ブリッジ・オブ・スパイの作品情報・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ2015年製作の映画)

Bridge of Spies

上映日:2016年01月08日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交…

世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。 アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年〜60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできた男が、米ソの戦争を食い止めるために全力で不可能に立ち向かっていく!

「ブリッジ・オブ・スパイ」に投稿された感想・評価

なんとなく、スパイ容疑がかかるともっと酷い扱いを受けるのかと思っていたのだけど、割とそうでもないのか。裁判もせずに問答無用で情報吐かせたら始末するのかと思っていた……。ちゃんと交渉材料として使うこともあるんだね。

弁護士は大変な仕事だなあ。現代でも明らかな悪意を持って行った犯人とかを弁護しなければならないだろうし、かなり根気が要るだろう。

英語以外の字幕がほぼ出ないので何言ってるのかわからないところが結構あるので困った。あえてだとしても異言語で主人公が話せている言葉くらいは欲しかった。
続けて、実話をもとにしたトムハンクス主演作品
ドノヴァンとアベルの二人がよいね
不安は?
役に立つかい?
si

siの感想・評価

3.0
記録
mynnnno

mynnnnoの感想・評価

4.1
史実に基づくお話
緊張感のある2時間半でした。
スパイを弁護するとなってからの民衆からの視線(電車での新聞を読むシーン)と帰国してからの民衆からの視線の対比があってよかったです。

実際にこの任務をやってのけたドノヴァンさんは本当にすごい人ですね。キューバ危機の時も活躍しているようです。

そして何があっても戦争は起こしてはいけない絶対に…と強く思いました。
ベルリンの街のビリビリする描写がリアルで、マーク・ライランスが味わい深くて、トム・ハンクスの表情の奥行きが相変わらず凄かった。視聴者に向けたシーンをあんま感じなかったのが好印象。
良くも悪くも起伏は無い。内容的にもうちょいあってもそれはそれで面白くなった気はする。
あの終わり方は個人的にわりと好き。
トムハンクス凄いなぁって感じでした。
予告からあまり期待してなかったので、劇場もスルーをかましていたが、ゼメキス×ハンクス作品と同様に安定感があったスピルバーグ×ハンクス作品だった(ちなロン・ハワード×ハンクスは不安定w)。スパイだ、ロシアだドイツだというワードから考えれば展開も内容も少し地味に見えるが、この静かな雰囲気、決して悪くない。真摯に仕事に徹する男のドラマだった。最近のトム・ハンクス映画では毎度言っている気がするが、やはりその表情。ドイツの列車で見た車窓とアメリカで見る車窓の対比こそ演出としてはワザとらしいが、その瞬間に見せる表情だ。穏やかながら強く信念を持ち続け闘った男が見せたその表情にやはり震えてしまう。本作の140分間を凝縮したその表情に鑑賞の達成感を見出す。トム・ハンクスとはそういう俳優だ。まあ、正直80年代のコメディハンクスの方が全然好きなんだけどね。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.7
スティーヴン・スピルバーグ監督作品!

「ダンケルク」でのマーク・ライランス繋がりで未鑑賞だった本作。

脚本でコーエン兄弟が参加していたのでとっても期待したのですが、どスピルバーグ作品でしたね〜( ^ω^ )

中盤から東ドイツに行ってからの再現はお見事、特にベルリンの壁を作っとるシーンは、ベルリンの壁崩壊の時に長渕剛が吠えとるの思い出しました笑(^^)

全編で何となく雰囲気がいつものスピルバーグ作品との違和感があったのは音楽がジョン・ウィリアムスからトマス・ニューマンに変わってたからか…

マーク・ライランスの飄々としながらきっちり信念を抱いとる漢。

トム・ハンクスの心優しきお父さん、そして
一度として並外れたことをしなかった…
〝不屈の漢〟

良か映画!
>|