はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

コメディのようでこれはコメディに非ず。
常識を押し付けるのはそれはもう非常識なのか。
宗教の尊さと馬鹿馬鹿しさの両面を同時に見せる見事なストーリー。
改めて成長過程の教育の難しさと重要さを知る。
ラストにみせるほんの数秒の溜めがとにかくたまらんので是非☆
ゆき

ゆきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

親の信念を子どもたちに押し付けた結果、世間一般でいう"常識"とはかけ離れた存在になってしまう。この作品でもそうなのですが、子どもだから教えちゃいけないとか子どもは非力だから護られなくちゃいけない(ただし自衛の術は教えない)とか、そういうことを間違いだと考える父親の姿には好感を持てました。もちろんやりすぎではありますが…。縛り付けている!という感じはないので、みんなのびのびしていて可愛らしくいい家族だなと思います。父親が激昂する場面はあーやっぱり頭おかしいなと思いましたが、子どもに諭され理性を取り戻すことができる程度のものなので大目に見れるかな。なにより終わり方が良かったです。
服装がやたらオシャレ、ド派手でも全員さらりと着こなしてるので超かっこいいです。特にヴィゴさんが大好きなのでたいへん眼福でございました。好き。
千里

千里の感想・評価

4.6
普通ってなんだろう?
家族のあり方、人の考え方、生活の仕方、考えさせられる話だった…。
あれだけやらかしといて最後ハッピーエンドに持って行ってくれたのは結構嬉しかったなー!
BASSAN

BASSANの感想・評価

4.9
今年のナンバーワン

この映画すっげえ良いよって誰かに言いふらしたくなる映画。
暫くこの映画の啓蒙活動をしようと思う。

家族がぜ〜んぜん似てないのでマイナス0.1
あどら

あどらの感想・評価

3.9
世間とは隔絶された環境で育てられた子供たちとその道を選んだ父親の物語。
子供達も世の中の普通と違うことに気付いて葛藤していく、そしてそのこと自身が父親を苦しめるようになる。

着眼点がいいなあと思いました。
最後はどんなヘンテコな父親でも、その信頼関係はそうそう壊せるもんじゃないという希望のある終わり方で良かった。まさにみんなはじまりへの旅をしていたってわけなのね。
azuki

azukiの感想・評価

3.0
わりとありきたりな感じ。盛り上がる場面もあまりなかった気がするなあ。
Kota

Kotaの感想・評価

3.0
オンボロバスで家族旅。泣いて笑って死体を乗せて。。って“リトルミスサンシャイン”やんけ!笑 だからてっきり好きな感じかと思いきや違ったー。

資本主義を嫌い、森の中で時給自足の生活をする家族。その家族が街に出たら知らないものだらけであら大変ってテイストかと思いきや真逆。毎日体を鍛えて、サバイバル術を学び、夜は哲学や宇宙学の本を読む超天才キッズたち。街に出ても人をバカだのデブだの見下してばかり。その感じに終始イライラしてしまった。一番は学校に通っている子供より、自分の子供のほうが頭いいとを証明するところ。好意で家に泊めてくれてるのにあの仕打ちは本当に無いなー。

「子供だからワインを飲まないなんて馬鹿げてる。消化を助けるんだから。」ってそんなこといいだしたらドラッグとかでも肯定できてしまうよね。人を騙して物を盗んでもいいのかな?子供も反発したと思ったらすぐにごめんなさいて。。全体的に考えに賛同できずに終わったなぁ。

この映画には4点をつけるのが普通なのかもしれんけど、ほんとに普通ってなんですか?って映画だったわ。笑
ちは

ちはの感想・評価

5.0
森の中、自給自足で生きる家族。普通ってなんだろう。

★★★★★(★5評価)
ーーーーーーーーーーーー
監督:マット・ロス
製作国:アメリカ
ジャンル:ヒューマンドラマ
収録時間:119分
ーーーーーーーーーーーー

色んな映画を観て、”考えさせられた!””いい映画だった””良かったなぁ”と思える作品は沢山あるんだけど、
観終わってああだこうだより、普通ってなんだろう...と真っ先に自分に問いかけた。
こんなに素敵な映画、もっと宣伝すればいいのに!
たしか都内でも一部の映画館でしか上映してなかったはず。。

[f:id:chihalun_lun:20171121231757j:image]

この映画に出てくる子供達は学校に通うことなく自給自足の生活を送っている。
父・ベンの教育により、アスリート並みの体力と精神力がある子供達は、
今私達が生きている時代で必要となっているITの便利さを知らず、自然に触れ合いながら生きている。
ある日、母レスリーの死をきっかけに、母の願いを叶えるために車で旅に出る。




自然で生活すること、一見楽しそうにみえたのは日常社会に疲れているからかなと思ってしまった。
外の世界を知らず、生きていく術を身に着けている子供たちは、
とてもたくましく見えた。
子どもたちの中には、
学校に通ってないのに有名大学全て合格、
本だけで合衆国憲法の中身を理解、
6ヶ国語喋れてしまっていたり、
父の教え方が上手なんだろうか、学ぶことに対する彼らの向上心が高いのか。

学校にいかなくたって、学校の教科書で習うことは、本や教科書を最低限読めば吸収できる。
しかし、外の世界に出た瞬間、彼らは変わった目で見られる。
周囲との付き合い方、言動、行動。
親が子供に教えることは限界があるんじゃないかと感じた。
人は幼稚園→小学校→中学校→高校・・・と学校に生き、
人との接し方や社会のルールというのを知っていく。
規則というものを教えても、
集団の中で行動をして、分かっていくものだと。

”普通”ってなんだろう。
幸せの定義とはなんだろう。

学校を卒業して、会社に就職して、家を買って、子供を産んで、たまには旅行に行って...
とか敷かれた線路に沿うことが普通なのかもしれない。

生きてきた環境、感じ方、親の教育で、人それぞれが思う”普通”は違うんだなと感じた。

普遍的なテーマが詰まっていて、思ったことを伝えるのが難しいんだけど
家族の愛に溢れた映画。
一見の価値あり。
ビックリするくらいハマらなくて、このお父さんが嫌いすぎて何一つこの家族に共感出来ず。
長男と次男と小さい子供たちは好きだったけど、とにかくお父さんが嫌い。
ってか、私には洗脳家族にしか見えなくて「こわいよー、こわいよー」ってなってて、早くエンドロール迎えないかなーとしか思えなかった。
なんかもう受付なさすぎて鳥肌立っちゃうほど。
ビックリ。
この家族にのれる人はめちゃめちゃ好きだと思う。
この家族にのれなかった私にとっては、はじまりへの旅ではなく地獄への苦行でしたとさっ。

でも私の周りでこの映画がダメな人が1人もいないから素晴らしい作品なんだと思う。
ただし、私はもう2度と観たくない。
どんなにこの映画の良さを伝えられても好きになる事はないでしょう。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.3
都市生活から離れ森の中で暮らす一家。ノーム・チョムスキーを崇拝し独自の教育方針を貫く父。入院していた母の死を機に家族は新たな展開を迎える。音楽の使い方がうまい。
>|