はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    Misa
    3.2
    だれにもジャッジできない正解もある。間違いもある。
     こういう映画を観るために見知らぬ監督、役者でもチェックしているわけだよ。と思わせてくれる映画だった。ヴェスパーことアナリア・バッソが美しい。家族みんなのキャラが立ってて飽きない面白さがずっと続いていた。
    kazuかず
    4.7
    ヴィゴ・モーテンセン主演、マット・ロス監督。

    人里離れた森で、狩やサバイバルをして暮らす男と6人の子供(男2人、女4人)たち。ある日、離れて暮らす病気の妻が亡くなり、険悪な関係の義父から来るなと通達される。彼女から届いた遺言に書かれた事を実現するために7人は自宅兼バスに乗り込み妻の実家に向かう。

    異色で世間知らずの家族が、ある事情で世間に飛び込み、様々な干渉に合いつつ、ある目的を達するために旅をする。ダメ家族が一つになっていく『リトル・ミス・サンシャイン』という作品がありましたが、あの作品に匹敵するファミリーロードムービーでした。

    テーマはやはり家族愛。
    異色な家族愛ですが、後半の30分が特に素晴らしい。1時間半はフムフムと思いながら観てましたが、そのラスト30分で映画の評価は一気に上昇!優しくて温かいクライマックスに感無量でした。落涙したのは言うまでもありませんw

    アラゴルン役で一世を風靡したヴィゴさん、いいですね。映画のほとんどが髭面ですが、あの割れたアゴもシッカリ拝めます(^_^)そして、エンドロールの曲が名曲『I Shall Be Released』。『チョコレート・ドーナツ』で、アラン・カミングが歌ったany day nowのフレーズが感動を呼びましたね。
    olive
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    サウンドが良かった。
    一番好きなシーンは最後にお母さんを皆んなで火葬するところ
    お父さんに若干腹立つ

    このレビューはネタバレを含みます

    ロードオブザリングの監督だ〜?って正直期待してなかったけど、素直に良い映画だった。
    自分が将来結婚して子どもを授かったらどういう選択肢を用意してあげられるのだろうかと思った。
    子どもたちが可愛い。衣装もグッド。
    子供たちのかわいさ、ヴィゴのイケメンさにヴィジュアルだけでも☆4つ!
    遅れてきたニューシネマ親父。
    この映画でモーテンセンのやってることは、途中まで『どですかでん』の三谷昇と同じ。
    ギリギリのところで踏みとどまってるものの、引き返し方が妙に温くて釈然としない。
    hilaris
    4.9
    世間からズレていると感じる分だけ、シンパシーを感じる映画だった。13年ぶりにマイベストを更新した1本です。
    人は見た目とかじゃない!て思えたし、家族っていいなって思った
    >|