ぷん

恋人たちのぷんのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
5.0
テアトル新宿にて尾崎世界観とのトークショーで拝見

今年ベスト級の作品でした
上手くいかない人々が辛く悲しく現実と戦っている姿だけの前半から、後半はがらりと登場人物の何故が明らかになり、行き場のない憎しみや伝わらない感情が浮き彫りになり、それでも戦い続けなければならない登場人物に自分にも重なる部分があり、激しく感情を揺さぶられた
たった一言、人に声をかけてもらうことの温かみ。頼りのない一言に聞こえるかもしれないがそれがその人の小さな光になり人を殺すことや自殺をすること、一人になってしまうことから救う事が出来、人に傷つけられた人を人の手によって助けることが出来る

嘘ではなく心の底から言えた一言、優しさに人は安心を覚えるのかもしれない。人は人を信頼出来なくても、人に支えてもらえなければ生きていく事が出来ない
散々辛くひどいシーンを見てきたが、最後は心の底から頑張れと言える、生涯ベストになる作品であった
ほんとにほんとに最高
一つも抜けがない、そしてアンバランスになり得そうな題材なのにも関わらず奇跡のようなバランスが取れてる作品