ブリッジ・オブ・スパイの作品情報・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ2015年製作の映画)

Bridge of Spies

上映日:2016年01月08日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交…

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできた男が、米ソの戦争を食い止めるために全力で不可能に立ち向かっていく!

「ブリッジ・オブ・スパイ」に投稿された感想・評価

Naori

Naoriの感想・評価

4.0
終始緊迫した雰囲気で、物語が進む。大国の圧力に負けず信念を貫いた弁護士の姿が素晴らしい。トムハンクスは本当に安定している。マークライランスは、格別。
ジャケだけみてロード・トゥ・パーディションみたいなかんじ?と思ってたんですが全く違いました。実話に基づく映画あんまり好みじゃない気がしてるんですがこれは好きでした。
最後の最後まで気が抜けない映画で、アメリカソ連の超大国の狭間で苦悩するトム・ハンクスがいい。
当時壁の向こうは別世界というのが上手く描けていました。
エルナ

エルナの感想・評価

4.6
この映画観て気がつきましました…私、伝記もの弱いです( ノД`)。

弁護士のジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)。このおっさんがかなりのイケメソ!!
渋さとユーモアのあるトム・ハンクスらしい役でカッコいいんです。やり過ぎなくらい…。

カット割りと展開はとてもシンプルで内容の割にとても観やすい‼︎‼︎



うん。…世の中平和が一番。
ai

aiの感想・評価

4.0
カメラについての知識がないのですごく抽象的になってしまうけど、昔のカメラってフラッシュ破壊的だし、撮るたびに電球?のようなものを消費する構造なの?床にたくさん落ちているのに衝撃を受けた。

ドイツ関連の映画は結構観てきたけど、ベルリンの壁を建ててるシーンを観たのは初めて。
ただドイツ人の男の子たちに追い剥ぎにあったのに、you know.. spy thingsって!どんな言い訳だよ(笑)
ちょいちょいトムハンクスが挟むジョークにクスッとなりつつ、人質を交換する時のシーンとかは緊張感が張り詰めていて引き込まれた。さすがと言わざるを得ないトムハンクスの安定感のある映画。
東ドイツ、西ドイツに別れていたときのスパイの引き渡しのお話。

よくできていたと思います。
トム・ハンクスも難しい役柄を演じて大変だったかと思いました。
YuheiOmori

YuheiOmoriの感想・評価

5.0
国とか国家は自分勝手で人の命をどうとも思わない実利主義。アメリカはめちゃめちゃ表面的に繕ってる。ソ連もアメリカも変わらない。あと、マスコミに操られてコロコロ態度を変える国民もクソ。
トムハンクスは静かで冷静で信念を貫く姿がカッケェ。
ベルリンの壁を乗り越えて射殺されるシーンの後にアメリカでは元気に子どもが移動しているシーンが印象的。
あと、ソ連はコインの中に機密情報を、アメリカは毒針を入れて考えてること一緒。
国家に忠誠を尽くして何も喋らなかったスパイが国に帰ると歓迎されない皮肉。
アメリカのことしか考えてない政府の関係者にアメリカ料理を大量に食わせてやるのいい。
憲法が成立しないとアメリカという国家の存在に意味がなくなることを言うのいい。

アベルの死ぬことを恐れず表情を変えない国家のスパイを演じたマークライランスがすげぇ。トムハンクスに見せる本心もいい。
nicol96

nicol96の感想・評価

4.0
冷戦の張り詰めた空気感がビシビシ伝わってくる時点で出色なのに、トム・ハンクスも捕虜役のマーク・ライランスも、むちゃくちゃ渋くてシンプルにカッコイイ。
米ソ単純構造だけでなく東独の思惑も絡んで、複雑化した緊張感が終始続いて、その最中の町並みの感じとかも、冷戦を知らない世代の自分からすると飽きないものだけど、それらを取っ払っても最後の捕虜交換のシーンは傑作です。
ブラボー、ストイキームジック!
ヒーロ

ヒーロの感想・評価

3.9
全米国民から敵視されながらも、秘密裏にアメリカ人の捕虜を2人とも交換で取り戻して見せた姿はかっこいい
13

13の感想・評価

3.6
緊張感がはんぱない。そして、あ〜って、こんな感じでベルリンの壁が出来てしまったのかと。
ソ連のスパイの人が振り返ったその哀愁?がすごかった。たまらん切ない。
>|