こちんだ

はじまりへの旅のこちんだのレビュー・感想・評価

はじまりへの旅(2016年製作の映画)
4.2
自分の物差しで相手を図るようなことをしてはいけない

アメリカ北西部で現代社会から隔離された森の中で6人の子どもを育てるお父さん。彼の独自の教育で子どもたちは優秀に育つ。ある日、母が死んだことで、一家の葬儀に出るために旅に出る。コーラやゲームなどを知らない世間知らずな彼らの旅はどうなるのか…

日本の学校の勉強でも単語の暗記は出来るけど、その言葉を説明してと言われると答えるのが難しくなりますよね。例えば、三権分立という言葉を知っているけど、その意義とか歴史とかは説明することは出来ないとか…

同じようにアメリカでも学校に行かせて、屋根の下で寝かせてあげるのが幸せというのが世間の常識ですが、それに当てはまらない人たちを悪とかダサいとかと一言で割り切ってしまうのはどうなのかなと考えさせられる作品でした。