はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    無償の愛
    家族への想いに理由なんてない
    自分なりの映画のジャンル分けに、「気まずい食卓」というのがあって、これはその1本だった。「気まずい食卓」映画は、いたたまれない気持ちになることも多いけど、けっこう好き。
    "Interesting"使っちゃダメなんて、
    小学生の頃、感想に"すごい"は使っちゃだめだって先生に言われたの今でもずっと頭に残ってることとリンクした。

    ちょっと変わってるかもしれないけど、愛も絆もたっぷりの素敵な家族じゃんって最後はほっこり。

    このレビューはネタバレを含みます

    邦題と原題の差を埋めることをずっと考えてたような気もする。

    しかしタイトルの字がでかいな。

    お葬式のシーンで重低音が響くから斬新な音の出し方だなって思ってたら上か下かでやってるハクソーリッジの音だった。

    スーパーBGでmy heart will go onがかかってたの面白かった。

    なんてことはない話なんだけど。まぁ、ちょっと考える話。ラクして生きてるわ〜自分。
    一見すると教育と親のエゴについてのパーソナルな話であるが、実は異文化受容というホットな問題を扱っている。人は一つの価値観では生きられない。ならばどうするか。

    私はむしろラストシーンの先にある物語を見たいと思ってしまった。そこにこそ、我々が最も必要とする答えがあるからだ。
    思ってたよりシリアスだった。
    邦題に疑問。
    不器用だけど愛にあふれたお父さんが素敵
    子供達の為に正しいと信じていた父が自分の無力さに男泣きに泣く横顔にジーンとします。
    瞳がロード オブ ザ リングの王の時と同じで素敵。
    長男役のジョージ・マッケイは何時でも何処でも印象的、ノーブルなお顔で万能な秀才を絶妙なヘンテコさで味付けしてます。
    全身発疹のヘロヘロ状態で観に行ったのですが大自然と生肉感?に癒されました。
    >|