はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

MIHO

MIHOの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

子供達の気持ちや子供達のことを思う周りの大人たちの気持ちが複雑に絡み合って痛いくらい自分の中に伝わってきた

ママを家族みんなでママの望んだように歌って踊りながら天国へ送るところがとてもよかった。
まるみ

まるみの感想・評価

3.4
狩りやナイフを扱うためのサバイバル、文学、哲学、裁縫からヨガ、盗みまで様々なことを森の奥で誰とも関わらずに生活しながら教える、前職牧場で働いてきた有能な父と、教えの通りに育てられる6人の子どもたちの暮らし。
母は双極性障害で病院にいたが、自殺。
彼らは母の遺言状に書かれた内容を叶えるためにバスを走らせて妻の実家へ向かう。

一言で、すごい家族。
サバイバル能力や生きて行くための知識を叩き込まれるが、いわゆる普通の、一般的な社会生活を営む人々にとって、彼らは異様だし脅威にも感じる。
性についても、母の自殺についても、何も隠さない。それは父が子どもたちを子どもとしてでなく、1人の人間として見ていたから、教えられることなのかもしれない。だって悪いことじゃないんだもの。
でも一般的には隠したがる。
まだ子どもだから早い。
それは教育に悪い。
なぜだろう?
子どもは一番知りたがっているのに。
と改めて思う私は実に感化されやすい(笑)
でもダメなんです、森の中だけでは。
外へ行ったらどうやって人と関わるのか?話し方は?
何でいつも通りに話しているのに変な目で見られるの?
知らないことがおかしいの?

それでも子どもたちは逞しい。
父が暴走してもちゃんと筋を通す。
…犯罪だけど(笑)
父もまた人で、悩み葛藤する。
もう少し母との思い出の描写があると、感情移入しやすいかな??そこはあえてなのか。

ヴィゴモーテンセンのヒゲがなくなった後のセクシーさ!ちょっとヒゲが多すぎやしないか?仕方ないけど。
小さい子たちも頑張ってて可愛かった!
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/10/29鑑賞。森の奥で隠遁生活を送るベン一家。6人の子供達は学校へは行かないが、ベンの訓練と教育によってプロ選手並の体力と6ヶ国語を話す学力を持っていた。入院中の妻レスリーが他界し、葬儀の為に全員で街へ出るが、世間知らずな彼らはトラブル続きで…という話。予想に反して悲しい話でした。ベンが教えたのは生きていく能力。でもそれは「社会の中で生きていく能力」ではなかった。いつも100%正しかった父が打ちのめされていく姿を見る子供達の気持ちは如何ばかりか。最後の火葬シーンがとても印象的で、不思議と涙がこぼれてきました。 75点。
きじ

きじの感想・評価

3.3
翻訳がTwitterの煽りに使えそうな感じだった。
歌が素敵。
教育熱心なおとーさんおかーさんとは観ない方がいいかも。
miudora

miudoraの感想・評価

3.8
各家庭に教育方針があって当たり前。
自分なら子供ができたときどうやって育てていこうか考える作品でした。

森の生活は設備は揃ってたから、そんなに苦に見えず、楽しそうで観ててこちらも楽しかった。子供の適応能力すごい。。

ただ人間である以上、社会というコミュニティは切り離せないし、何事も正しい事は一つじゃないんだと思った。
ちょっとイマイチ良さが伝わらんなー。。。おしゃれさでごまかしてない??
映画男

映画男の感想・評価

4.5
お葬式のシーン
最高すぎる

ちなみに 私は
不器用なので
森では 暮らせない
良作!!
教育や価値観の違いを考えさせられる家族物語!TSUTAYAさん、これはコメディではないと思うんだけど、、、
猫の帽子の子役が可愛すぎてたまらなかった。
家族オーケストラのシーンとか見ててとても幸せになる映画
ヴィゴモーテンセンが序盤がホームレス状態なだけに後半に髭剃っただけであまりのカッコ良さに「うぉぉおぉぉおぉお!」とテンションが上がり、そしてそのあとあんな曲まで使われたらそりゃさらに「うおぉぉぉおぉおぉ!」ってなります

ヴィゴさんの演技と雰囲気で持ってかれたとこあるかもですが、子供達もめっちゃ良いかんじのキャラでテンポよく観れて楽しかったです
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

4.0
現代社会の暮らしに辟易して山にこもって暮らしてる「変わり者」家族の話。
アメリカって広いからなんでしょうか?大自然がたくさんかるからたまにそういう「思想」にハマって山奥に暮らす人とかテレビでたまにみますけど、たいがいやりすぎでドン引きなんだけど(笑)(妊娠中でも食べ物を食べないで空気が体に取り込めれば大丈夫!と実践して無事に出産した人とか!凄すぎです!)
この映画の家族はわりと「カッコイイ」とか思っちゃった(笑)確かにアメリカって全てお金ベースの考え方とかあって儲かればそれでいいみたいのもあるし、それを批判して小馬鹿にして?家族に哲学や思想家の本を読ませて叩き込ませる辺り確かにやりすぎなんだけど、それも有りかな?と(笑)でも、奥さんの死をきっかけに極端な生活は緩まっていくのであった…という映画(笑)なんでもやり過ぎや偏りは苦しくなるよね?とか、家族の絆なんかも見どころ。

ヴィゴさん、相変わらずの素敵さ!哲学的な深みのある雰囲気が醸し出されてて好きです(笑)ヒゲは無い方が良い!(笑)子供達みんな可愛くて良かった。

どこか映画全体に温かみのある、愛情あふれてる映画かなと。あったかい映画です。
>|