はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

所々謎だけどね。
面白い映画だった。
あ、面白いは禁句だったね。
mappurau

mappurauの感想・評価

4.1
高潔な映画。
そんなストイックな?!極端!!
と驚くシーンばっかりだったけど、現代社会って…どうなんだ?と考えさせてくれる。

家族で演奏をするシーンがすごく好きっ!!
時番人

時番人の感想・評価

4.7
死後トイレに流されたい気持ちはすごくわかる。ベジタリアンで子育てしたので世間の白い目とも戦ってきた。そんな私が見てきたものは、どんな素晴らしい主張も、隣の主張と混ぜて半々で決着するよう宇宙はバランスをとってくるってこと。

映画は、とりあえず彼の主張と彼の周囲のそれぞれの主張を並べたところで終わってる。

監督はそれを意図したのか?わからないけどまさしく「はじまりへの旅」だなと。

そして、監督が並べたものは、映画を観るものの心の中でバランスをとりはじめ、平和や愛の種になる可能性を含んでいると思う。だといいなぁ。

追記、葬儀の仕方にこだわるのは非常にアメリカンだなぁと。真にブッダを理解するなら、あきらめという悟りを歩くから、がしかしこの映画を生むためには必要かぁ。
kenz

kenzの感想・評価

4.0
サラリーマン量産国と言われる日本にとっては良きスパイスなのでは、教育って何。
maatin

maatinの感想・評価

4.0
教育というものを深く考えずにはいられない。
普通っていうのは無いんだと思う。
いろんな視点で見ることでこの映画から学ぶことは多いと思った。

長男好きです(^з^)♡
Remi

Remiの感想・評価

4.0
音楽だけで満点行きそうでした。ご馳走様です。

赤毛ちゃんってやっぱり最高に可愛いし、ヒッピーって何だかんだ楽しそうだし、何だかんだ最後には全員前に進んでるのも素敵。

ナイフをプレゼントされてここまで喜んでみたい。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.7
昔クローネンバーグの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」公開時に町山智浩さんが主演のヴィゴ・モーテンセンにインタビューしたときの話…人の目をあまり見ず何やら哲学的なことをブツブツ言ってるようなかなりの変人だった…というのが印象的でした。次の「イースタン・プロミス」の時はシベリアの山中に文字通り「山籠り」をして役作りをしたという…

そうなんです…この「はじまりへの旅」のヴィゴはほとんどそのまま…素なんじゃないかって思うくらいこんな感じの男らしいです。

10年間幼い子供も含む家族で文明社会を離れて山奥で隠とん生活…当然学校にも通わせないため…徹底的な自宅学習で全員超エリート級の学力と過酷な訓練によるアスリート級の体力と特殊部隊クラスのサバイバル能力を身に付けている…というとんでもない設定…そんなヴィゴと6人の子供たちがとある理由で街に降りてくるというお話。

「万引き家族」や「ブリグズビー・ベア」「リメンバーミー」と最近、極端な設定で家族を考えさせられる映画…多いな…世界で家族が危機なのかもしれませんね💦

笑ったり呆れたりしながら色々考えさせられる映画です。こんなの親による洗脳じゃん!と思わされる反面、極端なこの家族を見ていると果たして自分達は正しいのか?
という気分にもさせられます。

ファストフード店でその食べ物におどろく前にその客たちに驚く…
「どうしてみんなあんなに太ってるの?病気なの?まるでカバみたい💦」
「そういうことは心で思っても口に出しちゃダメ!」
ちょいドキリとさせられます。

どうせそれくらいやるなら…ワルガキの前で憲章を暗誦させるとかじゃなくて…不良に襲われた娘たちがそのサバイバル術で軽く撃退するとか…そういうカタルシスを味あわせてくれても良かったのにな…と個人的には思います。

とは言え…この極端な設定は我々の社会を改めて考えさせるには充分でめちゃ面白かったです😺

どちらにしてもそのバランスをとりながら皆の成長を感じさせる結末に何となくほっとしたのも事実ですが…😁💦

ヴィゴ…なぜかやたらにフルチンになってるけど💦あんまりめんどくさい方向に行かずこれぐらいの感じでこれからもおれを楽しませてほしいと切に思ってます。
ずっと観たかった!心で観る映画!
人はそんな簡単に死なねえよ!
みんなバチバチに生きていこうぜ!
自分で言っておいて凄く泣きそう!
カノウ

カノウの感想・評価

4.0
この感想を語るには語彙力が足りなすぎる。
だから僕は国語教師になろうと思う。
そんなことを思わせてくれる映画です。
のり助

のり助の感想・評価

4.0
教育パパ(野良)と、パパによって磨かれた理知的で野生的な子供たち。

あらすじからわかる通り「子供の教育はどうあるべきか」みたいな話です。
やりすぎではあるんだろうけど、私は「子どもに嘘をつかない」という教育方針にはかなり賛成派なので、よかった。まあパパの場合思想押し付けすぎなんだけどね。あとはとにかく、愛だ。

TSUTAYAのDVDに「コメディ」って書いてあったけど、、、うーんコメディ、、ではない、、、気がする。いや笑えるところも多いけども。

いろんなところをしっかり押さえて、ソツなくいい感じのラスト。しっかりしています。
>|