はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

atsuki

atsukiの感想・評価

4.2
ファンキーな家族。素晴らしい。
峻輔に魅せるべき映画やな。笑
nameless

namelessの感想・評価

4.0
タンタンタタタンタタタン🎶
なんだか…心踊るビート…

タンタンタタタンタタタン🎶
つま先が…勝手に動くこれは…

Rock'n!rock'n'roll radio!Let's go!

…ハッ!?∑(゚Д゚)

意識が違うトコ飛んでってました!
気にしてない?いつものことだ?
…いやぁ、それほどでも(違)
(〃ω〃)

アナーキーでロケンローなお話であり…
ラブでピースなお話であり…
親と子の成長のお話でもあって…

私のお葬式はエレキギターでロケンローレディオを掻き鳴らしながら、モッシュで祝ってもらって、ガスプラント爆発ぐらい大きな炎でこんがりと焼いてもらいたくなるような…フリーダムなイデアのお話。

ヒャッハー!モッシュ最高!!(昇天)
暴走特急天国行きが通りまーす!!
駆け込み乗車でお乗りくださーい!!(笑)
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今作のセットリストは…

生きる。死ぬ。
学ぶ。考える。
鍛える。立ち向かう。
祝う。遊ぶ。
恋する。悩む。
涙する。

ハピバなチョムスキー。

そして…権力にノーを!

アンコールには…
バイバイ、マミー!(≧∀≦)
ジョバー!

最高にスカッと笑えた!

尖った描き方だけど、普遍性のあるテーマに大胆にメスを入れたな…って感嘆した。

めっちゃ爽快!面白かった✨
ガッチガチにロックしてたわ。

モーテンセンの涙を堪える表情っ!
それをツマミにお酒が飲める!(変人)
それぐらい塩っぱいってことさ!(強引)

え?レビューしろ?
ちゃんと私の言葉でレビューしたのに…
(´-ω-`)

そうですねぇ…

これを観た後で『どちらがいいの?』とか『既成の正しさ』に捉われてしまっている場合、まだあなたの殻が破れてないってこと!

だったら、いいトコといいトコをくっつけて、もっと良くすればいいんじゃん?😆

簡単な事じゃないかもだけど…


その概念をブチ破れ!
もっとロックしよーぜ!(≧∀≦)


…そういう作品だと、私は思う。

ほーら、なんだかまともなレビューに見えてくーる…まともなレビューに見えてくーる(催眠)
…どうよ?(*´꒳`*)←ウマシカ

Rock'n!rock'n'roll radio!Let's go!
Stay tuned!more rock'n'roll!!
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
独自の教育論を持ち、自然の中でサバイバル生活をしていた親子が、母親の死をきっかけに社会に向き合う

悪意のない過ち
普通とは何か
何が正しい、間違ってるとかは無く、様々な価値観をどれだけ認め合って行けるかが大切なのかなと色々考えさせられた
感動を狙ってる映画より
感動させられた。

お父さんの教育があってるのか間違っているのか、わからないけど
子供達への愛は正しいものだった
みき

みきの感想・評価

4.2
山での生活も旅の最中も観ててワクワク。ハッピーエンドで明日への希望が湧いてくるよ。みんな頭良い。
akane

akaneの感想・評価

3.5
パパが子供を子供扱いしないから、ここの子だったらいろいろトラウマになりそう
一般社会に適合できなければ、生活していけないでしょう!
8才が権利章典を空で言えたところで、周りはどん引き…。子供たちから子供らしい生活を奪ったことは、罪に等しいと思う。
おじいちゃん正論!子供たちの反発もうなずける。
ただ…子供たちの結束力は強いし、個々の能力(頭脳・身体)は、ずば抜けて高い。そんな彼らを導き、何より愛されていた父の素晴らしい部分も認めざるを得ない。
しゃみ

しゃみの感想・評価

3.7
ジャケだけを見ると単にカラフルな所から明るい・楽しげな映画かなと受け取れる。内容は確かに明るいけれど、テーマはとても深かった。鹿を狩るシーンから始まり森の中を駆け抜ける訓練。一見ぶっ飛んだ家族ではあるけど、みんな賢い。そして愛情深い。
ラストの朝食シーン、環境が変わっても家族は変わらず同じ、というのが印象的だった。
凄く面白い!

色々考えることのできる映画。

子ども達はみんな頭が良くて、知識量もあるし、言語能力も高い。そして必ず自分の考えで言葉で発言する。
でも家族という社会でしか生きてこなかったから、それ以外の人との関わりの持ち方を知らない。それが映画の随所に表れていてそれが1番面白いところ。

そして子ども達のどんな質問に対しても嘘偽りなく、誤魔化さず真実を伝えるベンがこれまた面白い。
一般の大人なら言葉を選んでしまうところをストレートに伝える。

この世界の常識って本当に曖昧なものだといつも思う。大勢がそれをしてるから周りも同じことをする。それが集まって常識。誰が決めたの?大勢がそれをしてるから。それだけ。

でもこの世界に常識がなければ世界が成り立たない気もする。難しい。どちらも極端じゃいけない。

ベンの「悪意のない過ちだった。本当はわかっていた。」このセリフは辛くて泣けた。

終わり方も最高。ここから始まる
lilyna

lilynaの感想・評価

4.0
彼の子育ては極端で変。でも、考えることや愛すること、生き方について本当に大切なことは、全身で伝えていたから好き。

トイレのシーンは一緒に笑ってしまった!
>|