はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

odkhr

odkhrの感想・評価

4.5
コメディ強めのロードムービーかと思いきや。たくさん考えさせられるとてもよきお話でした。
ふつうってなんだろう?
私にはこの家族は幸せに見えました。
子供たちみんなかわいすぎで、洋服も最高にキュートでした。
LeBois

LeBoisの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

子育てとは?親のあり方とは?家族のあり方とは?
何が異常で、何が普通か…
c

cの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

一回観た方が良い映画。
確かに今の社会はあまりよくない気もするし、自然の中で生活するのも、限界がある。

自然の中に身を置いて、体力的にも精神的にも成長することはとても大切。本から得られる知識も子供たちはあって学んでいる。
現代の子供たちとは正反対で話題が違ったり紆余曲折があるけど最後には良い方向に向かって、とても面白映画だった。
SakiMorita

SakiMoritaの感想・評価

3.8
家族の愛と、"人"からみた不気味さ
普通に生活する家族にも違和感感じた

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
森で暮らす父親と子供6人の家族。
彼らは学校へ通わず、森の中でサバイバルトレーニングや父親から哲学、物理等、あらゆる分野の勉強を学んでいた。
母親は鬱で入院していた。
森での生活を始めたのは母の為にもなると判断し、2人で決めて始めた生活であった。
しかし、母の症状は快復せず、入院することに。
入院した約2ヶ月後、自殺したと連絡を受ける。
母親は仏教徒だった為、遺言には土葬ではなく、火葬してほしい。みんなで歌って踊って、自分の灰はトイレに流してほしいと書いてあった。
しかし、母の両親は教会で葬式を上げ、土葬しようとしていた。
母の希望を叶える為に、家族は森を出て救出に向かうことに。
葬式の最中に乱入した彼らは場違いな服装で登場し、父は教会の外へとつまみ出される。
その後、墓地に向かおうとするが、祖父はこれ以上邪魔をすると警察に逮捕させると言われ、強行しようとするが、子供達に父も大事だからやめてほしいとやめさせられる。
その夜、帰ろうとすると子供の1人レリアンがいないことに気付く。彼は祖父の家にいた。
レリアンは父の教育は間違っている、母親を殺したのは父だと責める。父のことなんか嫌いだと言い、祖父の家に残ることを告げる。
祖父に子供の育て方を否定され、このままでは子供達は社会に出ることができない、養育権は自分達にあると主張する。
また長男はブラウン、MIT等の一流大学へ合格していたことを告げる。それは母親から手助けしてもらいいいへ秘密で行なっていたことであった。
その後、レリアンを救出しようと子供達に侵入させようとするが、今度は娘が屋根から転落し大怪我をする。
そこで、初めて父は今まで子供を危険な目に合わせていたことに気付き反省する。 悪気の無い過ちで子供達を苦しめていたと。
子供達に祖父の元で暮らすよう伝え、自分1人で帰ることにした。
しかし、子供達は車の中に隠れていて、母親を救う任務を続けてようと説得。
墓地に侵入し、母の死体を取り出し、望み通り、火葬してトイレへと流した。
その後、長男は地図で適当にやって指した場所ナミビアへ向かうと言い、飛行機で旅立つ。
父親と子供達はその後、元いた牧場へ戻り、子供達は学校へと通い始めた。

【感想】
家族みんな、身体能力が高く頭も良いと完璧な存在だけど、社会性が無く、他人との付き合い型がわからない変わった家族という設定。
確かに、勉強やスポーツが出来ればよい訳ではない。学校へは人との付き合い方、社会性について学ぶ場所だと思うから学校へは通わせるべきだと思う。父の育て方は凄いと思うがやっぱり間違っていることだった。子供達にお酒や刃物、また万引きの仕方や性についても小さい子供に対しても全て正直に伝える。父の偏った考えで子供達を半分洗脳していたんだなと思った。
何でも正直に本当のことを言えば良いってもんでもないし、子供にはまだ判別できないこともあるのだから。設定は変わってて面白かった。
社会になんら関わらないで
生き抜く為の術を 日々追究することが悪いことなのか。
しかし、この時代この場所では社会不適合者となり確実に隔離された人間性となる。

父親のベンは、子供達の将来のためとサバイバル生活を教育として強いていったが、妻の死や反発する子から学び 子供達を自由にさせてあげることが責任なのではないかと考え始める。
見事な柔軟性。(とはいえ、誰にも心の内を言えない状況下で 1人で考え答えをだしたのは並ならぬ葛藤だったろう)

ラストは‥まさに 家族で一からはじめる、はじまりへの旅だ。
kokimitani

kokimitaniの感想・評価

3.9
テオゴセリンやライアンマッギンレーの写真のような描写が美しかった みんなでジョニミッチェル歌うところもよかったな
てく

てくの感想・評価

4.5
この生活が正しいとは言えないけど、社会も正しいとは言えない。
ただ自分の通してきたものと、社会でのあり方を比較した時、否を認めることができたベンにグッときた。
受け入れる器と測りを持てるようになりたいよね。
自由と責任の話

時代が時代で場所が場所なら間違いなく僕はヒッピーだったな
ユキヤ

ユキヤの感想・評価

4.5
普通ってなんですか?というキャッチコピーのとおり、「普通」や「正しい」について深く考えさせられました。
特に普通の基準とは、誰が考え、何を持って普通といえるのだろうと思いました。
森の中で暮らすベン一家にとっての普通と街で暮らす人々との普通は大きく違う。一方で、森の中で暮らすベン一家の中でもボウとベンのように普通や考え方が違う。
だからと言って、自身の普通だけを基準に考えては行けない。
私がはじまりへの旅を観て感じたのは普通なんてない。ということです。
人は相手の個性や考えを尊重し合い生きていき、時には自分の考えの失敗を認めることが大切なのかなと思いました。
>|