恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

魂の入った映画。心に永久的に残る映画はこういった映画なのかも。
救われない魂の叫び。
そして、癒しと再生。

オムニバス形式で描かれる悲しみに包まれた恋愛と葛藤の物語。

メインキャストに知名度のある役者はいないが、確かな演技力で物語を引っ張って行く。

特に、九州出身の私としては、朴訥とした主人公が、博多弁で嗚咽する姿に涙腺が崩壊してしまった。
本当に恋人を愛していたんだなと、羨ましく思ってしまうほどだ。

また、恋人の姉の演技も神がかって、鳥肌がたった。
出番こそ少ないものの、欠落した姿を見事に表現しきっていた。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.3
プチ橋口亮輔特集、その1

この監督らしい、人生に対する深い洞察、厳しくも柔らかな眼差し

時に重苦しく、時に軽妙な語り口

役者たちのコア、人生そのものを曝け出すような演技

邦画の特質、ストロングポイントを結晶(笑)にしたような作品

個を掘り下げていくことで、個が対峙、直面するシステム、日本そのものを描いているのがなかなかにクレバー、この作品に奥行きを与えている

成嶋瞳子の神演技

篠原篤、池田良、安藤玉恵、光石研、内田慈、黒田大輔、山中崇&聡……文字通りの実力派キャストの中にあって、リリーフランキーはさすがだったけれど友情出演的というか、いかにもな客演に見えてしまったほど

内田慈、黒田大輔は三日とあげずに偶然見れたので嬉しかった

篠原篤の嗚咽の尺が少し長すぎた気がして、ここだけ残念(キャラクターの好き嫌いもあるとは思うけど)
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
いや、あの・・・びっくりするくらい、陰鬱で。リアルとか生々しいとかそういうことをすっ飛ばして、出てくる人たちの圧倒的な八方塞がり感が終盤までキツかった。誰も彼もが生きてるけど死んでるような、絶望しながらも救いを渇望してるような、見ていて居た堪れなくて居た堪れなくて。それでもちゃんと、いろんな意味で終わってくれて本当に良かった。どうしても生きなきゃいけないから、嘘でもなんでもいいから自分の信じたものや良しとしたものを抱きしめていかなきゃいけない、そんな映画でした。長尺ですが、良かったです。
sy

syの感想・評価

-
悲しくったって生きていかなきゃいけないのはほんとにくるしい みんなに対していいひとではいられんのかね
youjiohira

youjiohiraの感想・評価

2.0
主演の役者の演技が素人っぽ過ぎて全然感情移入出来なかった。評判が良かったので期待して見たけど、自分には全然良さが分からなかった。光石研さん、安藤玉恵さんなど脇を固める役者さん達の安心感が凄い。流石でした。
sou

souの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

休みの日の前とかに観ないときつい。合う人合わない人ハッキリ分かれそうな映画。

妻を通り魔事件で亡くし弁護士費用で生活に苦しむ男アツシと、妻子を持つ親友に恋をするゲイの弁護士四ノ宮と、弁当屋でパートをし変わり映えのしない生活を送る主婦瞳子の三者三様だけどちょっと繋がりのある群像劇。

アツシと同僚の子が話してるシーンの「俺がお母さんとテレビ観んの…?」でなんか笑った。
保険証の申請とかお義姉さんの話とかアツシのパートは全部印象に残ります。
隻腕の先輩とお弁当食べるシーンが特に印象的だし先輩役の静かで柔らかい演技にジーンときました。けどあの急などアップなに?

やっぱり不遇なキャラクターのアツシに肩入れしちゃうので四ノ宮に苛立ってしまいます。
四ノ宮にも同情しますがヘラヘラした態度とか多分妙にリアルだから余計に腹が立つんでしょうね。
同様に瞳子のかしわ絞めてる男に浮き足立ってる感じももうね…。

安藤玉恵さん、光石研さん、山中崇さん、木野花さんなど脇役も手堅い役者さんばかりでてます。
リリーフランキーの先輩みたいな無責任なことばっか言ってる奴いるわ〜!
ザノンフィクション三本分見た気分。
こ

この感想・評価

3.6
音楽ないのが更に生々しい
なんか汚ない
辛いのはわかるんだけどあまりグッと来るとこもなし
ぽん

ぽんの感想・評価

-

見ないままでいたい生活が
詰め込まれてた。
これが現実、という言葉を使うと
自分が現実にいないみたいだけど
きっと自分も同じような生活の中にいる
くそみたいな世の中、くそみたいな人間
それが現実

45本目 Netflix
食塩

食塩の感想・評価

4.7
ニュースにも噂にもならない話題にも上がらない人達に、丁寧に焦点を当ててる、、。わからん。いろんな人いたな。
>|