恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

井本

井本の感想・評価

4.2
1回だけあったズームインにゾワってなった。あれって意図的なのかな。

ごはん食べて笑ってたら人間何とかなるって、いい言葉だなー。
自殺もそうだけど、殺人も、殺された人以上に周りが苦しむ。
人の信頼なんてすぐに崩れる。
人に期待しちゃいけない。
だけどたまに救ってくれる人もいる。
こういう淡々と日常を映す系映画好きだな。淡々と日々を過ごしているんだけどその中で確実に色々なことを経験して、成長する感じが、リアルだなと。
murataku

muratakuの感想・評価

3.6
派手ではないけど、
丁寧な日常会話のやり取りが良かった。

登場人物みんなが魅力的に見えたのも、
会話の内容への共感からなのかなと。
taka181

taka181の感想・評価

4.9
絶望というより苛立ちだと思った。それにすごく共感したというか、何かを言い当てられてしまった。生きてる限り人間はどこにいても結局はもの食って排泄する。そんなの撮ってどうするの、とも思うけど、感動ポルノみたいになるよりは全然いいじゃないですか。
雪ん子

雪ん子の感想・評価

2.6
橋口監督の他の作品が好きで、期待して映画館へ。キツい映画だったな〜。自分も決して楽な生活をしてる訳じゃないので、この映画を観に行くことを楽しみに働いた。自分よりもキツい人生を送ってる人をじっくり見せられると息苦しさを感じた。妻を失って人生あきらめかけてる部下に上司が「おまえとはもっとたくさん話しがしたいんだよ。」の言葉で涙が溢れた。何年か経って再見したい。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.7
橋口監督は性的マイノリティでありながらもそこにスポットを当てすぎることもせず淡々と受け入れる独特な視点が印象的な作品。
ごく普通のなんなら不器用で無口でおとなしい男がせっかく掴んだ幸せを通り魔に奪われた。
「お前ら全員同じ目に遭ってからモノ言えや!」
と叫ぶ。

この物語の主人公たちは皆何かと満たされず、半ば諦めているようなそんな人たちばかりだ。
みんなほんとはどこにでもいるような普通の人間で、ただ歯車がとあるきっかけで崩れてしまっただけだからこれは特殊な人たちの特殊な話なんかじゃないのだろう。

アツシに対する世間の冷たさに苛立ってしまいそうになるけど上司役の黒田大輔のさりげない温かさがこの作品の唯一の救いだった。
アツシも主婦の瞳子も、ゲイの弁護士の四ノ宮もかすかな希望を見つけたけど、やはりまたいつか同じような孤独とぶつかり立ち止まってしまうこともあるのだろう。

日常における何気ない言動の1つ1つが他人の人生を変えていってしまうこともあるのだという事をふと思い、他人を傷つける事もなく、自分の人生を踏み外さずに進むこがどれだけ難しいのかを思い知らされる作品でもありました。
ヒコウ

ヒコウの感想・評価

3.5
"腹一杯食べて笑ってたら人間なんとかなるんだからさ"絶望失望微かな希望。①通り魔に妻を殺された夫、②同性愛者の弁護士、③詰まらない日常を送ってる主婦の3つのストーリーを交互に。観たことない俳優ばっかだけどリアルの人?って思っちゃうほどで、ぼーっと見入っちゃいました。かなしいね、でもよかったよー。
恋人たちっていう題名はしっくりこなかった

ちゃんとみたら、得たものがあったと思う

流し見には不向き
あおば

あおばの感想・評価

4.2
前々から気になっていたので鑑賞。

人って意外と自分以外のことに無頓着というか、そこまで考える余裕がないんだよね。
お互い想い合ってるように見えても、そういう勘違いというか。

愛する人を亡くしたり、騙されたり、相手にされなかったり、そういう重い気持ちを誰かに受け止めてほしいんだけど、誰もそれをわからないし、聞いてもいない。

その告白を聞いてるのは目の前にいる恋人ではなく、自分の中にいる恋人でしかない。

結局それは自分と向き合うことと同じなんだなと。

そのことに気がついた主人公たちはある種の諦めや吹っ切れたような気持ちを持って、前に進んで終わっていたので、内容的には前向きな映画だと思う。

相手に伝わると思って話すよりも伝わらないと思って話した方が楽になるような内容の映画
で「恋人たち」というタイトルは秀逸だなと。

全体的に自然体の芝居なので、時々入る映画的な演出(カメラのズームや音楽等)に違和感を感じる人もいるかもしれないなと思った。
そこは好みかと思います。

疲れたけれど、観てよかった映画です。
YuiOtsuki

YuiOtsukiの感想・評価

4.0
2015年の冬に新宿ピカデリーで1人で観て、えらく感動して帰ったなぁ。
>|