ブリッジ・オブ・スパイの作品情報・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ2015年製作の映画)

Bridge of Spies

上映日:2016年01月08日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交…

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできた男が、米ソの戦争を食い止めるために全力で不可能に立ち向かっていく!

「ブリッジ・オブ・スパイ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

トムハンクスは渋くて良いおっさんやなと思った。のしか覚えてない。
冷戦期の状況がすごくよく伝わって来た作品。最後まで諦めない心と相手を思う気持ちの大切さを教えてくれたやつや〜。
ちろる

ちろるの感想・評価

4.1
スピルバーグ✖︎トム ハンクスの安定感ある仕上がりでオープニングの静かなシーンからラストまで無駄のない重厚感のある構成が素晴らしかったです。
時は冷戦、スパイ狩りに躍起になっていくアメリカが見つけたのはブルックリンに住む老いた画家アベル。
アベルを法廷裁判にかけ死刑にする為に形ばかりの弁護を依頼されるドナヴァンがアベルとの絆を繋いでいく人間味あふれる葛藤と決断がまさしくトムハンクスらしい役柄でした。
タイトルにもなっているブリッジ オブ スパイのブリッジとはドイツにあるグリーニケ橋は東西ドイツのスパイ交換に使用されたと言われる運命の橋で、ここを舞台にするラストの国同士の心理戦はこのただならぬ緊張感は見応えがありました。

とにかく寝たいんだ!
普通の米国人男性がこんな緊張感いっぱいの交渉劇を繰り広げていくとしたら確かに一睡もできるはずはない。
家帰って死んだように眠りにつくドナヴァンのシーンはなんだかすごくグッときました。
愛犬家

愛犬家の感想・評価

4.0
トム・ハンクス映画にハズレなし

人のいいユーモラスなおじさんなおじさんやらせるには、まさにこの人

世界規模の出来事に巻き込まれながらも、普通の電車で家まで帰るシーンが最高に良い
Pharaoh

Pharaohの感想・評価

-
59 これは戦争なのだ
戦闘は起きていないが
情報による戦争だ
内容もタッチも好みのものではないんだけれど、さすがスピルバーグ、最後には感動しちゃうんだもんなあ。鏡や枠を使った撮り方も感心してしまう。地道な仕事人はカッコいいね。
NuTs

NuTsの感想・評価

2.8
難しいシーンもあったが程よく面白かった。自分、家族も危ないけど人情ある弁護士の勇気と能力がよかった。すごくハラハラ…という訳ではなっかた。
AmiSakai

AmiSakaiの感想・評価

3.8
ほぉーーーってなる。結構好き。
アメリカ人側が作ったんだろうなって脚色がすごめ。
やまと

やまとの感想・評価

3.5
16年9月24日
【ブリッジオブスパイ】
細かい仕草も様になるトムハンクス、演出も流石のスピルバーグ
難しい内容と世界背景が分かりやすい構成だった

不安か?それは役に立つのか?よい
優秀さを会話の中で魅せるさすがの脚本
最後の列車からの風景と妻と抱き合うシーンで胸にグッときた。
自分の信念を曲げない不屈の男はとにかく早く仕事を終わらせて眠りたかったのである。国籍も目的も外聞も関係なく自分のクライアントと仕事に対して全力。冷戦と交渉の緊張感。スピルバーグ×トムハンクスの映画外れなし説
>|