恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

lilith

lilithの感想・評価

3.6
光石さんに黒田さんに安藤さんに…
大好きな方々が問題のある役ばかり。笑

色んな人たち目線の絶望感。
すごいなー、この観点。
なにも解決はしないけどハッピーエンドです。



一番よかったのは「カルパッチョとかどうでもいいんすよ!!!」でした笑
あいこ

あいこの感想・評価

3.2
集中して見てないのであまり掴めなかった

どうしようもないこと消化できないことは人間みんなもっていてそれに納得できるかできないか、ですね

無理やり飲み込むしかないんです。苦しくても
生きてさえいれば

いろんなものに負かされて
いろんなものから逃げて
いろんなものを乗り越えられず
いろんなものを背負い込んで

それでも生きてさえいれば
koshijin

koshijinの感想・評価

4.0
切なくもない悲しくもない、ただただ苦しい思いを抱える人たちが通り過ぎる。何を見せられてるのか言葉に詰まる。鑑賞後にタイトルの意味を噛みしめる。
視点と感情と

人間は多面体であって、自分たちが思ってるほど崇高な存在でもない 貧しいことも、誰かを憎むことも、騙すことも、抜け出したいと思うことも、疑うことも、全て圧倒的に個人的な感傷に過ぎず、誰もが主人公であって脇役であることをこの映画では描いている
ぐるりのことに続き、音楽が素晴らしい 何気ない現実の中で「クソ」だと思うことも、「美しい」と思うことも、片腕の先輩が言ってたみたいなことで全部救われればいいと思う
davidmann

davidmannの感想・評価

4.0
イヤ〜な感じの押し問答や、笑っていいのかこれは的やりとりは、「ぐるりのこと」よりもズッシリと重く胃が痛くなる感覚。だがそこを楽しみながら考えて観る。
オレンジの光の中で深い緑がうつると実エ(実質エリセ)判定を脳が下してくるようになったんだけど、それにしてもなぜここで、というとことだった
『飲み込めないことを飲み込んで生きる人が、どれだけいるだろう。』
呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

2.6
望遠レンズを使ってグッと寄せるところはとてもうまかった、あそこでカット切り替えをしていたら最悪だったと思う。
タイトルは恋人たち といっておきながら、フォーカスされるのはひとりひとりの人間の生活で でもそれぞれがちゃんと生きてる。
当たり前のことなのだけど

女はキレるときはなんにでもキレる 誰にでもキレられる 胸肉ともも肉の違いでキレる笑 わかるんだよな
このタイトルなの不思議でいいなあ
救いようのないシーンを収集つけようとせず垂れ流しにしたまま暗転して終わらせていくのがすごくいい
群像劇が好きだなあと思う

工場でお弁当つめてるシーンとかときどきハッとする好みな画がある。

雅子さまが好きな主婦、無表情だと思ったらいきなり笑ったりするのかわいくて好きだー
>|