジワジワと痺れてくるな。
かっこいい。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

4.8
ソ連からのスパイが米国で捕らえられた。そのスパイの弁護を引き受けた弁護士。だが、冷戦だったためソ連と米国は一触即発状態。それは世界の平和に影響する任務だった、、、。

主演はトム・ハンクス。監督はスティーブン・スピルバーグ。脚本はコーエン兄弟。
何ですかその顔ぶれと言わんばかりの豪華。

冷戦を取り扱っているため終始重たい感じが凄くある。彼のやろうとしている事に家族が巻き込まれていて、父として、そして市民として彼の選択が迫られている。弁護士という名誉ある職業がとんでもないリスクを引き起こしている事がよくわかる。

テーマが重たく長丁場だがスピルバーグ監督作品になるとノンストップで見続けてしまう。メンツが凄かったからかなぁ。
片手間で観てしまった、、、
けど、いい映画だったと思う。
所々よくわからないところもあったけど、国から要請されるほどの交渉人って素晴らしすぎる!命をかけて戦地に向かうなんて、とても出来ることじゃない。
音楽🎼担当の
トーマスニューマンさん
好きでした💗


ラストの家族のリビングシーン
ピアノ🎹メインで良かった💓🙆




好きな台詞は

『不安は?』
『役に立つか?』


これ3シーンくらい出てきてたね🚬



あとは
トムの

『気にするな
人がどう思おうと
自分が確かなら』


痺れたね💓😆 ヒューヒューだよ💓👏



2018/1/14(sun)👧🏠
Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.6
厳しい場面でも、自身の信念を貫く。派手ではないけれど、渋くカッコいい。でも、すごく難しい生き方。
>|