恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ehonwolf

ehonwolfの感想・評価

1.0
評価を下げて申し訳ないが、正直なところ、自分には合わなかった。巷の高評価と自分のそれに乖離を感じてネットで色んなレビューを読みまくってしまったほど。

それぞれに痛々しいものを背負いながら、一種の底辺で生きる人々の痛さ醜さ情けなさ、焦燥感や抑圧感・・をリアルに描き出そうとしているのは分かるのだが、どこか共感しがたい、例えば主人公の激白の最中にも「えっ、なんでそうなる?」と首をかしげるような流れがあったり、設定として自分に一番近いはずの中年主婦があまりにも共感し難い愚かな女に描かれていてムカムカさせられたりと、現実以上に露悪的に演出されるリアリティにあざとさを感じるばかりだった。
決してエログロそのものではないのに、目も耳もそむけたくなるような描写が次から次へと供され、現実世界で十分疲れている自分にとっては、映画館の大スクリーンで長尺で観るのはかなりきつかった。せめて、自宅の小さなテレビの画面で小さな音で夜中にひっそり見ればよかったと後悔した。

私が約2時間で現実を忘れ心をリセットする装置として映画に求めている要素が残念ながらこの作品にはなかった。
それでも最後の最後、エンドロールの後まで見続けた者へのご褒美のようなワンカットに少しだけ救われた。
春21号

春21号の感想・評価

4.2
ぐるりの事がジワジワ自分の中で評価が上がってきていて星の数を変えようかしら?と思ってるぐらいで、
で、そんな気持ちの中で本作を観たのですがもう本当に良かったです。

ぐるりのこともそうなんですが本作も自分の中で今考えてる事に見事に合致してるんですよね
圧倒的 社会的に正しいとされているものに救われない人達の物語で特にポスターを飾っている主人公の1人はその面が強いですよね
お金を払っても法律を守ってもダメでつまりそれって資本主義であり法治国家でもある日本では救われないってことじゃないですか、それってもう…でだったらどうやったら救われるんだ?って話なんですけどそれって結局誰かの中にある優しさなんだと本作を観て思いました。
打ちひしがれた主人公の家に先輩がくるシーン、そこでかけたあの言葉 本当に素晴らしくて感動的なんだけどと同時にやつれた主人公の顔を見るとこれが無かったら…とゾッともさせられる。

他の2人も言葉を待っていてそしてそれが出来れば優しいものであってほしいと思っているんじゃないか?と思った。

本当、世の中には正論も正義も必要でマナーもルールも必要だと思うんです。
しかし、それだけじゃ救われないものもあって、そんな時に救いになってくれるのがきっと誰かの優しさなんだと思いました。
それらがうまく交わって人と接していけたらなーと思った。
そしてこの映画にはそんな瞬間が最後に待っていたそんな気がしました。
MayumiI

MayumiIの感想・評価

4.5
通り魔殺人事件によって突然妻を失った、アツシ。口うるさい姑、自分に関心をもたない夫と平凡な暮らしを送る主婦、瞳子。親友への想いを胸に秘めるゲイの弁護士、四ノ宮。3人の「恋人たち」の物語。

「ぐるりのこと。」の橋口亮輔監督の作品。ずっと見たいと思っていた。

閉塞感いっぱいの3人の生活。
特にアツシは、死にたくても死ねない、犯人に復讐したくてもできない、まさに「生き地獄」だが、その姿がリアルだった。
飴玉をくれる人がいる、一緒にお弁当を食べて、話を聞いてくれる人がいる。
現実は決して変わらないけど、それだけでちょっとは、明日も生きていこうかと思うことができる。
これからも辛さを抱えて生きていくけど、今日と明日を積み重ねていけば、いつか空の青さを感じることができるかもしれない。
「ぐるりのこと。」の時も思ったのだが、橋口監督は繊細で優しい人だな。
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
今作を見ていると、どうやら人間のタイプって3つに分類できそうで、、、まずは、自分が得するためなら他人を騙す貶めることに痛みを感じない人。次に、世の中の大多数であろう自分は損をしたくないから見て見ないふりを決め込む人。最後に、たとえ自分が損をしようとも自分の美学や正義に忠実に生きれる人。
橋口監督に感じる強烈な正義感や美学のように、たとえ建前であろうとも、人間という生き物は損を顧みず自分の美学や正義に忠実に生きたいと願うように設計された生き物なのだと僕は信じている。だけど、嘘だらけで美意識の足りない「素晴らしきこの世界」の一員として「正しく」生きるということは、痛みを感じれなくなった弁護士のギブスの取れた左足のように他人の痛みを感じずに生きるということなのだろうか?

本当に素晴らしい作品だったし、橋口監督は大好きな監督の一人だけど、同時にこの繊細さは生きずらそうで見ているこっちが辛くなる。
くらい。どんより。
でも、リアルなものを見ている気がしてならなかった。
こんな気持ちを抱えながら毎日を暮らしている人がいるんだろうと思うと、胸が苦しくなった、、。
今生の別れが今日か明日か60年後かなんて誰にもわからないもんな〜。
YUM1

YUM1の感想・評価

3.8
邦画の暗さが深みを感じさせる。
何でこんな人生を生きなきゃいけないんだと思いながらも死ねずに生きる。けど時々笑える日があるなら生きることも悪くないのかもな。
人を殺したり傷つけちゃいけない法律を守れる人はまともな人間だ。
じょー

じょーの感想・評価

3.0
ごめんなさい。
ぼくには感情移入できなかった。
これが日本社会なのかな。

万引き家族を観て、洋画ばかり観ているのでいまの日本社会に生きている人のドラマが観たかった。

たぶん、自分の人生があまりにドラマ的だからなのかもしれないけどね。
恋人たちのタイトルに惹かれたんだけどね。
K

Kの感想・評価

3.5
アツシ、瞳子、四ノ宮。三人三様の葛藤。黒田さんの言葉はとても沁みた。下を見たらキリがない、でも辛い時は自分が一番辛い。ズームとカーテンの動きは作り物であることと同時に、作り手の熱量を感じさせられた。切れた電話、お洒落、チューリップ。僅かな変化と共にまた日常は続く。
まつこ

まつこの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

客観的には何にも解決してないのに、ラストで見上げる空の青さが、違う。晴れやかでおだやかな青。

あー、こんなことがあるのか。あるかもな、と思った。

理不尽と直面していても、救いはある。

皆さんおっしゃってるとおり、話を聞いてくれる他人の存在が救いになる、だから生きていけるということを感じさせてくれる映画でした。


印象的なシーンは沢山あったけど、鶏追っかけるとこがとくに忘れられない。映像が脳にこびりついてる。

ほとんど死んでるようだった日常に、突然とびこんでくる生の輝き。恋。

信じられないくらいキラッキラで、興奮して、はしゃいで、
それで突然崖から突き落とされる。
ぞっとするほど冷たくて、生暖かい。

どうしようもなく、生(せい)。

映画ってこんな表現ができるんだ!と感動した。

胸の高鳴りは、若くない主婦が急に全力疾走させられたせいで息が上がっているだけだったかもしれないのに。

これが幸せとは違うということ、騙されていることはわかっていても、求めてしまうよな…

こういう象徴的なシーン、すごく好きです。
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

3.9
妻を亡くした男性、新しい恋が始まるとか、映画的な大きなきっかけがあるわけでもないけど、ラストのささやかな再発進がすごくじんわりきたなあ。

めちゃくちゃ落ち込んだりしても小さい幸せでなんとかなることってある、人の話に笑ってしまったりとか。笑うと心が軽くなる。
そのへんにいそうな、あえて有名どころではない役者さんを主人公においているのもうまいと思います。共感しちゃう。(私が無知なだけだったらすんません)

淡々としててそれがよけい沁みる…
でもなんでこのタイトルなんだろう
>|