はじまりへの旅の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

wetsand

wetsandの感想・評価

4.0
題材:4 脚本:4 人物:4 映像:4 音楽:4

お兄さんが失恋するエピソードがすき。
どれほど知識や教養があっても、自分を客観的にとらえて世間を知り人生を積まなければ恋愛はできないというメッセージに感じた。

おれもチョムスキーの誕生日、カレンダーに登録したよ。
これもかなり特異なシチュエーションの物語ではあるが、家族のあり方や社会生活について考えさせる内容になっている。何が幸せで、何に価値を感じて生きていくかという普遍的な命題を、かなりグイグイと突き付けてくる作品だ。風景がとても美しく、ロードムービーとしての楽しみ方も十分に出来る。笑えて泣けて考えさせる。中身の詰まったお得感のある映画だ。
うえの

うえのの感想・評価

4.0
常識の是非を問うているようで完全に肯定している。ただ、一家と対比的に描かれている無知な大人になりたくないとは思った。とうに大人なので急ピッチで教養を深めような。
ド変態家族による、ド変態鎮魂ムービー。
この家族に憧れる自分が少し怖い。笑
an

anの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

記録用
かわった映画、お母さんを焼いた後トイレへ、サバイバル暮らしをしていた子供は学校へ
kana

kanaの感想・評価

3.5
社会を離れ、森の中で
自給自足で暮らしてきたある家族。
母親のお葬式に参列するため都会へ🚌🏙️
子供たちは、生まれて初めて
外の世界を知ることとなる。

初めて見る世界で
葛藤する子供たち。
そりゃ、そうですよねー😅

お父さん(ベン)の子供への愛情は
思いっきり伝わってくる。
でもちょっと極端すぎるんだな😅
なかなか理解しがたかった。

学校行ってる子供たちよりも
知識があり優秀なベンの子供たち。
何が起こっても自分の力で
生きても行けると思うんです。
ほんと、彼ら凄いんです⤴️⤴️

でも大切なことって
それだけじゃなくて。。
社会生活って
やっぱり大事なんですよね。

物語を通して感じていたモヤモヤが
解消されたあの終わり方は
とっても好き😊

たくましく育った子供たちが
社会に溶け込んでいけたら
彼らは最強ですよね👍
子供たちのその後。
サイドストーリーとか
作ってくれないかな~😁

~普通ってなんですか?~
人間は社会的な生き物である…。嫌いじゃないよのところですごい感動してしまった。

このレビューはネタバレを含みます

子どもに対してどれだけのエゴを親は仕込むのだろうか。幼いときは何も知らずに親が生き方を導いてあげるのだろうけど、いつまでもエゴを押し付けることはできない。子どもの父親は子どもの大怪我をしてようやくそのことに気づいた。妻方のおじいちゃんは気付いてはおらず、子ども(妻)の遺書を尊重できなかった。
哲学を通しての意見を述べることが多かったですけど、最後の空港で父が長男にかけた言葉はありきたりだけど、自分で紡ぎ出した言葉なんじゃないかと密かに思ってます。

このレビューはネタバレを含みます

現実離れし過ぎとるけど、この広い世界こんな家族本当におるかもしれない!

はちゃめちゃな家族が亡くなった母ちゃんの希望通りに葬る為に泣かせてきます。
感情の起伏はそこまでなく観れた方だったけど、土葬の母ちゃんを家族全員で掘り起こして火葬するシーンは圧巻…
あれは劇場で観たら凄いじゃろうなぁ、あのシーンは泣かずにおれなかった!!

からの

グッバイ マミー

くぅぅぅぅっっ


父ちゃんの教育だって通りにハマらないだけ!ただそれだけ!
私はこの父ちゃん大好きだ!!!
(みんな好きだと思うけど♡)

ちびっ子達も可愛いし、葬式に乱入するシーンは最高にカッコいいし(あれ絶対母ちゃん喜んでる!)
父ちゃんヒゲそったらイキナリイケメンじゃし、性教育ばっちりなのも良い!!
kei

keiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの愛とそれぞれの正解の話。
普通がわからなくなる。
合間に映る大自然のシーンが美しい。
棺桶を掘り出して、バスに乗せ走っているシーンでようやく家族全員が一か所に揃う。あのシーンは良かった。光の演出もぐっと来た。
>|