恋人たちの作品情報・感想・評価・動画配信

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

4.0
こらあかん。
非現実的だけど
きっとこの国のどこかには
存在するであろう3人の日常。
妻を通り魔に殺された夫
無関心夫とその姑と暮らす主婦
完璧主義者で同性愛者のエリート弁護士
どん底にいても
ほんのわずかな揺らめきと光に
すがりつこうとする姿
なんだろう。
汚い心ではなくって
それが純粋なだけに痛い。
特に妻を亡くした夫のターンは
ほぼ号泣していた。
しきりにバカだからという言葉が
こちら側にもグサグサ響く
目の前にはいない奥さんに話するシーンは
嗚咽が出るくらい切ない。
それでも人は生きていく。
上司のおじさんがとても良い人。
th1105

th1105の感想・評価

3.9
全く同じ出来事じゃなくてもこういった事はよくおきてるしそこら中に溢れてて、結局世の中こんな人が大半だし人生期待しすぎてはダメだと再確認させてくれる教材のような映画で最後のシーンを良く捉えるか悪く捉えるかはその人次第。ただ、人生暇つぶしにしてはは辛すぎる気がする
うちー

うちーの感想・評価

4.4
恋人たちというタイトルから、恋愛がモチーフになってるのかと思いきや恋愛なんて言葉では括れないもっと広くて深い人間たちの話だった。

ベテランと素人を同じバランスで共演させることで、素人っぽさを出さないようにしてるらしい。
けど篠原篤や成嶋瞳子の素人っぽい喋り方が生々しいし重いし、すごく良かった。

幸せなカップル像を、いかにも幸せそうな出来事を通して見せるのではなく、道端で小便をするというどうでもいいシーンで表現するところもリアル。

あと個人的に邦画で見かけると嬉しい名脇役三銃士(光石 黒田 山中)が揃ってたのも良かった。
特に黒田さんはすごい。
バター舐め舐めおじさんになったり、ヤクザになったり、人の心のわかる優しいおじさんになったり、、名脇役。

あと安藤玉恵さんもめっちゃ好きです。

決まりごとも制限もなく作りたいように作ってる感じがして、やっぱり自主制作映画っていいなぁと思った。
恵

恵の感想・評価

3.6
すごく静かな私の日常とは違う日常3つ。ペットボトルに水道水入れてるとこ、ふと思い出しちゃう。
nakool

nakoolの感想・評価

3.7
黒田大輔いい演技するよな、
携帯開いてってシーンそのままカメラがズームするけど、この映画にはすごく合ってていい。3人とも多分大丈夫だ、と思わせる。光石研の役だけはもう無理だろな。このままどんどん悪くなるだけ。
映画男

映画男の感想・評価

3.0
この映画、公開時に劇場で見逃して、気づけばもう5年経っていた。橋口さん、まだ新作撮っていないところをみると、これに相当な力を注ぎ込んだのかなと思う。それくらい、訴えかける作品だった。希望のある終わり方だったが、実際は現実は変わらず、今日もまた惨めな日々が過ぎてゆく。
m

mの感想・評価

4.0
「あん」との二本立てを鑑賞。
ちょっと気持ち悪くなるくらい、むせ返るような生々しい生活感。演じていることが信じられなくなるような演技。怖いもの見たさで観て何度でも衝撃を受けられそうな作品。
なほ

なほの感想・評価

4.3
八つ当たりは、元に戻し易いものにばかり当たって割れ物には手を出さなくて音もそんな立てなくてって、映画なのにそれは心理掴んでるなと思って驚いた。自分が求めている物以外は本当にどうでもいいのだ。
ichiko

ichikoの感想・評価

3.4
違和感がすごい。

夫と姑と3人で暮らす主婦、妻を事件で亡くし一人で暮らす男性、同性愛者の弁護士。
3人のゆるやかに繋がる群像劇。

じめじめしていてテンポの悪い日本映画。
描かれるのは、ラップを再利用する姑がいるような地味な日々だけど、その地味さとテンポの悪さの中に繊細な感情の機微を感じる。

パッとしない日常の中で、出会いや思いが交錯して人生が変わっていく…だけどそんなキラキラしたものじゃない。傍から見たら何やってんだよってくらいの出来事に、大げさにドラマチックなBGMが添えられる。
私はきっと、どこかの一般人の、取るに足らない日常をドラマチックに見せられているのかもしれない。映画から、なんだか取り残されたような違和感。

出てくる女性のふるまいが気持ち悪いほど少女っぽい。主婦がはしゃぐ場面然り、亡くなった妻の姉然り、弁護士に相談にくる女性然り。見た目はオバサンなのに、振る舞いが女子高生みたいに媚びた明るさで、異常な違和感を覚える。

そしてエンドロール。不釣り合いなオシャレな英語詞に、東京の景色。強烈な違和感の後味が残る。

好きな作品ではないけれど、印象に残る、という感想の意味がわかる。
なんとなくストーリーを目で追っていると唐突に現れる違和感が、どんどん積み重なっていく。白か黒か、グレーかどうかさえ判断ができない。幸せか不幸せかがわからない。
混乱とともに流れるエンドロールで、もしかしてこれは「違和感の映画」なのかも、と思い至る。

淡々と生きていると、「なんか変だな」ってことが強く印象に残ってたりする。
そういうことなのかもしれない。

突拍子もない夢を語る男にほだされてはいけない、という教訓は小2くらいの道徳で必修にして欲しい。
shuheeeey

shuheeeeyの感想・評価

3.8
深夜ふとテレビをつけたときに流れていてほしい

『腹いっぱい食って笑って』生きたい
>|